香港と日本


香港と日本 –記憶・表象・アイデンティティ (ちくま新書) | 銭 俊華 | Amazon


香港人の著者が、香港の今と昔について語ります。
彼らはなぜ、自分たちのことを中国人じゃなく香港人と呼ぶのか、よくわかります。
それに、著者が語る「カードキャプチャー・さくら」に対する思いはとても面白いです。

~ もくじ ~

はじめに
第Ⅰ部 「準都市国家」香港
 第1章 香港とは何か――「準都市国家」を旅する
 第2章 香港の主体性――国籍・「中国」・日本
 第3章 二〇一九年の香港――運動と分裂
第Ⅱ部 香港と「日本」
 第4章 香港と日本アニメ――表象・記憶・言説 
 第5章 日本イメージの変容とアイデンティティ
 第6章 戦争の記憶と「中国民族意識」
 第7章 戦争の忘却・想起・香港アイデンティティ
おわりに

主要参考文献



これで、、、2007年07月13日以降(4755日)、、、
読んだ本   1028冊 (1日平均0.22冊)
読んだページ 249864ページ(1日平均52ページ)



「香港国家安全維持法」成立により、中華人民共和国の支配が強まりそうな香港は今後どうなるのか・・・
そういえば、香港に移り住んだ友人は最近SNSへの投稿やコメントも少なくなってしまったが、元気にしているのだろうか、、、
しーゆー。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です