縄文人に相談だ


縄文人に相談だ (角川文庫) | 望月 昭秀 | Amazon


現代人の悩みを縄文人が解決?
悩みなんて全部まとめて貝塚へポイっ?

~ もくじ ~
(省略)


これで、、、2007年07月13日以降(4757日)、、、
読んだ本   1029冊 (1日平均0.22冊)
読んだページ 250168ページ(1日平均52ページ)

atasinti – 読書メーター


結局、この本は悩みについて何一つ答えていないのです。
でも、それでいいんです。
そもそも、文字を持たなかった縄文人がどんな暮らしをしていたのか、どんなことを考えて生きていたのか、何もわからないのです。
それっぽく語られていることもすべて、現代人の眼鏡を通して、現代人の常識の範囲内で想像したことに過ぎないのです。
実は土偶の目的一つとっても、我々が想像もできないことだったのかもしれません。
そこにロマンを感じる人がいても不思議ではありません。
しーゆー。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です