コロナショックと昭和おじさん社会


コロナショックと昭和おじさん社会 (日経プレミアシリーズ) | 河合 薫 | Amazon


新型コロナウイルスCOVID-19の禍によって出てきた様々な日本の問題は、コロナウイルスによって生み出されたものではなく、元々日本の社会が抱えていた問題が顕在化したにすぎないというお話。
しかしコロナウイルス禍によって社会のありかたが変わろうとしている今こそ、日本社会が抱えていた問題を解決するチャンスなのだ。


~ もくじ ~

プロローグ コロナ禍がさらした「昭和のツケ」
第1章 終わらない昭和おじさん社会
第2章 ここまで深刻化していた「分断の壁」
第3章 若者も中高年も女性も働きづらい理由
第4章 広がり過ぎた格差のゆくえは
第5章 これから始まる社会のニューノーマル


~ なるほどな一文 ~

希望は誰かがつくってくれたり、天から舞い降りてくるものではない。
希望は自分で、手に入れるものだ。(P48)



これで、、、2007年07月13日以降(4760日)、、、
読んだ本   1030冊 (1日平均0.22冊)
読んだページ 250344ページ(1日平均52ページ)

atasinti – 読書メーター


すでにわかりきっていることをコロナ禍に乗じて再度述べただけで、目新しい内容はないように思えました。
しーゆー。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です