搾取される研究者たち


搾取される研究者たち 産学共同研究の失敗学 (光文社新書) | 山田剛志 | Amazon


産学連携政策に伴う産学共同研究の下で搾取され疲弊している研究者たちがいる。
そのいくつかの事例を紹介。

~ もくじ ~

はじめに
序 章 研究者はいかに搾取されているか
第1章 共同研究と特許権
第2章 共同研究契約と若手研究員
第3章 大学発ベンチャー企業とポストドクター
あとがき
主な参考文献一覧




これで、、、2007年07月13日以降(4770日)、、、
読んだ本   1035冊 (1日平均0.22冊)
読んだページ 251467ページ(1日平均52ページ)

atasinti – 読書メーター


これもまた教育現場にまで新自由主義を持ち込んだ小泉政権の負の遺産のひとつ。。。
このままでは日本で研究者になろうという人はいなくなってしまう。
新しい研究を行う人がいない日本の未来は暗い。
なんとかしなければ・・・
しーゆー。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です