「グリル小竹」でしょうが焼き

横浜の洋食屋を訪ねてシリーズ181軒目は、相鉄線上星川駅前の「グリル小竹」へ。


お店の前のメニューの看板。洋食メニューの他にラーメンなどもあります。


店内は昭和の定食屋。テーブル席、カウンター、お座敷席があります。奥の壁にテレビ。
すぐにすべてのテーブルが埋まりました。


しょうが焼き定食(980円)と生ビール・中(580円)を注文。
料理を待つ間に♪


ビールに冷やっこついてきました。


料理が来ました!

ご飯に味噌汁、小鉢とお新香が付いています。
厚いしょうが焼きの肉は柔らかでボリュームあります。
タレは濃い目でご飯が進みますが、ご飯がちょっとポロポロした感じなのは残念かも。
カレー味のポテトが美味しいです。
美味しく頂きました。


これまで訪れたお店については、カテゴリー「濱の洋食屋」で確認できます。
この記事は、Bloggerのブログ「濱の洋食屋」とW投稿です。
各写真をクリックすると拡大写真が表示されます。
同じ写真をアルバム「Yokohama 2020」(Google Photos)にも追加しました。今回7枚追加。
ビールの写真はブログ「そんな今宵もビールの用意だ」にも追加しました。


一人で、または夫婦で昼間っからお酒を飲んでいるお客が次から次へと交代で入ってくるお店。
もちろん私もそのお仲間です。
接客も丁寧で美味しい料理に満腹満足。
しーゆー。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です