疫病vs神


疫病vs神 (中公新書ラクレ) | 島田 裕巳 | Amazon


日本人はくり返し流行する疫病を神として祀ることで、その災厄から逃れようとしてきた。そこには、一神教の世界と異なり、多神教の日本だからこその疫神を祀るという行為がある。

~ もくじ ~

はじめに
第1章 医学はどれだけ流行病に無力だったのか
第2章 疫病神だった天照大神
第3章 疫病は仏教伝来のせいなのか
第4章 天然痘の大流行が東大寺の大仏を生んだ
第5章 祇園祭の起源は疫病退散
第6章 菅原道真を怨霊とした咳病はインフルエンザ
第7章 疫病が繰り返される末法の世が鎌倉新仏教を生んだ
第8章 なぜキリスト教の宣教師は日本に疫病をもたらさなかったのか
第9章 虎狼狸という妖怪の正体はコレラ
おわりに


~ なるほどな一文 ~

疫病がくり返されたかrこそ、日本人は神や仏を祀ってきた。逆に、疫病の流行がくり返されなかったとしたら、私たちは、神や仏を祀ることに意義を見出せなかったかもしれない。(P7)




これで、、、2007年07月13日以降(4821日)、、、
読んだ本   1051冊 (1日平均0.22冊)
読んだページ 255650ページ(1日平均53ページ)
\(^O^)/ 1日平均読書ページが1ページ増えた!

atasinti – 読書メーター


まだウイルスや細菌の存在がわからなかった頃の話なので、今の新型コロナウイルスCOVID-19禍に役に立つ話ではありません。
でも一神教の欧米人と多神教の日本人の考え方の違いは、今にも通じる話であり面白いです。
しかしながら、それは現在の新型コロナウイルスCOVID-19の被害の大きさが欧米とアジア・オセアニアで異なる説明にはなりません。オーストラリアやニュージーランドなど一神教の国もアジアと同様な状況なのですから。

それにしても、もともとは疫病退散のために始まった京都の祇園祭や博多の祇園山笠がコロナウイルスの影響で中止になってしまったというのは、なんとも感慨深い・・・
しーゆー。 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です