「ハングリータイガー」でハンバーグ

横浜の洋食屋を訪ねてシリーズ182軒目は、ハンマーヘッド内の「ハングリータイガー」へ。
お店の外観写真を撮り忘れました・・・

店内は広く、ピアノ音楽が静かに流れています。


照明はこんな感じ。


オリジナルハンバーグのレギュラー(1930円)を注文。ライスorパンと飲み物付き。
ダブルハンバーグの写真をよくSNSで見かけますが、おとうさんには220gのハンバーグ1個で十分です。
ポテトはベークドポテトかフライドポテトか選択できますが、私はフライドポテトを選択しました。
ライスorパンはライスに。
ナプキンが2つ渡されます。自分用と荷物用。
飲み物はアイスコーヒーにしました。


ハンバーグのソースが来ました。
ナプキンを半分程度テーブルの上に敷いてハンバーグの到着の準備です。


ジュウジュウ音をたててハンバーグが来ました。
テーブルに運ばれてから、調理の最終工程です。ジュウジュウ飛び跳ねる油をナプキンで防ぎながら最終工程を見守ります。
店員さんがハンバーグを2つに切って、切り口を鉄板に押し付け、そしてソースをかけてくれます。
1分ほど待って油の飛び跳ねがおさまったら出来上がりです。

肉がギュギューっと詰まったハンバーグはとても肉肉しくて、あぁ~、私は今肉を食べている~ということを実感させられます。
独特のソースととてもよく合います。
美味しく頂きました。


これまで訪れたお店については、カテゴリー「濱の洋食屋」で確認できます。
この記事は、Bloggerのブログ「濱の洋食屋」とW投稿です。
各写真をクリックすると拡大写真が表示されます。
同じ写真をアルバム「Yokohama 2020」(Google Photos)にも追加しました。今回6枚追加。


11:30頃入ったときは並ばずに入れましたが、私が店を出る頃には、店の前で待つ人が何組も座っていました。
接客も丁寧で美味しい料理に満腹満足!
しーゆー。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です