「EZOCHI」でハンバーグ

横浜の洋食屋を訪ねてシリーズ186軒目は、関内の「EZOCHI」へ。
このビルの3階です。


歩道の看板。スープカレーとハンバーグのお店。


この階段を3階まで登ります。


階段の途中の踊り場にこんな看板がありました。


3階につきました。


店内は2人席のテーブルが2つと4人席のテーブルが2つとカウンターが4席のこじんまりとしたお店。


と思ったら、、、奥に複数の個室もありました。
洋楽が流れています。


EZOCHIバーグという名のハンバーグはシングル200g。ダブル、トリプルもありました。ご飯の量もS,M,Lとあります。
また北海道のクラフトビールがいくつかおいてありました。
EZOCHIバーグのシングル(1000円)をライスMで、それにススキノ肉ビール(780円)を注文しました。


ビールよりはやくセットのサラダがきました。ドレッシングは独特の味。


サラダをつまみに、料理を待つ間に♪


料理が来ました。

肉がギュギューっと詰まったハンバーグは肉を食べている音を感じさせてくれます。
そして香辛料が効いてます!
美味しく頂きました。


これまで訪れたお店については、カテゴリー「濱の洋食屋」で確認できます。
この記事は、Bloggerのブログ「濱の洋食屋」とW投稿です。
各写真をクリックすると拡大写真が表示されます。
同じ写真をアルバム「Yokohama 2020」(Google Photos)にも追加しました。今回12枚追加。
ビールの写真はブログ「そんな今宵もビールの用意だ」にも追加しました。


給仕のおねえさんは小柄でかわいく、忙しそうに店の中を走り回っていました。
接客も丁寧で美味しい料理に満腹満足。
しーゆー。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です