五輪中止時の経済損失ニュースの胡散臭さ

五輪中止時の経済損失は約1.8兆円、たとえ無観客でも開催した場合の経済損失は1486億円ですむという試算がでたそうです。

~ 関連ニュース1 ~
五輪中止なら経済損失1兆8000億円=野村総研・木内氏 | ロイター ( 魚拓 )

五輪中止なら経済損失1兆8000億円=野村総研・木内氏 | Reuters野村総合研究所の木内登英エグゼクティブ・エコノミスト(元日銀審議委員)は25日、東京五輪・パラリンピックを中止した場合の経済損失が約1兆8000億円に上るとの試算を公表した。無観客形式で開催した場合は約1470億円の損失としている。

木内氏は海外観客を受け入れず、国内観客は無制限に受け入れる場合の経済効果について、組織委員会が2020年12月に公表した運営費用などの予算を基に、1兆8108億円と試算した。内訳は、仮設設置等で3890億円、関連グッズやテレビ購入で2910億円、マーケティング1360億円、新型コロナ対策で960億円、チケット販売900億円、観戦者の消費支出568億円など。

これに対して、国内観客を半分しか受け入れない場合は、チケット販売や消費支出などが合計734億円減少、完全無観客の場合は1468億円減少するとみている。


無観客開催時の経済損失が、チケット販売900億円、観戦者の消費支出568億円だけっていうのはおかしくないか?
完全無観客でやる状況ということは当然、パブリックビューイングだって開催できないはずで、最近問題になっている代々木のパブリックビューイング開場設置工事だって不要になるから、仮設設置等の一部も減るだろうし、観戦者の熱をはかったりとかも不要になるから、新型コロナ対策費の一部も減るはずですよね???

さすがにオリンピックが中止になったらそのための事業も中止せざるを得ないけれど、たとえ無観客でもオリンピックをやる場合は、無観客だから必要とか不要とか関係なく、当初予定していた事業はすべて実行するということになっているのかしら???


上記だけ見ると、単に五輪中止したら経済損失が大きいから無観客でもやった方がいいよと誘導するためのニュースみたいだけど、下記のニュースには、上のニュースでは抜け落ちている木内氏が本当に言いたいことがかいてありました。

~ 関連ニュース2 ~
五輪中止なら損失1.8兆円 専門家、強行開催に警鐘も | 共同通信 ( 魚拓 )

東京五輪・パラリンピック開催を中止した場合、経済的な損失が1兆8千億円規模に上ることが、野村総合研究所の試算で25日、分かった。一方、試算を公表した専門家は、開催をきっかけに新型コロナウイルス感染症が再拡大して緊急事態宣言が発令されれば「経済損失の方が(効果より)大きくなる」と指摘、強行開催に警鐘を鳴らした。


びっくりですね。
まったく逆のことがかいてあります。

ちなみに、緊急事態宣言は約6億円強だそうです。

~ 関連ニュース3 ~
五輪中止、経済損失は1.8兆円 野村総研が試算:朝日新聞デジタル ( 魚拓 )

緊急事態宣言の方が影響は大きく、昨年4~5月の初回は約6・4兆円、今年1~3月の2回目は約6・3兆円の損失につながったとしている。


オリンピックを強行した結果、再びコロナがまん延し、緊急事態宣言ということになると、その3倍以上の経済損失につながるということです。
ただ、問題は、オリンピック中止時に被害を被る人と、コロナまん延で被害を被る人が異なるということです。
そしてどちらが優先されるのかは、最近のニュースを見ていると一目瞭然。
今となっては、ほんの一握りの人たちの利益のために、何が何でもオリンピックは開催されるんでしょうね、、、、
そしてロイターさんはそうした方々に寄り添ったメディアなんですね。
しーゆー。

カテゴリー: News

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です