新型コロナとワクチン 知らないと不都合な真実


新型コロナとワクチン 知らないと不都合な真実 (日経プレミアシリーズ) | 峰 宗太郎, 山中 浩之 |Amazon


米国研究機関在籍の若手ウイルス免疫学者、峰宗太郎先生が、対話形式でとっても分かりやすく、そして時には辛辣に、新型コロナと人間の免疫系、そしてワクチンを巡るさまざまな問題について語ります。

~ もくじ ~

はじめに-神風は吹かない、でも日本は負けない
第1章 新型コロナの基礎知識と振り返り
第2章 治療薬とワクチン、基礎の基礎
第3章 「核酸ワクチン」への期待と不安
第4章 ワクチンとヒトの免疫、基礎の基礎
第5章 新型コロナ対策の「湯加減」
第6章 やっぱり知りたい、PCR検査
第7章「無制限PCR検査」が見せた理解のズレ
第8章 根拠の薄い話に惑わされない思考法
第9章 誰を信じるのか、信じていいのか
おわりに―「不都合な真実」とは


~ なるほどな一文 ~

ノーベル賞は発明の功績を称えるものであって、その人が無謬だと保証するものではない。(P261)




これで、、、2007年07月13日以降(5071日)、、、
読んだ本   1104冊 (1日平均0.22冊)
読んだページ 268841ページ(1日平均53ページ)

atasinti – 読書メーター



ワクチンについて、PCRについて、とてもよくわかります。
相変わらず希望者全員PCR検査を行うべきという人がいますが、それがいかにいみがないことであるかがよくわかります。
疫学の専門家でもない人が有識者として出てきては、ああだこうだと自説を述べまくっているテレビのワイドショーなど、見ない方がいいということもとってもよーくわかります。
しーゆー。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です