seesmicの翻訳はどこへ行った?

このエントリーにてAndroidのTwitterクライアント「seesmic」でTweetを長押ししていたときの画面(下図)をキャプチャしていましたが、、

「わたしのseesmicには『翻訳』がない」という内容のコメントを頂きました。

Twitterクライアントとしては現在はTwiccaを使っているため、メモリ不足に陥った時にseesmicは削除していましたが、ちょっと気になったので、再度インストールして確認してみたところ、、、

『翻訳』がありませんねぇ。

もしかしたら、英文のTweetの場合だけ『翻訳』が出てくるのかな?
ということで、とうふさんに以下のようなtweetをしてもらって確認しましたが、、、

結果は同じ、『翻訳』はありませんでした。

当時はスマートフォンに機種変更してすぐのころなので、このブログに記載した以外のアプリをインストールしていた可能性は低いです。従って翻訳アプリを別にインストールしていたけど、その後アンインストールしたということも考えにくいです。

もしかしたら、メモリ不足の時に、初期搭載されていた翻訳アプリを、こんなのいらないやって、削除した?
あるいは、seesmicのバージョンアップで消えた?
 
 
何をアンインストールしたか、このブログにでも書いておけばよかった。。。

seesmicの翻訳はどこへ行った?” への2件のコメント

  1. 突然失礼します。当方も同じような症状になり貴サイトにたどり着きました。

    日本語版の翻訳者様にtwitterで聞きました所、現行のバージョンは翻訳先

    の関係で機能を削除されているそうです。とりあえず、twiccaをお使いにな

    るとよいかと思います。

    通りすがりですが、参考になればと思い投稿いたしました。

    文字汚し失礼いたしました。

    1. Pasta,Hiragarさん、コメントありがとうございます。

      謎がとけてスッキリです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。