くそじじいとくそばばあの日本史


くそじじいとくそばばあの日本史 (ポプラ新書) | 大塚ひかり | Amazon


貪欲に、したたかに、たくましく生きた老人たち。
古典から読み解く、パワフルな生き方の秘訣とは――?

~ もくじ ~

はじめに くそ爺婆はかっこいい!
1 正史に残る最高齢者は「くそじじい」だった
  …… 老人が社会のお荷物だった時代に580歳まで生き延びた超VIP
2 「ルポライターばばあ」が歴史を作る
  ……万葉の語り部婆と戦国の記録婆
3 爺婆は最高の「歴史の証人」だ
  ……お上の歴史は間違っちょる! と歴史書を編纂したじじいパワー
4 凄まじきは老人の権勢欲
  ……人はなぜ「晩節を汚す」のか? 成り上がりの豊臣秀吉から大貴族、僧侶まで
5 八十一で政界デビュー!! 百歳過ぎても政界に君臨
  ……前近代にも実在した超老人
6 一休さんはエロじじいだった
  ……若さを貪る爺婆、婚活詐欺ばばあ、押しかけ婚熟女も
7 平安・鎌倉時代のアンチエイジングばばあ
  ……実在した驚異の美魔女・美婆
8 戦国時代に「老人科」を作った老医師がいた
  ……ご長寿医師たちが教える長生きの秘訣
9 昔もいた「迷惑じじい」
  ……現代に通じるキレる老人たちの実態と子の苦労
10 西鶴の見たくそばばあたち
  ……男尊女卑の時代に明晰な頭脳や財力で「自分」を貫く
11 昔話のおじいさんとおばあさんは意外と「いい人」が少ない
  ……一寸法師を厄介者扱い、竹取の翁のセクハラ発言など
12 「鬼婆」の正体
  ……なぜ「鬼爺」ではなく「鬼婆」なのか
13 前近代の8050問題? 『浦島太郎』の真実
  ……長生きしてもいいことばかりではない 
14 昔の人は短命はウソ! ヤバい老人クリエーター




これで、、、2007年07月13日以降(5083日)、、、
読んだ本   1106冊 (1日平均0.22冊)
読んだページ 269378ページ(1日平均52ページ)
1日あたりの平均ページ数が1ページ減ってしまった・・・

atasinti – 読書メーター



昔は平均寿命が短かかったといういのは、乳幼児の死亡率が異常に高いからで、古代から長生きする人は長生きしており、そして今も昔も、そんなくそじじい・くそばばあが作っている国が、日本だということがわかります。
しーゆー。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です