「PaPaキッチン」でナスとツナのトマトソースパスタ

横浜の洋食屋を訪ねてシリーズ215軒目は希望ヶ丘の「PaPaキッチン」へ。
駅の南口から坂を少し登ったところにあるこの看板を右へ。
DSCN4042

すぐにお店が見えました。
DSCN4044

お店の前の看板。
「あつさにまけないで。」っていいですね。
DSCN4045

店内はカウンター4席と4人席のテーブル2つのこじんまりとしたお店。
ハワイアンミュージックが流れていました。
DSCN4046

あっちにもこっちにもマリリンモンロー!
DSCN4048

照明はこんな感じ。
DSCN4049

水が入ったワインボトルとコップを持ってきてくれました。
DSCN4047

サービスパスタの「でナスとツナのトマトソースパスタ」(849円)を注文。
まずはサラダ。
IMG_20210724_113942

パスタ来ました。
IMG_20210724_114522
おもってたほど赤くないトマトソース。
トマトを感じるけれどトマトトマトしていない。
いや、トマトだけじゃない。
ナスもツナもその存在を目で、舌でわかるけれど、誰も己を強く主張していない。
これぞ、ナスとツナとトマトの三身一体パスタ。
見事に調和している、やさしい味のパスタでした。
見た目よりもボリュームあります。
美味しく頂きました。

セットの飲み物はアイスコーヒーにしました。
デザートもつきます。
IMG_20210724_115505
デザートは桃味と言っていましたが、蜜の味がとっても甘くって桃はほとんど感じませんでしたが美味しかったです。
ごちそうさまでした。


これまで訪れたお店については、カテゴリー「濱の洋食屋」で確認できます。
この記事は、Bloggerのブログ「濱の洋食屋」とW投稿です。
各写真をクリックすると拡大写真が表示されます。
同じ写真をアルバム「Yokohama 2021 No2」(Flickr)にも追加しました。今回10枚追加。


接客も丁寧で美味しい料理に満腹満足。
酒類提供が再開されたらまた来たい感じのお店でした。
しーゆー。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です