フクハンノウああ副反応ふくはんのう

とうふです。
27日の15:00頃に2秋目の新型コロナウイルスのワクチン(モデルナ)を接種しました。
今回はしっかりと副反応が来ちゃいました。
その日の深夜3時頃に38.4℃の発熱。
それから約1日半、29日のお昼過ぎまでずっと、38℃台と39℃台を行ったり来たりの状態が続きました。
最高は39.7℃。
その後は37℃台と38℃台を行ったり来たり、、、
夕方19時頃、ようやくほぼ平熱の36.7℃に戻りました。
当日はお酒も飲まなかったし、いつもより早く寝たのに、、、参りました。。。

でも、アニメ「働く細胞」を見ていたおかげで、38℃台と39℃台を行ったり来たりの状態でも、「あぁ、身体の中で細胞さんたちが頑張ってくれているんだなぁ」と感じることができました。
いいマンガです。

ワクチン接種後の発熱などの副反応がでる確率は若い人ほど高いのは、免疫反応が活発なためということなので、わたしは見た目はもうじいさんですが、細胞レベルではまだ若かったんだぁとうぬぼれておくことにします。


~ マイ関連エントリー ~
ワクチン接種(1回目) (2021.6.29)


今回の発熱の影響で、ここしばらく毎日更新を続けていたブログが2日途切れてしましました。
まぁ、どうでもいいですけどね。
その間のオリンピックもほとんど見ていません。
まぁ、どうでもいいですけどね。

えっ、その絵はちょっとおかしい?
副反応は身体の外の話ではなく身体の中の話?
しーゆー。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です