「かなで」でナポリタン

横浜の洋食屋を訪ねてシリーズ216軒目は、日吉の「かなで」へ。
DSCN4088

この店の佇まいは、、、そうです、2018年にこのシリーズ106軒目で訪問した「いこい」があった場所です。
「いこい」閉店していたんですね。

~ マイ関連エントリー ~
濱の洋食屋: 「いこい」でナポリタン (2018.6.13)

~ 関連ニュース ~
日吉駅前「珈琲屋いこい」が閉店、地元オーナーが後継店で想いつなぐ | 横浜日吉新聞
前オーナーの想い継ぐ「喫茶かなで」、2/15(土)日吉駅前に新装オープン | 横浜日吉新聞
日吉の「喫茶かなで」が日本ナポリタン学会認定店に – 港北経済新聞

他の日本ナポリタン学会認定店では店の前にでかでかと日本ナポリタン学会認定店の旗がたなびいていたりしますが、この店にはそんな様子がまったくないところがいいです。

店の前の看板。
しぶいレコード。
DSCN4089

店内の作りは以前の「いこい」とまったく同じ。
ただ壁に薬師丸ひろ子の「セーラー服と機関銃」とか「キャンディーズ」のレコードジャケット。
ユーミンの荒井由実時代の曲が流れています。
「翳りゆく部屋」が流れて、あぁこれアルバム最後の曲だ、次はなんだろう?と思ったら、アース・ウインド&ファイアーでした。
昭和な選曲。
DSCN4090

照明はこんな感じ。
DSCN4092

ランチメニュー。
DSCN4091

ここはやっぱりナポリタンですよね。ということでAセットでナポリタンとアイスコーヒー(1200円)を注文。
暑かったのでアイスコーヒーは先に持ってきていただくことにしました。
ちなみに同じ時間にお店にいた人全員ナポリタンを注文してました。やっぱりね(笑
IMG_20210731_122018

セットのサラダ。
ハムがついているのがうれしい感じ。
IMG_20210731_122353

ナポリタン来ました。
カップに入っているのはココナッツチーズ。
IMG_20210731_122507
IMG_20210731_122511
太麺ではありませんがもちもちの麺にオリジナルなトナトソース。
写真を見比べるとお皿まで「いこい」の頃とそっくりでびっくり!
これこれ、これこそがナポリタンというナポリタン。
美味しく頂きました。


これまで訪れたお店については、カテゴリー「濱の洋食屋」で確認できます。
この記事は、Bloggerのブログ「濱の洋食屋」とW投稿です。
各写真をクリックすると拡大写真が表示されます。
同じ写真をアルバム「Yokohama 2021 No2」(Flickr)にも追加しました。今回9枚追加。


スリムで美人の給仕のおねえさんはとてもフレンドリーでやさしい物言いで接客もとっても丁寧。
お店を出た後しばらく幸せなきぶんだったのはあのおねえさんのおかげです。
美味しい料理に満腹満足!
しーゆー。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です