2021年7月の読書のまとめ

読書量が少ないのはコロナウイルスのせい。
ではありません・・・
読書量が少ないのはオリンピックのせい。
でもありません・・・


7月の読書メーター
読んだ本の数:5
読んだページ数:1511
ナイス数:0

さよならテレビ: ドキュメンタリーを撮るということ (976) (平凡社新書 976)さよならテレビ: ドキュメンタリーを撮るということ (976) (平凡社新書 976)
読了日:07月25日 著者:阿武野 勝彦
紙の月 (ハルキ文庫)紙の月 (ハルキ文庫)
読了日:07月17日 著者:角田 光代
シン・エヴァンゲリオン論 (河出新書)シン・エヴァンゲリオン論 (河出新書)
読了日:07月14日 著者:藤田直哉
挑発する少女小説 (河出新書)挑発する少女小説 (河出新書)
読了日:07月11日 著者:斎藤美奈子
古代史に隠された天皇と鬼の正体 (PHP文庫)古代史に隠された天皇と鬼の正体 (PHP文庫)
読了日:07月04日 著者:関 裕二

読書メーター


~ ここ2年間の読書量の推移 ~




どれだけ読んだかよりも何を読んだかが重要だということは重々承知。
でも何を読んだかと威張れるような本は読んでいないことも重々承知。
しーゆー。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です