ディズニーとチャップリン


ディズニーとチャップリン エンタメビジネスを生んだ巨人 (光文社新書 1139) | 大野 裕之 | Amazon

ディズニーとチャップリン、固い友情と時代に翻弄された離別。知られざる二人の師弟関係。

~ もくじ ~
プロローグ
第1章 チャーリーとウォルト
第2章 キャラクターの権利の発明者チャップリン
第3章 ミッキーマウスの誕生 モデルはチャップリン
第4章 放浪紳士チャーリーとミッキーマウス
第5章 戦争 二人の別れ
第6章 二人の巨人のレガシー
エピローグ 二人が最後に見た夢
謝辞
主要参考文献




これで、、、2007年07月13日以降(5146日)、、、
読んだ本   1117冊 (1日平均0.22冊)
読んだページ 272681ページ(1日平均52ページ)
atasinti – 読書メーター



ディズニーとチャップリンにそんな関係があったのは知りませんでした。
しかし、なぜこの本のタイトルは「チャップリンとディズニー」じゃなくて「ディズニーとチャップリン」なんだ???
しーゆー。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です