殿様は「明治」をどう生きたのか


殿様は「明治」をどう生きたのか (扶桑社文庫) | 河合 敦 | Amazon

14人の殿様の明治維新後の生きざま。

~ もくじ ~
はじめに
第一章 維新の波に抗った若き藩主たち
第二章 最後の将軍・徳川慶喜に翻弄された」殿様
第三章 育ちの良さを生かして明治に活躍
巻末付録 江戸三百藩「最後の藩主総覧」




これで、、、2007年07月13日以降(5168日)、、、
読んだ本   1123冊 (1日平均0.22冊)
読んだページ 274143ページ(1日平均53ページ)
atasinti – 読書メーター



明治維新というものがいかに理不尽なものであったのかがここでも現れています。
その波に乗れた人もそうでなかった人もいますが、みんなそれなりの人生を歩んでいるのは、やはり教養と財力があったことと旧家臣や地元の民に信頼されていたからでしょうか。
しーゆー。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です