数学者たちの楽園


数学者たちの楽園: 「ザ・シンプソンズ」を作った天才たち (新潮文庫) | サイモン・シン, 青木 薫 | Amazon

アメリカの人気ナンバー1アニメ『ザ・シンプソンズ』は、ハーバード大学の数学者たちがシナリオを書き、超難解な「数学トリビア」がちりばめられていたこと、ご存じですか? 番組の熱狂的ファンである著者が、シンプソンズ一家が繰り広げるドタバタ風刺アニメに隠された数学の魅力とサブカル的ディテールを語り尽くす。

~ もくじ ~
訳者まえがき
第〇章 シンプソンズの真実
第一章 天才バート
第二章 πはお好き?
第三章 ホーマーの最終定理
第四章 数学的ユーモアの謎
第五章 六次の隔たり
第六章 リサ・シンプソン、統計と打撃の女王
第七章 ギャルジェブラとギャルゴリズム
第八章 プライムタイム・ショー
第九章 無限とその向こう
第十章 案山子の定理
第十一章 コマ止めの数学
第十二章 πをもうひと切れ
第十三章 ホーマーの三乗
第十四章 フューチュラマの誕生
第十五章 1729と、「夢のような出来事」
第十六章 一面的な物語
第十七章 フューチュラマの定理
エπローグ
謝辞
訳者あとがき
解説 竹内薫
算術(コチョコチョ)と幾何学(クスクス)の試験
付録 「ザ・シンプソンズ」タイトル対応表


~ なるほどな一文 ~
「嘘には三つの嘘がある。嘘と、真っ赤な嘘、そして統計だ」(P148)




これで、、、2007年07月13日以降(5176日)、、、
読んだ本   1124冊 (1日平均0.22冊)
読んだページ 274639ページ(1日平均53ページ)
atasinti – 読書メーター



絵のタッチがあまり好きではないので見ようとは思っていませんでしたが、アメリカのアニメ「ザ・シンプソンズ」の中にあれほどの数学のネタが盛り込まれているとは知りませんでした。
それも、わかる人だけわかればいいというさりげない感じで。
いや、タクシーに書かれた番号にあんな秘密があるなんて、よっぽどの数学オタクじゃないとわからないって!
このあたりが万人がわかるものを作らなければいけないと思う日本とアメリカの違いなのかもしれません。
ハーバード大学などで数学を専攻していたような人たちが何人も、アニメの脚本家として集まっているということにも驚きです。
それにしても、、、ザ・シンプソンズの中に潜む数学のネタを語って約500ページとは・・・
しーゆー。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です