ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー 2


ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー 2 | ブレイディ みかこ, 中田いくみ | Amazon

先日読んだ本の続編。
13歳になった息子の話、いや息子との話。

~ もくじ ~
1.うしろめたさのリサイクル学
2.A Change is Gonna Come ――変化はやってくる――
3.ノンバイナリーって何のこと?
4.授けられ、委ねられたもの
5.ここだけじゃない世界
6.再び、母ちゃんの国にて
7.グッド・ラックの季節
8.君たちは社会を信じられるか
9.「大選挙」の冬がやってきた
10.ゆくディケイド、くるディケイド
11.ネバーエンディング・ストーリー


~ なるほどな一文 ~
でも、ライフってそんなもんでしょ。後悔する日もあったり、後悔しない日もあったり、その繰り返しが続いていくことじゃないの?(P203)




これで、、、2007年07月13日以降(5186日)、、、
読んだ本   1127冊 (1日平均0.22冊)
読んだページ 275407ページ(1日平均53ページ)
atasinti – 読書メーター



イギリスの学校のことがとてもよくわかります。
元底辺中学校でさえこんな素晴らしい教育?
と日英の教育環境の違いに目が行きがちだけど、ふと、、、
子どもたちが中学生の頃の私を含めて、日本の中学生の親は、この本の著者のように、子どもと日常のあるいは社会のいろいろなことについて、会話しているだろうか?
境域環境の違い以上に、親と子の会話の量が大事なのかもしれない。。。
と思った秋の夜でした。
しーゆー。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です