「ばーく」でハムカツ

横浜の洋食屋を訪ねてシリーズ224軒目は、鶴見の「ばーく」へ。
外観は昭和の定食屋。
DSCN5422

店内も昭和の定食屋。
4人席のテーブル5つと奥に座敷が1つ。
11:00開店ですが、ちょうど11:00頃行ったらすでに多くの席が埋まっている様態でした。
座敷の窓の向こうを電車が走ります。
DSCN5423

メニュー。
IMG_20211016_110342

ハムカツ定食(900円)を注文。
それほどまたずに料理が来ました。
IMG_20211016_110742
IMG_20211016_110747
薄い衣に包まれた分厚いハム!
この大きさはハムの概念を超えています!
ガブリと頂きました。
口の中がハムでいっぱい!
かかっていたソースがちょっぴりピリ辛なのでこれは一気にいけるかも?
と思いましたが考えがあまかったです。
3個目の途中辺りから進まなくなってきて、ハムとの戦いになってきます。
負けるもんか!
と全部たいらげたときにはちょっとした征服感。
美味しく頂きました。
おなかいっぱいだ!


これまで訪れたお店については、カテゴリー「濱の洋食屋」で確認できます。
この記事は、Bloggerのブログ「濱の洋食屋」とW投稿です。
各写真をクリックすると拡大写真が表示されます。
同じ写真をアルバム「Yokohama 2021 No2」(Flickr)にも追加しました。今回5枚追加。


接客も悪くなく美味しい料理に満腹満足!
しーゆー。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です