機上の奇人たち

機上の奇人たち―フライトアテンダント爆笑告白記 (文春文庫)
エリオット ヘスター
文藝春秋
売り上げランキング: 152236

飛行機の中で起こる数々の出来事。
黒人男性フライトアテンダントのよる告白集。
とてもおもしろい話がたくさん、でも自分の乗った飛行機ではぜったいにごめんだ(笑

~ もくじ ~ 

はじめに
1章 悪夢のような旅
2章 好戦的な乗客
3章 雑多な一団
4章 「あれ?}混乱だらけの旅
5章 ロケット・サイエンス
6章 地獄のステイ
7章 マ、マ、マ、マ、マイル・ハイ・クラブ
あとがき
訳者あとがき

~ なるほどな一文 ~ (リンクはInBookの該当セリフのページ)

長い行列や、発着の遅れや、乗り継ぎの手違いなどに耐えているのは、あるのがれられない真実ゆえだ。(P344)

 
 
これで、、、2007年07月13日以降(1696日)、、、
読んだ本   325冊 (1日平均0.19冊)
読んだページ 74114ページ (1日平均43ページ)

読書メーター – atasinti

ふと、下記動画を思い出した。

My関連エントリー
カッコいい搭乗員さん at 2011.11.27

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。