家族終了


家族終了 (集英社文庫) | 酒井 順子 | Amazon

「家は存続させねばならぬ」と信じていた、明治生まれの祖父母。一方その孫である著者は、独身子ナシ。両親と実兄を見送り、酒井家は「家族終了」となったのでした。

~ もくじ ~
はじめに
1 パパ、愛してる
2 我が家の火宅事情
3 「嫁」というトランスフォーマー
4 自分の中の祖母成分
 :
(省略)
 :
16 疑似でも家族
17 事実婚ってなあに?
18 新しい家族
おわりに
解説 樋口恵子




これで、、、2007年07月13日以降(5385日)、、、
読んだ本   1156冊 (1日平均0.21冊)
読んだページ 282933ページ(1日平均52ページ)

atasinti – 読書メーター



家族って何なのか?
これからの家族のありかたは?
いろいろ考えさせられる本でした。
しーゆー。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。