タモリ学


タモリ学 (文庫ぎんが堂) | 戸部田誠(てれびのスキマ) | Amazon

タモリ学?
タモリさん、ついに学問になってしまった?
ということで勉強させて頂きました(笑

~ もくじ ~
序 タモリにとって『いいとも』終了とは何か
1 タモリにとって「偽善」とは何か
2 タモリにとって「アドリブ」とは何か
3 タモリにとって「意味」とは何か
4 タモリにとって「言葉」とは何か
5 タモリにとって「家族」とは何か
6 タモリにとって「他者」とは何か
7 タモリにとって「エロス」とは何か
8 タモリにとって「仕事」とは何か
9 タモリにとって「希望」とは何か
10 タモリにとって「タモリ」とは何か
巻末 大タモリ年表


~ なるほどな一文 ~
日本人のほとんどが、それぞれの「タモリ」観を持っている。その人の「タモリ」観を知れば、その人のテレビや物事の見方、価値観を知ることができる。そうやって語り合い、笑い合う装置こそ「タモリ」という存在なのだ。(P289)




これで、、、2007年07月13日以降(5404日)、、、
読んだ本   1160冊 (1日平均0.21冊)
読んだページ 284127ページ(1日平均52ページ)




タモリさんに関する本を読んだのは、気がつけばこれで3冊目。
私はそんなに、タモリさんが好きだったのか!?

~ マイ関連エントリー ~
タモリと戦後ニッポン (2015.9.8)
タモリ論 (2013.10.6)

今回読んだ本を含めて、いずれもタモリさんに直接インタビューしたり話をしたりして書いた本ではない。
上記「なるほどな一文」の中に書かれていた、それぞれの「タモリ」観とやらを、それぞれ語っているに過ぎない。
それだけで本になってしまうほど、タモリさんというのは大きな存在になってしまったということなのか。
しーゆー。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。