仮面をとった浦島太郎


Amazon.co.jp – 仮面をとった浦島太郎 その正体をめぐる四七八年のミステリー (朝日文庫) | 髙橋 大輔

『日本書紀』に残された「浦嶋子(うらのしまこ)」という謎の人物の名前。
浦島太郎のモデルではないかと言われているが、本当に実在したのか?

~ もくじ ~
プロローグ 浦嶋伝説の七不思議
第一章 故郷丹後
第二章 ウミガメ追跡
第三章 伝説の蓬莱山を求めて
第四章 なぜ老人になったのか
第五章 浦嶋伝説が二系統ある理由
第六章 太郎誕生
第七章 四七八年の謎を解く
第八章 浦嶋子の正体
第九章 日本書紀の陰謀
エピローグ 失われた王国
謝辞




これで、、、2007年07月13日以降(5408日)、、、
読んだ本   1161冊 (1日平均0.21冊)
読んだページ 284379ページ(1日平均52ページ)

atasinti – 読書メーター



歴史は勝者によって作られる。
伝説やおとぎ話の中に敗者の真実が隠されていることがある。
この本の内容も一説にすぎませんが、とても面白い内容でした。
桃太郎や金太郎も、解明よろしく頼みます!
しーゆー。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。