鎌倉殿の13人「諦めの悪い男」



とうふです。
今週のNHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人『諦めの悪い男』」、面白かったです。
お互いに策をめぐらす北条と比企ですが、鎌倉のダース・ベイダーと化した義時の前に比企能員もかなわないのです。
そんな父の姿に疑問を持ち始めた北条泰時。
でも、鎌倉のドロドロはまだまだはじまったばかりなんだよ、泰時くん・・・
最初の頃はこんなやさしい義時が後にどうやって邪魔者を消しまくっていくのだろうとおもっていましたが、見事にダークサイド義時に変身されました。さすがの演出です!
今後の展開も楽しみ。


Googleフォトのアルバム「『鎌倉殿の13人』落書きノート」にも絵を追加しました。
しーゆー。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。