ホス狂い


ホス狂い~歌舞伎町ネバーランドで女たちは今日も踊る~ (小学館新書 428) | 宇都宮 直子 |Amazon

「ホス狂い」の女性に取材を申し込むも断られる。
そこで歌舞伎町に住み込み、歌舞伎町の中の人となることで、ようやく取材に答えてもらえるようになる。
そんな著者による渾身の取材ルポ。

~ もくじ ~
プロローグ
第一章 歌舞伎町ホスト刺殺未遂事件
第二章 「人妻ホス狂い」いちごチェリーさん
第三章 「”ホス狂い”ユーチューバー」あおいちゃん
第四章 「好きな人がたまたまホストだっただけ」
第五章 「歌舞伎町の女王」エミカさん
エピローグ




これで、、、2007年07月13日以降(5532日)、、、
読んだ本   1193冊 (1日平均0.22冊)
読んだページ 293968ページ(1日平均53ページ)

atasinti – 読書メーター



この本に出てくる女性たちが、なぜそこまでしてホストにあのような大金をつぎ込むのか、まったく理解できません。
キャバクラのおねえさんに入れあげる男とはまったく異なる心理のようです。
男には一生理解できないことなのかもしれません。
しーゆー。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です