「缶オープンナー」が届いた

今日、ずっと前に開発資金の支援をしていた「缶オープンナー」がやっと届きました。
PSX_20220912_152112

本体を表から見るとこんな感じ。
PSX_20220912_152127

裏から見るとこんな感じ。
PSX_20220912_152140

両側のレバーを押すと回転刃が出てきます。
IMG_20220912_152004

セットして数回回したら、いとも簡単に缶をオープンできました!
IMG_20220912_171339

ただし、危険なポチッができてます。
これは私のやり方がまずかったせいですね・・・
「DRAFT TOP」の時も1回目はこれができてしまいました。
IMG_20220912_171355

ここを避ければ特に問題なくのむことができます。
ただ内側を切断する「DRAFT TOP」に比べると切り口が鋭いので注意が必要です。
そのため、切り口をカバーするシリコンのトップガードもついていますが、なんとなくそれをつけると味も変わっちゃいそうなので、今日は使いませんでした。

「DRAFT TOP」の切り口はこんな感じです。
かなり開けにくく、缶がへこむほど握ってやっと開いたのですが、蓋が中に沈んでしまい、そのため泡だってます。
泡だってくれたのはこれはこれでよし?
IMG_20220912_172204

切り口の違いは切り取った蓋を見るとよくわかります。
「缶オープンナー」で切り取った蓋。
IMG_20220912_173953

「DRAFT TOP」で切り取った蓋。
IMG_20220912_174017

絵で描くとこんな感じかな。


~ マイ関連エントリー ~
「DRAFT TOP」が届いた (2022.3.19)
缶オープナー (2022.6.23)

切り口がより安全だけどとっても開けにくくまた蓋が中に沈んでしまうことも多い「DRAFT TOP」と、切り口はちょっと鋭いけど簡単に開ける「缶オープンナー」
ごくごく飲みたいときには、個人的には「缶オープンナー」に軍配かな。
ただ開けた缶を何かに再利用する場合は「DRAFT TOP」の方がいいかもしれない。
しーゆー。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です