誤解だらけの徳川家康


誤解だらけの徳川家康 (幻冬舎新書) | 渡邊 大門 | Amazon

家康にまつわる様々な「誤解」を徹底的に検証し真実を解明。

~ もくじ ~
はじめに
第一章 三河松平氏とはどういう一族か
第二章 桶狭間の戦い後の「清須同盟」はあったのか
第三章 なぜ徳川姓を名乗ったのか
第四章 家康は三方ヶ原の戦いで脱糞したのか
第五章 長篠の戦いは軍事革命だったのか
第六章 松平信康の切腹は信長の命令だったのか
第七章 家康饗応事件は真実なのか
第八章 本能寺の変後、なぜ家康は上洛を目指したのか
第九章 小牧・長久手の戦いはなぜ家康の「敗北」に終わったのか
第十章 秀吉に屈した真の理由とは何か
第十一章 五大老は上で五奉行は下なのか
第十二章 石田三成と直江兼続の事前同盟説は本当か
第十三章 家康は三成の挙兵をどこまで予測していたのか
第十四章 秀忠の関ケ原遅参は本当に大失態か
第十五章 関ケ原合戦はなぜ虚説に満ちているのか
第十六章 関ケ原合戦で家康の覇権は確立したのか
第十七章 家康はいつ秀頼を超えたのか
第十八章 秀頼との対立は何決定的だったのか
第十九章 家康は真田氏を恐れていたのか
第二十章 大坂の陣で家康は死んだのか
終章 家康は神になろうとしたのか
おわりに
主要参考文献




これで、、、2007年07月13日以降(5544日)、、、
読んだ本   1197冊 (1日平均0.22冊)
読んだページ 295453ページ(1日平均53ページ)

atasinti – 読書メーター



来年の大河ドラマの主人公が徳川家康なので、事前にちょっとだけ予習。
数多くの逸話が残っている徳川家康ですが、実はその多くが後の時代に書かれた作り話だったりするのですね。
来年の大河ドラマではどの話がどのように取り上げられるのか楽しみ。
しーゆー。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です