僕が愛したすべての君へ


僕が愛したすべての君へ (ハヤカワ文庫 JA オ 12-1) | 乙野四方字, shimano | Amazon

人々が少しだけ違う並行世界間で日常的に揺れ動いていることが実証された世界のお話。

~ もくじ ~
序章、あるいは終章
第一章 幼年期
幕間
第二章 少年期
幕間
第三章 青年期
幕間
第四章 壮年期
幕間
終章、あるいは序章




これで、、、2007年07月13日以降(5546日)、、、
読んだ本   1198冊 (1日平均0.22冊)
読んだページ 295706ページ(1日平均53ページ)

atasinti – 読書メーター



並行世界の存在が認識され、移動したことも腕に装着した端末の数値で認識できる世界。
並行世界の話は頭がクラクラしがちで、これもその例にたがわずですが、、、面白い話でした。
もう1話の「君を愛したひとりの僕へ」も読んでみよう。
この2作のアニメ映画が10月に公開されるということをアマゾンのアソシエイトのリンク作成のためにアマゾンのページを開いて知りました。
それも見なくっちゃ!
取り急ぎ「君を愛したひとりの僕へ」と、スピンオフ版の「僕が君の名前を呼ぶから」の2冊をアマゾンでポチっと購入。
明日届く予定。
しーゆー。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です