経済大国なのになぜ貧しいのか?

経済大国なのになぜ貧しいのか?
苫米地英人
フォレスト出版
売り上げランキング: 275

震災復興のために増税が必要?そんなのウソ。
このままでは日本は破綻する。増税しかない?そんなのウソ。
デフレはまずい?そんなのウソ。

政府もマスコミもなぜウソを並びたて、
増税もしかたないなぁ、
と思うように国民を洗脳しようとしているのか?

すべてはアメリカの意のままに・・・
しかし、さらに、その裏の裏には、、、
ヨーロッパとアメリカのほんの一握りの銀行家たちが。

戦争も、好況も不況も、すべて彼らの意のままに・・・

そんな彼らの意に背いた大統領はどうなった?
リンカーン、ケネディ、、、
そんな彼らの意に背いた国はどうなった?
イラン、リビア、、、

それはわかった。
じゃぁ、我々はどうしたらいいの???

ソレは書いてない。
そんなことは自分で考えろってか。。。

~ もくじ ~

まえがき 世界経済のカースト制度がわかれば、資産を守れる!
序 章 経済学の敗北宣言
第1章 経済学は独立学問ではなくなった
第2章 ウソだらけの「デフレ論」
第3章 ウソだらけの「国家破綻論」
第4章 ウソだらけの「財政論」
第5章 ウソだらけの「円高悪玉論」
第6章 ウソだらけの「投資論」
第7章 ウソだらけの「経済成長論」
終 章 洗脳経済
あとがき

~ なるほどな一文 ~ (リンクはInBookの該当セリフのページ)

私たちはいま、投資家心理ひとつで、世界経済が好景気にも大不況にもなる現実に直面しているわけです。(P24)

~ なるほどな一文 ~ (リンクはInBookの該当セリフのページ)

増税によって問題が解決するならまだしも、増税分が官僚たちの利権の拡大再生産に使われるだけですから、国民は踏んだり蹴ったりです。(P123)

 
 
 
これで、、、2007年07月13日以降(1735日)、、、
読んだ本   336冊 (1日平均0.19冊)
読んだページ 76629ページ (1日平均44ページ)

読書メーター – atasinti

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です