蒼色の大地


蒼色の大地 (中公文庫 や 76-1) | 薬丸 岳 | Amazon

螺旋プロジェクトの明治編。
戦争が生む狂気の渦の中で、山族の兄妹と幼なじみの海族の青年の三人の運命が交錯する。

~ もくじ ~
蒼色の大地
巻末座談会「八作家が語る、〈螺旋プロジェクト〉のこれから」




これで、、、2007年07月13日以降(5617日)、、、
読んだ本   1215冊 (1日平均0.22冊)
読んだページ 301897ページ(1日平均53ページ)

atasinti – 読書メーター


~ マイ関連エントリー ~(螺旋プロジェクト関連)
ウナノハテノガタ (2022.11.24)
死にがいを求めて生きているの (2022.11.23)
シーソーモンスター (2022.11.13)


狂ったように相手を殲滅せんとする山族・海族のそれぞれのドンと、運命に抗い手を取り合って争いを止めようとする若い3人。
とにかく面白かった。
目まぐるしい展開に引き込まれ、一気に読んでしまった。

11月販売の螺旋プロジェクトの本もあと1冊、次は未来編。
ホントは未来編は最後に読みたい気がしましたが、12月販売の3冊を待っていられない(笑
しーゆー。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です