小説 すずめの戸締まり


小説 すずめの戸締まり (角川文庫) | 新海 誠 | Amazon

現世と常世をつなぐ扉を閉めて回る鈴芽ちゃんと子供用イスにされてしまった草太くんの6日間。
現在公開中のアニメ映画「すずめの戸締まり」の新海誠監督が自ら執筆した、原作小説。

~ もくじ ~
一日目
二日目
三日目
四日目
五日目
常世
六日目と後日談
あとがき




これで、、、2007年07月13日以降(5626日)、、、
読んだ本   1217冊 (1日平均0.22冊)
読んだページ 302737ページ(1日平均53ページ)

atasinti – 読書メーター


軽い気持ちで読み始めたけど、東北の大地震が絡んだ重たい話でした。
あれっ、そういえば、アニメ映画の予告編のシーンがなかったような・・
しーゆー。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です