この一冊でiPS細胞が全部わかる

この一冊でiPS細胞が全部わかる (青春新書INTELLIGENCE)
金子 隆一 新海 裕美子
青春出版社
売り上げランキング: 235811

iPS細胞とはなんなのか、
今何が課題なのか、
未来はどうなるのか、
とーってもよくわかりました。
再生医療とはどんなものなのか、
そしてクローンってどんなものなのかも、
よーくわかりました。

近い将来、iPS細胞から育てて作った全身の細胞を3次元インクジェットプリンターで印刷してクローン人間がつくれるかもしれない。
でもそれはあくまでも細胞レベルでのクローン。。。
記憶や体験までコピーされるわけではない。

~ もくじ ~

はじめに
監修者のことば
第1章 人体をつくる60兆個の細胞
第2章 なぜ万能細胞が求められるのか
第3章 人類を変え万能細胞の歴史
第4章 iPS細胞が開く新しい医療
第5章 激しさを増すiPSを巡る国際競争
第6章 見えてきたiPS細胞の課題と限界
第7章 完全予測・iPS細胞の未来

~ なるほどな一文 ~ (リンクはInBookの該当セリフのページ)

あらゆる科学研究において、そこに投じられる予算の多寡は多くの場合、成果に直結する。(P186)

~ もう一つなるほどな一文 ~ (リンクはInBookの該当セリフのページ)

宇宙の本質は物質でもエネルギーでもなく、情報だということは、現代物理学の根本認識である。(P266)

 
 
 
これで、、、2007年07月13日以降(1836日)、、、
読んだ本   363冊 (1日平均0.2冊)
読んだページ 83165ページ (1日平均45ページ)

読書メーター – atasinti

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。