それでも、日本経済が世界最強という真実

図解 それでも、日本経済が世界最強という真実
三橋貴明
ワック
売り上げランキング: 94

日本はこのままでは破綻する?
だから増税が必要?
そんなことはない、日本経済はまだまだ大丈夫!
逆に増税なんかしたら逆効果。
ということを数々のデータを元にわかりやすく解説してくれています。
ただ、せっかくデータが揃っているのに、一部の内容が論理的ではなく主観的なのはちょっと残念かも。
また、データを多用する本は、自分に都合のいいデータのみを選んでいる可能性もあるので、この本の内容をすべて鵜呑みにするのは危険かも。

しかし、民主党も自民党もなぜ、これだけ強い日本の経済力を落とすような政策を次々と進めるのだろうか?
また日本のマスコミもなぜそれに加担するのだろうか?
それはきっと、この本の内容が間違っているからではなく、民主党も自民党もそして日本のマスコミも、
日本国民の方を向いておらず、
これだけ強い日本の財力を根こそぎ奪い取ろうとしているアメリカの方を向いているからだろう。
(´・ω・`)

~ もくじ ~

第1章 莫大な借金があっても破綻しない これだけの理由
第2章 日本はまだまだ経済成長できる これだけの理由
第3章 日本は世界がうらやむ最強の国である これだけの理由

~ なるほどな一文 ~ (リンクはInBookの該当セリフのページ)

グローバル化し、同じ条件で他国と横並びになって、せっかく日本が持っているアドバンテージを手放す必要はどこにもないのです。(P55)

~ もう一つなるほどな一文 ~ (リンクはInBookの該当セリフのページ)

「毎年約五万人減っている」などと言っても、パーセンテージで言えば、たったの〇.〇五パーセントでしかありません。
その程度のことを気にして「子ども手当」など無駄な少子化対策をやるくらいなら、経済成長したほうが、よっぽど話は早いのです。(P89)

 
 
 
これで、、、2007年07月13日以降(1907日)、、、
読んだ本   380冊 (1日平均0.2冊)
読んだページ 87142ページ (1日平均45ページ)


読書メーター – atasinti

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。