picsay-1353081013.jpg

一杯飲んだところで、これこれ、これがいいのよ、とおかあさんに栓をされてしまったボジョレーさん。
(´・ω・`)

ちなみにこの栓は瓶の中の空気を抜いて真空状態にする優れものらしい、。

しかしボジョレーヌーボーがなぜあんなに騒がれているのかわからない。
ただのワインじゃん。

参考サイト
ボジョレー・ヌーボーとは – はてなキーワード

1995年:ここ数年で一番出来が良い
1996年:10年に1度の逸品
1997年:1976年以来の品質
1998年:10年に1度の当たり年
1999年:品質は昨年より良い
2000年:出来は上々で申し分の無い仕上がり
2001年:ここ10年で最高
2002年:過去10年で最高と言われた01年を上回る出来栄え
2003年:100年に1度の出来
2004年:香りが強く中々の出来栄え
2005年:ここ数年で最高
2006年:昨年同様良い出来栄え
2007年:柔らかく果実味が豊かで上質な味わい
2008年:豊かな果実味と程よい酸味が調和した味
2009年:50年に1度の出来
2010年:1950年以降最高の出来といわれた2009年と同等の出来
2011年:近年の当たり年である2009年に匹敵する出来
2012年:史上最悪の不作だが、ブドウの品質はよく熟すことができて健全

 
史上最悪というニュースが流れていたけど、それはぶどうの収穫量のことであって、品質のことではない模様。
紛らわしいニュース流さないでほしいなぁ。
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です