今週の平清盛


とうふです。
驕れる平家と密かに鍛錬する源氏、そんな今週の「平清盛」でした。
次回はついに頼朝挙兵。
終盤に向かってます。

平家と源氏、武家どうしの戦さを中心とした物語ではなく、天皇家や貴族たちや清盛のドロドロの権力争いに焦点を当てていたところが、今年の大河ドラマ「平清盛」の面白さでもあった訳ですが、残りはいつもの源平の合戦物語になってしまうのかな。
しかし、今回は完全に清盛は悪者になってしまっている。
ここまで、せっかく、これまでの清盛悪者像を覆すような話のもって行きかたをしていたのに、なんだか残念な気がします。
もっと、清盛がホントは、見えないところで進まぬ国作りに苦悩していたとか、
最後まで清盛がヒーローな進め方をしてほしかったなぁ。。。
 
 
Facebookページのアルバム「「平清盛」落書きノート」にも絵を追加しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です