各ブラウザのJavaを無効化する方法

Javaに任意のコード実行につながる深刻な脆弱性が存在するため、Java プラグインを無効にして Java アプレットが実行されないようにしましょう、というニュースが流れており、今朝の読売新聞の1面にも掲載されていましたが、このJavaの無効化の設定箇所って、ブラウザによっては、結構わかりにくいところに隠れているので、以下に記載しておきます。
(Windowsの場合のみですが)

なお、今回下記ブログを参考にさせていただきました。
ありがとうございます。
脆弱性が見つかったときなどに:各ブラウザのJavaを無効化する方法(Chrome / Firefox / Internet Explorer / Opera) | 情報科学屋さんを目指す人のメモ

■Firefoxの場合
ツール(T) → アドオン(A) → プラグイン を開いて、Java(TM) Platform の右の「無効化」ボタンをクリック
java_firefox
(画像をクリックすると拡大画像を表示します。)

関連サイト:Java アプレットを無効にするには | Firefox ヘルプ

■Internet Explorerの場合
設定 → インターネットオプション → プログラム → アドオンの管理 → ツールバーと拡張機能 を開いて、Java(TM) Plug-In で始まる項目を全て選択し、右下の「すべて無効(B)」ボタンをクリック
java_ie
(画像をクリックすると拡大画像を表示します。)

※なお、上記ブログによると、「Ineternet Explorer8 + Windows7」の場合、無効化の設定を行っても自動的にJavaを実行できてしまうらしいので、Windows7でInternet Explorer8の場合は、Internet Explorer9にアップデートした上で、Javaの無効化を行う必要があるようです。

■Chromeの場合
アドレスバーに「chrome://plugins」と入力してEnterを押して表示されるページにある、「Java」という項目の「無効にする」をクリック
java_chrome
(画像をクリックすると拡大画像を表示します。)

■Operaの場合
アドレスバーに「opera:plugins」と入力してEnterを押して表示されるページの「Java(TM) Platform」の右にある「無効にする」をクリック
java_opera
(画像をクリックすると拡大画像を表示します。)

■Safariの場合
設定 → セキュリティ を開いて「Javaを有効にする」のチェックをはずす。
java_safari
(画像をクリックすると拡大画像を表示します。)

なお、Windows版のSafariについては、Safari自体の虚弱性の修正が行われていないので、使用を中止するようにとの話もあったので、他のブラウザを使った方がよいと思われます。(My関連エントリー: Windows版Safariは使用中止を?

関連ニュース
JVNTA13-010A: Oracle Java 7 に脆弱性 at 2013.01.11
ブラウザ設定変更で無効化を推奨:Java 7に未パッチの脆弱性、すでに攻撃も発生 – @IT at 2013.01.11
Javaに新たな「ゼロデイ」の脆弱性、既に悪用攻撃も横行 – ITmedia エンタープライズ at 2013.01.11
Javaに未修正の新たな脆弱性、既に悪用する攻撃も出回る -INTERNET Watch at 2013.01.11
「Java 7」の新たな脆弱性、「Windows」や「UNIX」に影響 – CNET Japan at 2013.01.12

関連サイト
Java – WebブラウザでJavaを無効にするにはどうすればよいですか。
Javaはウイルス感染爆弾! 原因経路を塞ぐ無料対策 Java Update無効停止は危険

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です