土偶ミステリー

とうふです。
NHKで放送された「土偶ミステリー~日本最古のフィギュア その謎に迫る~」面白かったです。
ということで、土偶になってみたとです。

東京国立博物館で開催中の「縄文展」も見に行かなくちゃ。
しーゆー。
 

フランス優勝

とうふです。
サッカーワールドカップ決勝戦、フランスvsクロアチアは4-2でフランスが勝利を飾り、優勝しました。
おめでとうございます。
すばらしい試合でした。

準々決勝、準決勝、3位決定戦、そしてこの決勝戦、いずれもすばらしい試合でした。
ワールドカップで勝ち続けるには、縦に長いパスとそれに追いつくスピードのある攻撃が必要だということがよくわかったワールドカップだったように思います。
そしてそれを象徴するのがフランスでした。

祭りは終わりました。
 
 
Googleフォトのアルバム「ワールドカップ2018」にも絵を追加しました。
しーゆー。
 

西郷どん「西郷、京へ」

とうふです。
今週のNHK大河ドラマ「西郷どん『西郷、京へ』」、面白かったです。
時代はいよいよ、西郷どんを中心に回り始めます。
しかし、当時の京都でそこまでみんなが噂するほどの人気者だったのかはちょっと疑問です。
次回は禁門の変、ここでは長州と戦う薩摩がそののち長州と手を組むことになります。
今後の展開が楽しみ。
 
それにしても、今回の大河ドラマは小松帯刀さんが目立たな過ぎる気が・・・
 
 
Googleフォトのアルバム「『西郷どん』落書きノート」にも絵を追加しました。
しーゆー。
 

天皇杯3回戦 川崎PK戦でなんとか勝利


 
とうふです。
サッカー天皇杯3回戦、川崎フロンターレは水戸ホーリーホックとアウェイで対戦、1-1の引き分けで延長戦でも決着はつかず、PK戦4-2で勝利したとです。
勝ったけど、内容は、ひじょーーーーによくなかったとです。

試合開始早々、悠のヘッドを谷口がヘッドで押し込み先制!
でも、この後はかたーい守りの水戸を崩すことができず、何度もカウンターを浴びてはピンチの連続。
ソンリョンのファインセーブや、相手のシュートが枠外だったりでなんとか90分凌いできたけど、後半アディショナルタイムにCKからの流れでついに失点してしまい同点に。
この流れは延長戦でも変わらず、得点できずにというよりも、なんとか失点を防いでPK戦に。
ABBA方式のPK戦では、川崎が知念、北斗、ケンゴ、長谷川と4人連続で決めたけど、水戸が○○××で川崎勝利。
PK戦でもBKBをするケンゴ。
でもおかげでその後の長谷川がリラックスできた気がします。

とにかく勝ててよかった。
ネットがジュピロ磐田に移籍してしまったのが痛いということを痛感するような試合でした。。。

次はリーグの札幌戦、今日の悪い点をしっかり立て直して、フロンターレが勝利だぁ!
GO Sensational !
優勝めざしてGo! Go! フロンターレ!

さあゆけ~ フロンターレ~ アレオ~ オオ アレオ~オオ~♪
かわさき~ フロンターレ~ アレオ~ オオ アレオ~♪
 
 
Googleフォトのアルバム「Go! Go! Frontale! 2018」にも絵を追加しました。
しーゆー。
 

今週の西郷どん

とうふです。
今週の「西郷どん」は「スペシャル第二弾」で。今後出てくる重要人物、坂本龍馬、勝海舟、岩倉具視、桂小五郎について、ゲストが語り合うというもの。
そんなつまらんスペシャルは、いらんけん、はよ次をみせんしゃい!!!
 
しかし坂本龍馬がカッコよすぎるぜよ・・・

 
 
Googleフォトのアルバム「『西郷どん』落書きノート」にも絵を追加しました。
しーゆー。
 

日本敗退

とうふです。
サッカーワールドカップ決勝トーナメント1回戦、日本vsベルギーは2-3でベルギーが勝利、日本は今回もベスト16で敗退となりました。
しかし、負けたとはいえ、見ていて楽しい、最後までどうなるかわからない、ワクワクする素晴らしい試合でした。

前半最初はいい感じで攻め込み2本のシュートを放った日本でしたが、その後は防戦一方。
全員で攻めてくるベルギーに対して、GK川島のスーパーセーブもあり、そして全員で守って凌ぎました。
そして後半、柴崎のスルーパスを受けた原口が飛び出してゴールを決め先制!
さらにその後、乾が強烈なミドルシュートを決めて2点目!
もしかして、これはいけるんじゃないか!?
そんな夢を見せてくれた瞬間でした。
しかし、ベルギーはそんなに甘い相手ではない。
徐々に日本の守りを崩し始め、あれよあれよと2失点。
その後はなんとか守り、このまま延長戦へ突入か、
ロシアのようにPK戦で勝っちゃうなんてことがあるかも、
なーんて思ってたアディショナルタイムも残り1分を切ったところで、カウンターからゴールを決められてしまいました。
サイドからのクロスに、ゴール前で日本のDFを引きつけていたベルギーのエースストライカーのルカクがスルーし、その先のシャドルが押し込んで逆転負け。
あそこでルカクがシュートを放ったら川島が止めることができたかもしれませんが、あそこでスルーできるところがルカクが偉大な選手だということでしょう。
やはりベルギーは強かった。

~ 関連動画 ~
【2分でわかるロシアW杯】つかみかけた夢 日本、初の8強を逃す 日本×ベルギー – YouTube

 
 
惜しい試合でした。
でも強豪ベルギー相手にあそこまで善戦できるとは思っていませんでした。
ありがとう、日本代表のみなさん。
胸を張って帰ってきてください。
 
でも、大島が出なかったのがちょっと残念。
出場できなかった鬱憤を帰国後のリーグ戦で爆発させてくれ!
と言っても、大島はそんなタイプじゃありませんね。
 
また、今回は若い人がほとんど経験できなかったので、次のワールドカップはつらいかも・・・
 
 
Googleフォトのアルバム「ワールドカップ2018」にも絵を追加しました。
 
今日は3時起きだったので、眠かった・・・
しーゆー。

ロシアvsスペイン


 
サッカーワールドカップ決勝トーナメント1回戦、ロシアvsスペインは、1-1の同点で延長戦、その延長でも決着がつかず、PK戦へ。
そのPK戦でロシアが勝利し、優勝候補の一角スペインが早々に敗退しました。
全員で攻めるスペインvs全員で守るロシア。
最後までロシアのかたーい守りを崩せなかったスペインでした。

~ 関連動画 ~
【2分でわかるロシアW杯】スペイン PK戦に散る! ロシア準々決勝へ – YouTube

 
 
Googleフォトのアルバム「ワールドカップ2018」にも絵を追加しました。
 
あれっ、このロシアの戦法って、元日本代表監督のハリルホジッチ監督が、ワールドカップで競合に勝つための戦法として取り入れようとしていたヤツじゃなかったっけ?
 
ところで、昨夜のもう1試合、クロアチアvsデンマークもPK戦でクロアチア勝利だったんですね。
しかも開始4分で展を取り合って1-1、その後はずーっとお互いに展を取れずにPK戦へ。
これまたすごい試合ですね。
しーゆー。
 

西郷どん「生かされた命」

とうふです。
今週のNHK大河ドラマ「西郷どん『生かされた命』」、面白かったです。
島役人の土持政照の機転で座敷牢に移された吉之助は島の子供たちに学問を教え始める。
生麦事件に端を発した薩英戦争が始まってしまい、島は大騒ぎ。
そんな中で、吉之助はまずは子どもたちの心を動かし、そして島民の心も動かす。
戦争は島に被害を与えることなく2日で終わり、吉之助は薩摩に戻ることに。
さぁ、薩摩に戻った吉之助の活躍が始まる?
今後の展開が楽しみ。
 
 
Googleフォトのアルバム「『西郷どん』落書きノート」にも絵を追加しました。
しーゆー。

フランスvsアルゼンチン

とうふです。
サッカーワールドカップ、決勝トーナメント1回戦のフランス対アルゼンチンは、これぞワールドカップというような、レベルの高いものすごい試合でした。
前半、フランスのエムバペの超特急な突破が反則を誘い、フランスがPKで先制。
しかし、前半終了間際、そして後半開始早々に、いずれも素晴らしいシュートでアルゼンチンが得点して1-2と逆転。
そのあとフランスが1点返して2-2の同点に。
そして、エムバペがまたもやすばらしい突破からあれよあれよの2得点でフランスが再逆転で4-2に。
しかし、最後まであきらめないアルゼンチンはアディショナルタイムに1点返したけれど、反撃もそこまでで、4-3でフランスが勝利。
最初から最後まで一瞬も目が離せない素晴らしい試合でした。

【2分でわかるロシアW杯】速い、若い、ヤバイ!エンバペは止められない!!/フランス x アルゼンチン(決勝T 1回戦) – YouTube

 
 
ところで、速報記事で「エムバペ」が「ムバッペ」になっている。
あわてて書いたのね。
あっ、MBAPPEという綴りをそのままローマ字読みしたのか。

 
 
Googleフォトのアルバム「ワールドカップ2018」にも絵を追加しました。
しーゆー。
 

ワールドカップ史上最もつまらないサッカー?


 
とうふです。
勝つか引き分ければ決勝トーナメント出場の日本。
そんなサッカーワールドカップ、日本vsポーランド戦では0-1で日本は負けましたが、セネガルもコロンビアに0-1で負け、勝点同じ、得失点差同じ、勝数同じ、得点数同じ、直接対決引き分けということでここまではまったく同じ、イエローカードやレッドカードの枚数によるフェアプレーポイントで日本が-4、セネガルが-6で、日本がセネガルに上まり、決勝トーナメント出場を決めました。
おめでとうございます。
 
【2分でわかるロシアW杯】日本が2大会ぶり決勝トーナメント進出 日本×ポーランド – YouTube

 
 
でも・・・・・・・・・・・・

後半30分までは実に面白い試合でした。
しかしその後は、こんなつまらないサッカーみたことないという試合でした。

果敢に攻めるも得点ならず、逆に速攻でピンチを招くもGK川島のファインセーブや相手のシュートミスで失点もなく前半は0-0
同じ時間に行われているセネガルvsコロンビアも0-0
このままでいけば、セネガルと日本が決勝トーナメント出場です。

ところが後半、フリーキックからゴールを決められ、0-1になってしまいました。
このままでは予選リーグで敗退です。
なんとしても追い付かないと行けない日本は果敢に攻めます。
しかし、得点ならず、逆に速攻でピンチを招くもGK川島のファインセーブや相手のシュートミスでなんとな凌ぐという前半と同じ展開、いやむしろピンチを招くことが前半より多くなり、やや厳しい状況でした。

そんな中、セネガルvsコロンビアでコロンビアが1点先制のニュース。
このままいけば、上述のようにコロンビアが1位、日本がセネガルにフェアプレーポイントで上まり2位通過で決勝トーナメント出場です。
とはいえ、セネガルがコロンビアから1点とるか、またはポーランドが日本からもう1点とれば日本は終わりです。

ここで、日本の西野監督が取った戦略は、、、、
「攻めるな。」
でした。
長谷部を交代で送り込み、この戦略を伝えると、日本はDF間でボールを回し続け、攻めていきません。
一方のポーランドも、勝ってるからまぁいいかって感じで攻め込んできません。
 
韓国のようにルール無視で反則やりまくりというのとは異なり、ルール上はまったく問題ありません。
でもねぇ、、、
試合終了間際でこの作戦を取るっていうのは理解できます。
しかし、まだ残り15分+アディショナルタイムもある時間帯。
しかも、この15分+アルファの間にセネガルが1点とればすべて終わってしまいます。

しかし、西野監督は、残り15分+アディショナルタイムで、へたに攻めてボールをとられてカウンターで失点してしまう可能性の方が、セネガルがコロンビアに1点とる可能性より高いと考えたんでしょうね。
ということで、自力で決勝トーナメント進出をめざすのではなく、コロンビアがセネガルに勝つことに賭けたわけです。

結果として西野監督の賭けは当たったわけですが、、、、、

残り15分+アディショナルタイム4分の間、日本がDF間でボールをまわすだけで、あとの人はみーんな立ってるだけというものすごーーーーくつまらない試合を見せられることになってしまいました。
まだ15分もあるのに、点を取りに行かないサッカー。
おそらく、ワールドカップ史上、最もつまらないサッカーだったに違いありません。

長谷部が入った後の日本のサッカーを見て、早くセネガルがなんとか1点とって、西野監督の目を覚まさせてほしいと思ったとうふでしたが、そのまま、両方とも試合は終わってしまいました。

ということで、決勝トーナメント進出を決めたものの、「わーい!」と喜びの声をあげることができなかった昨夜の試合でした。
サッカーを愛する多くの人は同じ気持ちだったんじゃないかと思います。
負けているのに、20分弱も点を取りに行かずに後ろでパスをまわすだけだなんて、こんなのサッカーの試合ではなーい!
 
次からはトーナメントなんで、こんなことはあり得ませんが、しかし、引き分けより負けを選ぶような試合をしたチームに明日はあるのだろうか・・・
 
 
Googleフォトのアルバム「ワールドカップ2018」にも絵を追加しました。
しーゆー。