「タンゴ」でポーク生姜焼

横浜の洋食屋を訪ねてシリーズ106軒目は、鶴見のアーケード商店街「レアールつくの」内にある「タンゴ」へ。

 
洋食屋というよりは喫茶店ですが、洋食メニューが充実しています。

 
パスタ食べ放題なんていうのもあります。

 
店内は昭和の喫茶店。木のイスの4人席のテーブル席が11個。
ピアノ音楽が静かに流れています。

 
柱にはこんな飾りも。

 
本日の日替わり定食のC「ポーク生姜焼」(980円) を注文。ヨーグルト、杏仁豆腐、コヒーゼリーなど12種類の中から選択する「おまけ」とドリンクがついています。コーヒーゼリーとアイスコーヒーをお願いしました。

料理が来ました。
ライスとみそ汁、おしんこ付きです。


生姜焼きの肉が厚い!
味は普通の生姜焼きですが、生姜焼きに、はずれはありません。
ナポリタンはいわゆる喫茶店のナポリタンです。
サラダにはマヨネーズ。

食後におまけのコーヒーゼリー。

 
そしてアイスコーヒー。

コーヒーとコーヒーになっちゃったな、、、
でも、いずれも美味しく頂きました。
 
 
これまで訪れたお店については、カテゴリー「濱の洋食屋」で確認できます。
 
この記事は、先にBloggerのブログ「濱の洋食屋」の方に投稿し、それをこちらにコピペしたものです。
各写真をクリックすると拡大写真が表示されます。
 
同じ写真をアルバム「Yokohama 2018」(Google Photos)にも追加しました。今回9枚追加。
 

接客も丁寧で美味しい料理に満腹満足!
しーゆー。
 

「プラン」でナポリタン

横浜の洋食屋を訪ねてシリーズ105軒目は、太田町の「プラン」へ。
洋食屋ではなく喫茶店ですが(^^;

 
店内は意外と奥ゆきがあり広く、テーブル席がたくさん。なお、店内は喫煙可です。
ラジオのFM放送が流れているというのはちょっと残念かも。

 
照明はこんな感じ。

 
メニューはこちら。ランチメニューのようなものはありませんが、サラダ、ドリンク付きのセットメニューはあります。

 
ナポリタンの単品(800円)を注文しました。注文したら給仕のおねえさんが店の外に出て行って、店の前に止めてある車のところへ。車から店の御主人が店へはいってきました。外の車で一休みされていたようです。ほのぼのします。

ナポリタン、来ました。

所謂喫茶店のナポリタン風のナポリタンかと思いきや、意外にケチャップではなく独特のトマトソースを使ったナポリタン。
黒い香辛料が降りかかってます。
あれ、味が薄いなぁ、、、と思ったら、ソースが下に沈んでいたためでした(^^;
下のソースをたっぷりからめて食べるといい感じ。
美味しく頂きました。
もっとも、ケチャップたっぷりのもちもち太麵の横浜ナポリタンが好きなおとうさんとしてはちょっと物足りない感じも。

 
 
これまで訪れたお店については、カテゴリー「濱の洋食屋」で確認できます。
 
この記事は、先にBloggerのブログ「濱の洋食屋」の方に投稿し、それをこちらにコピペしたものです。
各写真をクリックすると拡大写真が表示されます。
 
同じ写真をアルバム「Yokohama 2018」(Google Photos)にも追加しました。今回5枚追加。
 

美味しい料理に満腹満足。
しーゆー。
 

「Cooo Ricco」でポークジンジャー

横浜の洋食屋を訪ねてシリーズ104軒目は、関内の「Cooo Ricco」へ。

 
今日のランチメニュー。

 
店内はこじんまりとしていて、4席のテーブル席が2つ、2席のテーブル席が2つ、カウンター席が4つで、最大16人まで。静かにJazzが流れています。

 
こんな照明。

 
壁にはこんな絵。ステキです。

 
大きなスプーンには柄が。

 
水差しを持ってきてくれます。

 
5食限定のポークジンジャーを注文しました。
 
サラダとスープが出てきました。

酸味が強くフルーティなサラダです。きのこのスープは胃に浸みます。

料理がきました。


ごはんはおかわりでします。

ポークジンジャーは肉がぶわつくってそして柔らか。
ソースも独特の味ですごくおいしい。
あちらこちらの食堂で食べる豚肉の生姜焼きとはちょっと違います。
美味しく頂きました。
 
 
これまで訪れたお店については、カテゴリー「濱の洋食屋」で確認できます。
 
この記事は、先にBloggerのブログ「濱の洋食屋」の方に投稿し、それをこちらにコピペしたものです。
各写真をクリックすると拡大写真が表示されます。
 
同じ写真をアルバム「Yokohama 2018」(Google Photos)にも追加しました。今回10枚追加。
 

給仕のおねえさんも、奥から声をかけてくれたコックさんもとても愛想よくて丁寧。
美味しい料理に満腹満足です。
しーゆー。
 

「TASCA」でオムライス

横浜の洋食屋を訪ねてシリーズ103軒目は、関内の「TASCA」へ。
ビルの2階です。

 
今日のランチメニュー(この看板は2階に上がる階段の下)

 
店内はこじんまりとした黒と木が基調の部屋。にぎやかな洋楽が流れています。

 
天井はパイプがむき出しだったりする点もいい雰囲気を醸し出しています。

 
「メニューは壁に」と言われたので、壁のメニューからオムライス(1000円)を注文しました。
各テーブルの上には大きな水の瓶。蛇口がついています。

 
サラダと飲み物(ソフトドリンク)はセルフサービスですが、食べ放題飲み放題です。
サラダはでっかな瓶に入っているのを小皿にとります。

 
ドリンクバー。このほかにコーヒーがあります。

 
焼きたてのパンが出てきます。何個でもいいみたいですが1個だけにしておきました。焼きたてなのでアツアツふわふわの美味しいパンです。

 
オムライスきました。

かかっている黄土色の独特のソースは酸味が強く、それだけを口にするとちょっとすっぱい感じがしますが、これをどちらかというと味が濃いめのチキンライスとふわとろたまごと一緒に食べると絶妙の美味しさ!!!
チキンライスは肉が多めです。
美味しく頂きました。
 
 
これまで訪れたお店については、カテゴリー「濱の洋食屋」で確認できます。
 
この記事は、先にBloggerのブログ「濱の洋食屋」の方に投稿し、それをこちらにコピペしたものです。
各写真をクリックすると拡大写真が表示されます。
 
同じ写真をアルバム「Yokohama 2018」(Google Photos)にも追加しました。今回9枚追加。
 
 
1人でやっているので接客は今一つですが美味しい料理に満腹満足。
しーゆー。
 

「ら・らとーな」でハンバーグ

横浜の洋食屋を訪ねてシリーズ102軒めは、関内からちょっと歩いたところにある「ら・らとーな」へ。

 
本日のランチメニュー。

 
セルフサービスのお店で、先に注文を行い会計を済ませると番号札を渡されます。
番号を呼ばれたら、引き渡し窓口に受け取りに行き、食べたら返却口に返すというシステムのお店です。
ハンバーグのランチ(1080円)を注文しました。

店内はこじんまりとした喫茶店風。外にもオープンテラスがあり、そこは犬連れでもOKだそうです。

 
照明はこんな感じ。

 
番号を呼ばれたので受け取りに行きました。トレイに乗ってます。


サラダのドレッシングは受け渡し口のところに4種類用意されていて好きなものをかけてくださいとのことです。
ハンバーグはごくごく普通のやわらかめのハンバーグ。
きのこのデミグラスソースもごくごく普通のデミグラスソースですが、たっぷりすぎるくらいたっぷりかかっているところがいいです。
山型のごはんがナイフとフォークだと、ちょっと食べにくいところが残念。

美味しく頂きました。
 
 
これまで訪れたお店については、カテゴリー「濱の洋食屋」で確認できます。
 
この記事は、先にBloggerのブログ「濱の洋食屋」の方に投稿し、それをこちらにコピペしたものです。
各写真をクリックすると拡大写真が表示されます。
 
同じ写真をアルバム「Yokohama 2018」(Google Photos)にも追加しました。今回6枚追加。
 
 
美味しい料理に満腹満足。
しーゆー。
 

「ゴリラキッチン」でチキンソテー

横浜の洋食屋を訪ねてシリーズ101軒目は、横浜西口の「ゴリラキッチン」へ。

 
ランチメニュー。その日のA,B,Cそれぞれがどんな料理かは入ってからのお楽しみ。

 
店内はカラフルで女性向きのお店の雰囲気。

 
コースターもハート形です。

飲み屋街の中にこんなオシャレなお店。店名とのギャップが大きい。しかし、その後入ってきたお客さんたちをみると、女性客が多いというわけでもなさそうです。まぁ、飲み屋街の中だから・・・
静かに洋楽POPが流れています。HIPHOPな音楽も流れるお店は珍しいかも。

今日のAランチ(800円)は、シンプルチキンのハーフソテー ということだったので、それと生ビール(580円)を注文しました。

料理を待つ間に♪

 
かわいい木製の器に乗って、料理が来ました。


ハーフというだけにチキンソテーは小さめですが、スパイスが効いていて美味しい。
そして野菜がたっぷり。
どれもやわらか。
見た目少なめに感じましたが、食べてみれば、おとうさんにはこれで十分なボリュームでした。
美味しく頂きました。

食後のコーヒーもかわいいマグカップで。

 
 
これまで訪れたお店については、カテゴリー「濱の洋食屋」で確認できます。
 
この記事は、先にBloggerのブログ「濱の洋食屋」の方に投稿し、それをこちらにコピペしたものです。
各写真をクリックすると拡大写真が表示されます。
 
同じ写真をアルバム「Yokohama 2018」(Google Photos)にも追加しました。今回8枚追加。
 
ビールの写真はブログ「そんな今宵もビールの用意だ」にも追加しました。
 
 
と~っても美人で笑顔がステキなおねえさんの接客はとても丁寧で、
美味しい料理に満腹満足!
しーゆー。
 

「ル・ファール」でチキンソテー

横浜の洋食屋を訪ねてシリーズ、記念すべき100軒目は、横浜東口の横浜プラザホテル最上階にある「ル・ファール」へ。
エスカレータで14階へいくとランチメニューの案内。

 
左手奥がレストラン・ルファール。

 
サービスランチメニューを見ると表の看板にはなかったメニューもありますね。
ということで「チキンソテー」(1080円)をジンジャーソースで注文。

 
店内はホテルのレストランという雰囲気。静かな音楽が流れています。

 
椅子もホテルのレストランらしい椅子です。

 
窓の外は横浜の街の景色が広がってます。

 
照明はこんな感じ。

 
料理がきました。


ちょっと酸味があるサラダのドレッシングがおいしいです。
そしてやわらかくてジューシィーなチキンに、ジンジャーソースがベストマッチ!
美味しく頂きました。
 
食後にコーヒーor紅茶がつきます。

 
 
これまで訪れたお店については、カテゴリー「濱の洋食屋」で確認できます。
 
この記事は、先にBloggerのブログ「濱の洋食屋」の方に投稿し、それをこちらにコピペしたものです。
各写真をクリックすると拡大写真が表示されます。
 
同じ写真をアルバム「Yokohama 2018」(Google Photos)にも追加しました。
 
 
ホテルのレストランとは言え、サービスランチはそれほど高くなく、丁寧な接客と美味しい料理に満腹満足!
しーゆー。
 

「味蕾亭」でステーキ丼

横浜の洋食屋を訪ねてシリーズ99軒目は、高島町、俗に裏横浜と呼ばれているエリアのはずれにある「味蕾亭」へ。

 
今日のランチメニュー。

 
店内はカウンターとテーブル席からなり、思ったより広く明るい。

 
奥にはこんなパーティ向けの個室もありました。

 
ビーフステーキ丼(1080円)を注文。
 
料理が来ました。


やわらかいお肉がたっ~ぷり、タレはごはんにとても合います。
美味しく頂きました。
 
 
これまで訪れたお店については、カテゴリー「濱の洋食屋」で確認できます。
 
この記事は、先にBloggerのブログ「濱の洋食屋」の方に投稿し、それをこちらにコピペしたものです。
各写真をクリックすると拡大写真が表示されます。
 
同じ写真をアルバム「Yokohama 2018」(Google Photos)にも追加しました。
 

接客もよく、美味しい料理に満腹満足。
次は記念すべき100店め、どこへ行こうかな・・・
しーゆー。
 

「ビストロパリ17区」でとりモモ肉のアミ焼き

横浜の洋食屋を訪ねてシリーズ98軒目は、馬車道の「ビストロパリ17区」へ。

 
今日のランチメニュー。

 
店内はテーブル席がいくつかのこじんまりとしたお店。フランス語の音楽が静かに流れています。

 
お水はこんな水さしに入ってでてきます。

 
とりモモ肉のアミ焼のランチ(830円)を注文しました。パンとスープがついています。
 
ニンジンのスープ、これ、めっちゃくちゃ美味しい!

 
パンとバターとジャム。パンのみで、ごはんを選べないところは残念かも。


このパンが固いのです。
もっとも、フランスのパンってどれも固いんでしたっけ。
 
とりモモ肉のアミ焼き、きましたぁ!

野菜とマカロニに乗っかって、モモ肉が2切れ。
えっ、2切れだけ?
と思いましたが、固いパンとたっぷりのマカロニのおかげでお腹いっぱいになりました。
野菜にかかっていたドレッシングが独特の風味で美味しかったです。
またモモ肉もこれまた独特のスパイスが効いていてとっても美味しかったです。
  
 
これまで訪れたお店については、カテゴリー「濱の洋食屋」で確認できます。
 
この記事は、先にBloggerのブログ「濱の洋食屋」の方に投稿し、それをこちらにコピペしたものです。
各写真をクリックすると拡大写真が表示されます。
 
同じ写真をアルバム「Yokohama 2018」(Google Photos)にも追加しました。今回8枚追加。
 
接客も悪くなく、美味しい料理に満腹満足!
しーゆー。
 

「KITCHEN JO’S」でオムライス

横浜の洋食屋を訪ねてシリーズ97軒目、2018年最初の1軒目は、開いていてよかった、元町の「KITCHEN JO’S」へ。

 
「KITCHEN JO’S」は「28軒目のとき」に桜木町駅下のシャル内に新しくできたお店に行きましたが、 今回は元町のお店へ。
店内はテーブル席が3つとL形のカウンター席のこじんまりとしたお店。桜木町のお店のように広くはありません。JAZZが流れる静かな雰囲気は同じです。

 
壁にはこんなかわいい飾りも。

 
生ビール(550円)と特製オムライス(980円)を注文。
 
料理を待つ間に♪
なお、ビールは桜木町のお店はアサヒでしたがここはキリンです。

 
オムライス来ました!

フワトロタマゴがたっぷりのオムライス。
中のチキンライスのチキンが大きい!
美味しく頂きました。
 
 
これまで訪れたお店については、カテゴリー「濱の洋食屋」で確認できます。
 
この記事は、先にBloggerのブログ「濱の洋食屋」の方に投稿し、それをこちらにコピペしたものです。
各写真をクリックすると拡大写真が表示されます。
 
同じ写真をアルバム「Yokohama 2018」(Google Photos)にも追加しました。今回5枚追加。
 
ビールの写真はブログ「そんな今宵もビールの用意だ」にも追加しました。
 
 
接客のおねえさんもかわいく、美味しい料理に満腹満足。
しーゆー。