「FESTA di Carina」で鶏肉の赤ワイン煮

横浜の洋食屋を訪ねてシリーズ142軒目は、万国橋通りの「FESTA di Carina」へ。ビルの2階です。
扉に「ROSSO」と書いてあったので一瞬違う店かと。。。

今日は特別ランチ。

店内は広く、テーブル席のみ。真ん中に広い空間があいています。
洋楽が流れています。

ランチセット-A(1850円税別)のお肉料理を注文しました。

パン、サラダ、スープ、ソフトドリンクはこちらで自由に取り放題です。野菜多めのコンソメスープは身体に浸みる感じです。

メイン料理が来ました。

柔らかな鳥肉。
独特のソースをからめ、美味しく頂きました。


これまで訪れたお店については、カテゴリー「濱の洋食屋」で確認できます。
 
この記事は、Bloggerのブログ「濱の洋食屋」とW投稿です。
各写真をクリックすると拡大写真が表示されます。
 
同じ写真をアルバム「Yokohama 2019」(Google Photos)にも追加しました。今回5枚追加。

接客も丁寧で美味しい料理に満腹満足。
しーゆー。

「YOU&I」で麻婆ナス風ランチ

横浜の洋食屋を訪ねてシリーズ141軒目は、日吉駅前の「YOU&I」へ。


看板には「カレー&カフェ」と書かれていますが洋食メニューも充実しています。


本日のランチはなんと500円(税込540円)!
しかし洋食屋で麻婆ナス?
「風」というのが気になります。


建物の扉を開けるとスパイダーマンがお出迎え。


マーベル関連のフォギュアが両側にいくつも箱入りのまま飾ってある階段を上がって2階へ。


お店の入り口の扉は開かれています。


明るく広い店内に、なぜかでっかなミッキーマウス。洋楽が流れています。


気になる本日のランチを注文しました。
飲み物が先に出てきます。シロップの器がおしゃれ。


料理が来ました。

味噌汁がついていますが、箸がついておらず、フォークで味噌汁はちょっと食べづらいところが難点か。
麻婆ナスにナポリタンとサラダがお皿に盛られています。
ナポリタンは極々普通の喫茶店のナポリタン。
気になる麻婆ナスですが、これが「見た目は中華、中身は洋食」(コナン風に)
なんとも不思議な味の麻婆ナスです。
生姜焼きの味に近いかも。
美味しく頂きました。
これで540円はすっごいコスパ!!!

これまで訪れたお店については、カテゴリー「濱の洋食屋」で確認できます。
 
この記事は、Bloggerのブログ「濱の洋食屋」とW投稿です。
各写真をクリックすると拡大写真が表示されます。
 
同じ写真をアルバム「Yokohama 2019」(Google Photos)にも追加しました。今回10枚追加。

高齢のおじさんが一人でお給仕されているので、ちょっとゆっくりではありますが、気になるほどではありません。
美味しい料理に満腹満足。
しーゆー。

「オブスキュール」でピカタ

横浜の洋食屋を訪ねてシリーズ140軒目は、野毛の「オブスキュール」へ。


「野毛ふれんち」の看板が目印。


店内はカウンターとテーブル席。こじんまりとしたお店です。軽快なJAZZが流れています。

(写真の一部にぼかしを入れています。)

カウンターの向こうの壁の棚で輝くグラス。


ランチメニューは20食限定の「スペシャリテランチ」(1200円・税別)のコース料理のみ。
今日はお肉料理がピカタ、お魚料理がスズキのポワレということでしたので、お肉料理をライスで注文しました。


前菜とサラダ。どれもこれも、丹精込めて作られていることがわかる逸品で、どれもこれもとても美味しい。


メインディッシュが来ました。


ライスはお肉を少し食べたころに出てきます。このライスやパンが遅れて出てくるのは他のお客さんも同じでしたので、これがこの店のやり方なのかもしれませんが、個人的にはちょっと残念。


デザートとコーヒー。コーヒーは紅茶に帰ることもできるそうです。
今日のデザートはキャラメル味のアイス。



とにかく前菜からデザートまで全てがとても美味しかったです。
こんなすばらしいコース料理を1200円(税込だと1296円)で食べられるなんて、とっても得した気分です。

お客さんは女性の比率が高いです。
野毛らしくないお店です。

 
これまで訪れたお店については、カテゴリー「濱の洋食屋」で確認できます。
 
この記事は、Bloggerのブログ「濱の洋食屋」とW投稿です。
各写真をクリックすると拡大写真が表示されます。
 
同じ写真をアルバム「Yokohama 2019」(Google Photos)にも追加しました。今回11枚追加。

接客も丁寧、逆に一人一人にあまりに丁寧でちょっと待たされることもあるのですが、でもその丁寧さが気分よくさせてくれます。
接客のおねえさんの笑顔もステキです。
美味しい料理に満腹満足。
しーゆー。

「キッチン静」でステーキ

横浜の洋食屋を訪ねてシリーズ139軒目は、上大岡の「キッチン静」へ。
Wingの地下1階にあります。

店内は落ち着いた雰囲気で、音量低めにビートルズの曲が流れています。

ランチメニュー。サーロインステーキのレギュラーカット(200g)(2380円税別)を注文しました。
和牛ステーキのお店でアメリカ産牛のサーロインステーキを頼むというのはどうしたものかとも思いましたが、和牛メニューはお値段が・・・

スープとサラダがついています。身体に優しく浸みるスープです。

ライスとステーキが来ました。

柔らかくて美味しい肉に絶妙なソース。
これがお肉を噛み締める幸せというものか、、、
美味しく頂きました。

ランチで税込2570円というのはちょっと高いけど、ボリュームもあり、十分満足のいく料理でした。

これまで訪れたお店については、カテゴリー「濱の洋食屋」で確認できます。
 
この記事は、Bloggerのブログ「濱の洋食屋」とW投稿です。
各写真をクリックすると拡大写真が表示されます。
 
同じ写真をアルバム「Yokohama 2019」(Google Photos)にも追加しました。今回6枚追加。

接客も丁寧で、美味しい料理に満腹満足。
しーゆー。

「オムライスのひまわり」でケチャップオムライス

横浜の洋食屋を訪ねてシリーズ138軒目は、綱島の「オムライスのひまわり」へ。

入り口脇の黒板のメッセージがほんわかしてます。

こじんまりとした店内はきれいで明るく、カウンター席とテーブル席があります。
軽快なJAZZが流れています。

メニュー。よくばりセット(1618円)をケチャップオムライスの普通サイズ、ドリンクは+400円でビールにして、デザートはガトーショコラで注文。

ビールとサラダが来ました。ビールはハートランドの小瓶です。

生ハムのサラダはけっこうボリュームあります。

オムライス来ました。ケチャップが別の容器に入ってます。

たまごをナイフで割って、その上にケチャップをかけてくださいとのこと。
たまごをナイフで割ると、チキンライスの山をするするーっとなだれ落ちて行きます。そこにケチャップをかけるとこんな感じに。

チキンライスのチキンが大きい!
たまごはふわとろ。
美味しく頂きました。

テーブル脇にはこんなノートが。

赤い文字はオーナーさんのお返事。
私も一言書いてきました。何を描いたかは内緒です。

デザートのガトーショコラ。美味しく頂きました。




これまで訪れたお店については、カテゴリー「濱の洋食屋」で確認できます。
 
この記事は、Bloggerのブログ「濱の洋食屋」とW投稿です。
各写真をクリックすると拡大写真が表示されます。
 
同じ写真をアルバム「Yokohama 2019」(Google Photos)にも追加しました。今回13枚追加。

ビールの写真はブログ「そんな今宵もビールの用意だ」にも追加しました。

子ども連れが多く、オッサンがカウンターの片隅で昼間っからビール飲むようなお店ではありませんでしたが(^^;
おねえさんは2人とも美人でいろいろ心遣いも優しく丁寧でした。
美味しい料理に満腹満足。
しーゆー。

「花市場」でビーフシチュー

横浜の洋食屋を訪ねてシリーズ137軒目は、東戸塚の「花市場」へ。
このビルの2階です。1階に「横浜市場」というお店がありますが別のお店です。

ビルの入り口横にメニューの看板が出ています。

お花がたくさんの階段を上がって2階へ。

お店の入り口。

店内は広く、落ち着いた雰囲気。スローテンポのジャズが音量低めで流れています。

あちらこちらにお花が飾られています。

ビーフシチュー(1200円)を注文。

スープとサラダがすぐに出てきます。

サラダのドレッシングはごまだれ。

ビーフシチュー来ました!

肉も野菜もトロトロに柔らかなビーフシチュー。
美味しく頂きました。

食後のドリンクはアイスティーにしました。

 
 
これまで訪れたお店については、カテゴリー「濱の洋食屋」で確認できます。
 
この記事は、Bloggerのブログ「濱の洋食屋」とW投稿です。
各写真をクリックすると拡大写真が表示されます。
 
同じ写真をアルバム「Yokohama 2019」(Google Photos)にも追加しました。今回11枚追加。
 
接客も丁寧で、美味しい料理に満腹満足。
しーゆー。

「REVEL」で梅香るしらすのスパゲッティ

横浜の洋食屋を訪ねてシリーズ136軒目は、大倉山の「REVEL」へ。
このビルの2階です。

今日は大倉山公園で観梅会をやっているので、特別メニューとのこと。

階段を上がったところの入り口はこんな感じ。

店内はこじんまりとしており、丸い4席のカウンターとテーブル席。すぐに客でいっぱいになってしまいます。洋楽が音量小さめで流れています。奥のテレビは音なし。

カウンターの前にはお酒の瓶やキャンデーなどが雑多に並んでいます。

カウンターの上にはグラス。

今日のメニュー。今日は客が多いことが予想されるため、調理時間が短いパスタ料理のみ。
梅香るしらすのスパゲッティ(1000円)を注文しました。

サラダ付きです。

ドレッシングはちょっと酸味が強い感じ。

15分ほど待って、やっとスパゲッティが来ました。

麵は細麵ですが、もちもちしていて私好み。
スパイスが効いています。
美味しく頂きました。

これまで訪れたお店については、カテゴリー「濱の洋食屋」で確認できます。
 
この記事は、Bloggerのブログ「濱の洋食屋」とW投稿です。
各写真をクリックすると拡大写真が表示されます。
 
同じ写真をアルバム「Yokohama 2019」(Google Photos)にも追加しました。今回9枚追加。

接客のおねえさんは美人で丁寧で、美味しい料理に満腹満足。
しーゆー。

「Guy&Jos」(G&J)でハラミステーキ

横浜の洋食屋を訪ねてシリーズ135軒目は、末広町の「Guy&Jos」(通称G&J)へ。

ランチメニューはこちら。

でも気になるのはこちらの看板。
今日だけ限定10食、1800円のハラミステーキランチが1000円!

店内はカウンターとテーブル席。洋楽が音量高めで流れています。奥には音なしのテレビで昨夜のサッカー中継。

ハラミステーキ(1000円)を注文。

サラダは葉っぱの形のかわいい容器に入ってます。

スープとライス。
味噌汁とごはんという方が正しい?
おかわり自由です。ごはんは雑穀米です

ジュージューと音を立てながらハラミステーキが来ました。

スパイスが効いたステーキは柔らかくてジューシー!
美味しく頂きました。

これまで訪れたお店については、カテゴリー「濱の洋食屋」で確認できます。
 
この記事は、Bloggerのブログ「濱の洋食屋」とW投稿です。
各写真をクリックすると拡大写真が表示されます。
 
同じ写真をアルバム「Yokohama 2019」(Google Photos)にも追加しました。今回8枚追加。

給仕のめがねっ娘のおねえさんはとてもかわいくって、接客も丁寧。
おいしい料理に満腹満足。
しーゆー。

「Weins」でアスパラの豚肉巻きフライ

横浜の洋食屋を訪ねてシリーズ134軒目は、マリンタワー裏の「Weins」へ。

店内は明るく広くテーブル席のお店です。

ランチメニュー。

アスパラの豚肉巻きフライ(980円)を注文。

ランチセットの飲み物はフリードリンクです。

料理が来ました。

アスパラ巻きは可もなく不可もなくと言う感じ。
美味しく頂きました。

これまで訪れたお店については、カテゴリー「濱の洋食屋」で確認できます。
 
この記事は、Bloggerのブログ「濱の洋食屋」とW投稿です。
各写真をクリックすると拡大写真が表示されます。
 
同じ写真をアルバム「Yokohama 2019」(Google Photos)にも追加しました。今回6枚追加。

接客も悪くなく美味しい料理に満腹満足。
しーゆー。

「ROCCO」で炙りローストチキン丼

横浜の洋食屋を訪ねてシリーズ133軒目は、横浜西口の「ROCCO」へ。
ビルの地下にあります。

ランチメニュー。ランチは平日のみ。

店内は広く、いくつかの部屋に別れています。小さく洋楽が流れています。

照明はこんな感じ。

「辛!!HOTナポリタン」が気になったけど、この店の一押しの「炙りローストチキン丼」(850円)を注文。

セットのサラダとスープ。サラダはカップに入ってます。

ローストチキン丼来ました。

やわらかなローストポークはスパイスが効いててとっても美味しい。
タレがしみ込んだご飯もこれまたとっても美味しいのです。

これまで訪れたお店については、カテゴリー「濱の洋食屋」で確認できます。
 
この記事は、Bloggerのブログ「濱の洋食屋」とW投稿です。
各写真をクリックすると拡大写真が表示されます。
 
同じ写真をアルバム「Yokohama 2019」(Google Photos)にも追加しました。今回8枚追加。


接客も丁寧で美味しい料理に満腹満足。
しーゆー。