「山水」でチキングリル

横浜の洋食屋を訪ねてシリーズ74軒目は、能見台の「山水」へ。

 
サービスメニューはこちら。
ちょっと高いなぁ・・・と思いつつも店の中へ。

 
店内はムード音楽が静かに流れる落ち着いた雰囲気。

 
照明はこんな感じ。

 
出窓にはこんな飾りも。

 
46周年なんですね。

 
サービスメニューのBセット、チキン(旬彩鶏もも肉)のグリル(1699円)と生ビール(660円)を注文。

料理が来る間にまず一杯。
表の看板にあったように生ビールはハイネケンです。

 
サラダのドレッシングは和風、洋風、イタリアンから選べます。洋風を選んだのですが、これはちょっと失敗だったかも。

 
チキングリルきました。


 
チキンは皮はカリッと、肉はジューシィー、そしてそして、ゴルゴンゾーラのバルザミコソースとやらが超絶美味!!!!!
美味しく頂きました。
 
食後にアイスコーヒー。

 
 
これまで訪れたお店については、カテゴリー「濱の洋食屋」で確認できます。

同じ写真をアルバム「「Yokohama 2017 No2」」(Google Photos)にも追加しました。今回11枚追加。

ビールの写真はブログ「そんな今宵もビールの用意だ」にも追加しました。
 
 
ランチにはちょーーーーっと高かったけど、
料理は超超超超超美味しかったし、
給仕のおねえさんは笑顔が素敵でとってもかわいかったので、
満腹満足。
しーゆー。
 

 

「KushiBa」でオムライス

横浜の洋食屋を訪ねてシリーズ73軒目は、馬車道の「KushiBa」へ。
階段を上った2階です。

 
BARですが昼間は洋食屋。室内はカウンターとテーブルがいくつかのこじんまりとした店で洋楽のムード音楽が静かに流れています。

 
照明はこんな感じ。

 
ランチメニューは以下。かんばんメニューのプレーンオムレツのオムライス(800円)を注文。

 
オムライスきました。スープとサラダがついています。


サラダのちょっと酸味があるドレッシングはとてもおいしいです。
オムライスのライスはチキンライスではなく、このお店オリジナルのデミグラスソースを使ったデミライス、これがとっても美味しいのです。
上に乗ったプレーンオムレツの卵は、外はふんわり中はとろっとろ。
美味しく頂きました。

帰りに階段を下りる時、こんな人形がご挨拶。

 
 
これまで訪れたお店については、カテゴリー「濱の洋食屋」で確認できます。
 
同じ写真をアルバム「「Yokohama 2017 No2」」(Google Photos)にも追加しました。今回8枚追加。
 
 
接客も丁寧で美味しい料理に満腹満足。
しーゆー。
 

「サロン卵と私」でスフレオムライス

横浜の洋食屋を訪ねてシリーズ72軒目は、青葉台の「サロン卵と私」へ。

 
室内は、テーブルとテーブルの間に高めのついたてがあり、JAZZが流れる落ち着いた雰囲気。


 
本が並んでいる絵が書いてある壁の照明はこんな感じ。

 
スフレオムライス(930円)を注文。
オムライス、来ました!

 
卵がふわふわ、この感触は初めての経験です。
チキンライスはきのこ入り。
ボリュームもあり、美味しく頂きました。
 
 
これまで訪れたお店については、カテゴリー「濱の洋食屋」で確認できます。
 
同じ写真をアルバム「「Yokohama 2017 No2」」(Google Photos)にも追加しました。今回5枚追加。
一部の写真にぼかしを入れています。
 
接客もよく、美味しい料理に満腹満足。
しーゆー。
 

「Soleil」でいのししのアカワイン煮込み

横浜の洋食屋を訪ねてシリーズ71軒目は、石川町の「Soleil」へ。

 
お目当ての「牛スネ肉の赤ワイン煮込み」は本日売りきれ(´・ω・`)

 
今日のランチメニューは以下。
どうしても赤ワイン煮込みにこだわったおとうさんは「いのししの赤ワイン煮込み」(980円)と生ビールを注文。
生ビールはランチタイムはモルツのグラスがなんと280円!

 
外から見ると店内は暗く感じましたが、中に入ってみると思っていたよりも明るい店内。
音楽が流れているのではなくテレビがついていたのはちょっと残念かも。

 
ベイスターズの選手の色紙やサインボールが飾ってあります。

 
カウンターの奥にはグラスがびっしり。

 
テーブル席の上の天井ライトはこんな感じ。

 
料理を待つ間にまず一杯♪

 
サラダがきました。野菜がしゃっきしゃきです。

 
スープがきました。かぼちゃのスープはとおってもおいしい!

 
いのししとライスが来ました。

 
いのししの肉はとってもやわらかで、ソースもとてもよくあい、美味し~~~~~~い!

 
食後のドリンクは以下から選択です。種類が多い。
アイスティーをお願いしました。

ドリンクにデザートもついてきました。

 
 
これまで訪れたお店については、カテゴリー「濱の洋食屋」で確認できます。

同じ写真をアルバム「Yokohama 2017」(Google Photos)にも追加しました。
ところが7枚追加したところで、Google Photosの1アルバムの写真枚数上限の2000枚に達してしまったので、アルバム「Yokohama 2017 No2」(Google Photos)を作成し、残り7枚を追加しました。
 
ビールの写真はブログ「そんな今宵もビールの用意だ」にも追加しました。
 
 
接客も感じがよく、美味しい料理に満腹満足!
しーゆー。
 

「黒髭」で煮込みハンバーグ

横浜の洋食屋を訪ねてシリーズ70軒目は、中華街の近くのレストラン&バー「黒髭」へ。

 
お店の前のメニューが楽しい。


 
店内はカウンターとテーブル席。洋楽のロックがかかっていますが、雰囲気は落ち着いた雰囲気。

 
入口付近にはこんな席も。

 
こんなライト、あんなライト、そして棚の上の帆船にも、、、



 
水のグラスも洒落ています。

 
煮込みハンバーグのセット(1000円)を注文。
サラダが出てきました。けっこうボリュームあります。

ちょっとピリ辛のドレッシングが美味しい。

料理でてきました。


 
スープはちょっと辛めのオニオンスープ。
トマトたっぷりのデミグラススープの中のハンバーグは肉がぎっしり詰まっていてスープとの相性も良くとっても美味しい。
 
デザートに飲み物が付いています。

デザートは冷たいプリンでした。
 
 
これまで訪れたお店については、カテゴリー「濱の洋食屋」で確認できます。
 
同じ写真をアルバム「Yokohama 2017」(Google Photos)にも追加しました。今回13枚追加。
 
1000円はちょっと高めだけど、サラダの量も多いし、デザートもついていたし、料理も美味しかったので十分満足です。
それに接客のおねえさんがと~ってもかわいくって笑顔が素敵でした。
しーゆー。
 

「コーヒーの大学院 ルミエール・ド・パリ」でハンバーグ

横浜の洋食屋を訪ねてシリーズ69軒目は、今回も洋食屋というよりは喫茶店ですが、関内の「コーヒーの大学院 ルミエール・ド・パリ」へ。

 
喫煙と禁煙で別室になっておりそれぞれに入口があり、それぞれの入り口にはなぜだか騎士の鎧。写真は禁煙の部屋の入口の騎士。なお、喫煙の部屋と禁煙の部屋は中からもいったん出て入る扉があります。

 
ランチメニュー。平日はライス・コーヒー付き1100円が休日は1300円(´・ω・`)

 
店内は昭和の喫茶店。妙にごちゃごちゃといろいろな飾りが置いてあったりします。

 
照明はこんな感じ。奥の壁の光る王冠たちは何だろう???

 
卓上の砂糖入れも金ピカ。

 
ハンバーグのランチ(1300円)を注文。
しばらく待って料理がきました!


 
ハンバーグは柔らかめ。ソースがちょっと甘い、いや甘すぎではないか。
でもなんだかんだ言いつつ美味しく頂きました。

食後にアイスコーヒー。コーヒーはとっても美味しいです。さすがはコーヒーの大学院。

 
 
これまで訪れたお店については、カテゴリー「濱の洋食屋」で確認できます。

同じ写真をアルバム「Yokohama 2017」(Google Photos)にも追加しました。今回9枚追加。
 
 
接客も丁寧で満腹満足。
ただ、禁煙の部屋にはイスの席とソファーの席があり、私はソファーの席に案内されたのですが、ソファーが沈み込むのでちょっと食べにくい。
昔の喫茶店ってどこもこんな感じだったっけなぁ。
しーゆー。
 

「CAFEコロボックル」でトマトハンバーグ

横浜の洋食屋を訪ねてシリーズ68軒目は、天王町の「CAFEコロボックル」へ。

 
洋食屋ではなくCAFEですが、お勧めのランチメニューのトマトハンバーグがとっても美味しそうです。

 
店内は落ち着いた雰囲気の喫茶店。

 
照明はこんな感じ。

 
ということで、トマトハンバーグのライス・味噌汁付きのセット(830円)を注文。
ハンバーグ、来ました!


 
お箸で頂くハンバーグは柔らかめですが、かけられたトマトたっぷりのソースとよく合います。
このトマトソースはご飯ともよく合います。
美味しく頂きました。
 
 
これまで訪れたお店については、カテゴリー「濱の洋食屋」で確認できます。

同じ写真をアルバム「Yokohama 2017」(Google Photos)にも追加しました。今回6枚追加。

接客も丁寧で感じのよいお店でした。
美味しい料理に満腹満足。
しーゆー。
 

「THE HOF BRAU」でスパピザ

昨日(4月30日)のお昼は横浜の洋食屋を訪ねてシリーズ67軒目、山下公園近くの「THE HOF BRAU」へ。
開店前から並びました。

並んでいない時はこんな感じ。

 
店内は船内をイメージした落ち着いた雰囲気。テーブル席とカウンター席があるのですが、1人だったのでカウンター席に案内されました。テーブル席とカウンター席の間は丸いまどのある壁で遮られています。カウンター席はBARのカウンター。

 
棚にはお酒の瓶意外にもいろいろなものが飾ってありました。

 
カウンターの端にはしゃれたスタンドも。

 
スパピザ クラッシックスタイル(1900円)を注文。
ここは1ドリンク制だということで、ハイネケン(700円)を。
その前の晩にワインを1人で1瓶空けちゃったので昨日は自粛の予定でしたが、1ドリンク制だと言われたら、仕方ないよね。
(実はソフトドリンクもOKです。)

 
アツアツのスパピザきました!

 
スパゲッティ(おそらくはミートソース?)にたっぷりのチーズを乗せて焼いたもの。
4種類のチーズが香ばしく、そしてボリューミー。
美味しくいただきました。

同じ写真をアルバム「Yokohama 2017」(Google Photos)にも追加しました。今回7枚追加。
ビールの写真はブログ「そんな今宵もビールの用意だ」にも追加しました。

  
 
これまで訪れたお店については、カテゴリー「濱の洋食屋」で確認できます。
 
 
美味しい料理に満腹満足。
しーゆー。
 
 

「晴れ晴れ」でハンバーグ

横浜の洋食屋を訪ねてシリーズ66軒目は、西横浜の「レストラン&バー 晴れ晴れ」へ。

 
店内は、厨房のまわりに1/4円の円形のカウンターの10席のみ。バーの作りですね。

 
今日のランチ定食のハンバーグ定食(950円)を注文。
ビールのカップに水。

 
料理が来ました。
刺身が付いてくる洋食屋は始めてかも。
わさびが効いたタレがかかっていて美味しいのです。
手前のカップはクリーミーなじゃがいもので、これまたアツアツで美味しいのです。
ご飯は多めです。


 
ハンバーグは見た目小さく感じますが、肉がしっかり詰まったハンバーグで意外とボリュームあります。
ぴりっと辛めのソースがこれまた美味しい!

最後にデザートがつきます。

 
一部の写真にぼかしを入れています。
同じ写真をアルバム「Yokohama 2017」(Google Photos)にも追加しました。今回6枚追加。
 
 
これまで訪れたお店については、カテゴリー「濱の洋食屋」で確認できます。
 
 
コックさん一人で対応ですが、対応も悪くなく、美味しい料理に満足満腹です。
しーゆー。
 

「マヤ」でオムライスプレート

横浜の洋食屋を訪ねてシリーズ65軒目は、相鉄線鶴ヶ峰駅から歩いて2分の「マヤ」へ。

 
店内は広く、ウエスタンな感じで、落ち着いた雰囲気。

 
厨房との間の壁の窓には洋酒の瓶がずらーり。

 
店の中央の照明。

 
ランチメニューの中のメニューではなく、「オッムライスプレート」(1200円)を注文。オムライスはケチャップとデミグラスを選択できるのですが、ケチャップを選択。
少し時間がかかりますがよろしいですか、ということなので、生ビールの中(550円)も注文。
料理を待つ間にまず一杯。

 
料理来ました。味噌汁がついています。


 
プレートにはオムライスとヒレカツ2切れとエビフライ1本にサラダ。
スプーンとお箸で食べます。
ヒレカツもエビフライも普通に美味しい。
そしてオムライスは味が濃い目でこれまた美味しい。
 
これまで訪れたお店については、カテゴリー「濱の洋食屋」で確認できます。

同じ写真をアルバム「Yokohama 2017」(Google Photos)にも追加しました。今回7枚追加。
ビールの写真はブログ「そんな今宵もビールの用意だ」にも追加しました。
 
接客も明るく元気で、料理も美味しく満足満腹!
しーゆー。