「シオダ」でポーク生姜焼き

横浜の洋食屋を訪ねてシリーズ156軒目は、瀬谷駅から歩いて15分くらいのところにある「シオダ」へ。


日替わりランチは曜日毎に異なるメニューです。


店内は竹を基調にしたテーブルとイス、そして緑が多く落ち着いた雰囲気。ピアノのクラッシック音楽が流れています。


照明はこんな感じ。


本日の日替わりランチ「ポーク生姜焼き」(918円)を注文。

すぐに暖かいコンソメスープが出てきます。


料理が来ました。

生姜焼きは極々普通の生姜焼き。
付け合わせがキャベツやもやしではないところが普通の生姜焼きと違うところか。
ボリュームもあります。
美味しく頂きました。

これまで訪れたお店については、カテゴリー「濱の洋食屋」で確認できます。
 
この記事は、Bloggerのブログ「濱の洋食屋」とW投稿です。
各写真をクリックすると拡大写真が表示されます。
 
同じ写真をアルバム「Yokohama 2019」(Google Photos)にも追加しました。今回7枚追加。

接客のおにいさんは物腰柔らかで、ゆっくり丁寧にお話されます。
厨房で調理されているのは女性。もしかしたらおかあさん?
美味しい料理に満腹満足!
しーゆー。

「ブラッセリーマルミット」でハンバーグ

横浜の洋食屋を訪ねてシリーズ155軒目は、蒔田の「ブラッセリーマルミット」へ。


今日のランチメニュー。


店内はカウンター席が手前に2席、奥に3席、5人がけのテーブルが4つ。
写真はまだ他のお客さんがいませんが、次々とお客さんが入ってきて結構賑やかに。
音楽もテレビもなしです。
昼間からビール飲んでる、常連と思しきご高齢のお姉さま方と給仕のお姉さんが楽しそうにお話されていました。


カウンターの角のランプ。


ランチのC「ハンバーグステーキイタリアン」(880円)を注文。

サラダと飲み物としてお願いしたアイスコーヒー。
飲み物は最初と食後の2杯。


ハンバーグ来ました。

お肉がギューっと詰まった固めのハンバーグ。
甘辛の特製ソース。
それとチーズ。
そしてチーズの下に隠れていたトマトソース。
美味しく頂きました。

食後にアイスコーヒーのおかわり。




これまで訪れたお店については、カテゴリー「濱の洋食屋」で確認できます。
 
この記事は、Bloggerのブログ「濱の洋食屋」とW投稿です。
各写真をクリックすると拡大写真が表示されます。
 
同じ写真をアルバム「Yokohama 2019」(Google Photos)にも追加しました。今回8枚追加。

接客も丁寧で美味しい料理に満腹満足。
しーゆー。

「SaLa」でオムライス

横浜の洋食屋を訪ねてシリーズ154軒目は、波止場会館の「SaLa」へ。


お店の入り口


本日のランチメニュー。


店内は広く大きなテーブルが並びます。壁にテレビ。


(金)(土)(日)限定というオムライス(700円)を注文。

オムライス来ました。味噌汁がついています。

デミグラスソースがかかったオムライスは、薄いたまごの中にチキンライスが入った極々普通のオムライスです。
美味しく頂きました。
ただ、味噌汁がついているのに箸がなく、スプーンとフォークのみというのはちょっと食べづらい・・・

食後にコーヒーがついてます。




これまで訪れたお店については、カテゴリー「濱の洋食屋」で確認できます。
 
この記事は、Bloggerのブログ「濱の洋食屋」とW投稿です。
各写真をクリックすると拡大写真が表示されます。
 
同じ写真をアルバム「Yokohama 2019」(Google Photos)にも追加しました。今回7枚追加。


接客も悪くなく、コストパフォーマンスも高く、美味しい料理に満腹満足。
今度500円のビーフカレーも食べてみたい。
しーゆー。

「テンドーレ」でオムシチュー

横浜の洋食屋を訪ねてシリーズ153軒目は、青葉台から10分ほど歩いたところにある「テンドーレ」へ。


ランチメニュー。


店内はテーブル席が6個のこじんまりとした店内。真ん中にグランドピアノがデデーンと構えています。
静かにクラッシック音楽が流れています。


このようなグラスのタワーがありました。


オムシチュー(1260円)を注文。

サラダが来ました。ドレッシングは別の容器で出てきます。


オムシチュー来ました。ランチョンマットの上にスプーンを置いてくれます。

ふわとろ卵のオムライスの上に柔らかお肉のビーフシチューがきれいに芸術的に盛り付けられています。
シチューは中のチキンライスともとてもよく合います。
美味しく頂きました。

私が食べ終わる頃、給仕のおねえさんが先ほどのグラスのタワーからグラスをひとつ取り出し奥へ。
そのグラスにアイスティーが入れられて出てきました。




これまで訪れたお店については、カテゴリー「濱の洋食屋」で確認できます。
 
この記事は、Bloggerのブログ「濱の洋食屋」とW投稿です。
各写真をクリックすると拡大写真が表示されます。
 
同じ写真をアルバム「Yokohama 2019」(Google Photos)にも追加しました。今回8枚追加。

なんとなく時間の流れがゆっくりに感じるような不思議な空間のお店です。
給仕のおねえさんは美人で笑顔がステキ。
接客も丁寧で美味しい料理に満腹満足。
しーゆー。

「ハーバーズ・ダイニング」で港のナポリタン

横浜の洋食屋を訪ねてシリーズ152軒目は、太田町通りの「ハーバーズ・ダイニング」へ。
TVKのビルの1階です。


ビルに入るとカナガワニがお出迎え。


入ってすぐのところが「ハーバーズ・ダイニング」です。
平日のみの営業のお店です。


店内は広く、天井が高く、開放感あふれた綺麗なレストラン。


すぐ隣のスタジオで生放送の撮影中だったので、ざわざわしています。


放送内容は壁のでっかなスクリーンに表示されています。


席に案内された後、注文をせっつかれます(^^;
そんなわけでメニューを写真に撮る暇もなく、、、港のナポリタン(900円)におかわり自由のフリードリンク&スープ&サラダ(250円)を注文しました。
ドリンク、スープ、サラダはこちらのフリーコーナーで。


取り急ぎ、サラダとスープを。今日のスープはたまごの味噌汁でした。ライスもおかわり自由のようです。


ナポリタン来ました。冷やっことデザートの小鉢がついています。

ぷりっぷりのこえびが入っています。
特製のソースは色も濃いですが味も濃いです。
飛び跳ね注意のソースです。
ボリューム多め。
美味しく頂きました。

これまで訪れたお店については、カテゴリー「濱の洋食屋」で確認できます。
 
この記事は、Bloggerのブログ「濱の洋食屋」とW投稿です。
各写真をクリックすると拡大写真が表示されます。
 
同じ写真をアルバム「Yokohama 2019」(Google Photos)にも追加しました。今回10枚追加。

注文をせっつかれたこと以外は接客は丁寧で、美味しい料理に満腹満足。
しーゆー。

「CABIN」でカニクリームコロッケと豚ロース生姜焼

横浜の洋食屋を訪ねてシリーズ151軒目は関内の「CABIN」へ。
横浜公園の向かいのこのビルの地下にあります。


地下へ降りる階段の手前にランチメニューの看板があります。


地下の飲食店街の奥にあります。


店内はカウンター席とテーブル席のこじんまりとしたお店。
写真では他のお客さんはいませんが、12時を過ぎると一気にお客さんが入って満席となり、外で待つ人も出てくるほどです。
静かにハワイアンミュージックが流れています。


ランチメニューの「A:カニクリームコロッケと豚ロース生姜焼」(900円)を注文。

すぐにスープが出てきます。

きのこのスープは胡椒多めで味が濃いスープです。

スープを飲み終わらないうちに、料理がきました。

付け合わせのサラダには細麵のスパサラダもついてます。
カニクリームコロッケと生姜焼きは、極々普通のカニクリームコロッケと生姜焼きです。
でもボリュームた~っぷり!
美味しく頂きました。

これまで訪れたお店については、カテゴリー「濱の洋食屋」で確認できます。
 
この記事は、Bloggerのブログ「濱の洋食屋」とW投稿です。
各写真をクリックすると拡大写真が表示されます。
 
同じ写真をアルバム「Yokohama 2019」(Google Photos)にも追加しました。今回7枚追加。

接客も丁寧で、美味しい料理に満腹満足。
しーゆー。

「カンファーツリー」でポークジンジャー

横浜の洋食屋を訪ねてシリーズ記念すべき150軒目は、海岸通りの「カンファーツリー」へ。


ランチメニュー。


こじんまりとした店内はカウンターとテーブル席。軽快なJAZZが流れています。


カウンターの向こうにはいろいろな者が陳列されていて独特な雰囲気。


反対側の壁にはギターがぶら下がっています。


ピアノもありました。写真には撮っていませんがギターアンプも積んでありました。
雑多な感じですが不思議と落ち着けます。


照明はこんな感じ。


ランチのポークジンジャー(1050円)を注文しました。

あまり待つことなく、料理が来ました。


肉は柔らかく、濃いめのソースはごはんが何杯も食べられそうです。
美味しく頂きました。

食後にアイスコーヒーを。
ミルクとシュガーシロップの容器がかわいい。



これまで訪れたお店については、カテゴリー「濱の洋食屋」で確認できます。
 
この記事は、Bloggerのブログ「濱の洋食屋」とW投稿です。
各写真をクリックすると拡大写真が表示されます。
 
同じ写真をアルバム「Yokohama 2019」(Google Photos)にも追加しました。今回10枚追加。


接客も悪くなく、美味しい料理に満腹満足。
しーゆー。

「都筑亭」でびっくりベーコンのナポリタン

横浜の洋食屋を訪ねてシリーズ149軒目は、センター北の「都筑亭」へ。
日本ナポリタン学会の認定1号店だそうです。


店内はテーブル席とカウンター席、こじんまりとしています。
壁にベイスターズのユニフォームが飾ってあります。
壁のテレビでは高校野球が放映中でした。


メニューはこちら。びっくりベーコンのナポリタン(1100円)を注文しました。


ナポリタン、来ました。ベーコン、でっかいです!

ナポリタンは太麵ではありませんがもちもちした麵です。
ベーコンは食べ応えあります。
美味しく頂きました。

これまで訪れたお店については、カテゴリー「濱の洋食屋」で確認できます。
 
この記事は、Bloggerのブログ「濱の洋食屋」とW投稿です。
各写真をクリックすると拡大写真が表示されます。
 
同じ写真をアルバム「Yokohama 2019」(Google Photos)にも追加しました。今回5枚追加。
 

ご主人も奥さんも時折テレビの野球の結果に「おおー」とか声をあげていましたが、
アットホームな接客はよく、おいしい料理に満腹満足。
しーゆー。

「ERCOLANO」で牛フィレ肉とオニオンのボリネシアン風

横浜の洋食屋を訪ねてシリーズ148軒目は、横浜西口の「ERCOLANO」へ。
ホテル横浜キャメロットジャパンの1階です。


ランチメニューはこちら。


今日の日替わりランチはこれ。


ホテルの入り口を入ってすぐ左手にお店の入り口。


店内は2人掛けの丸テーブルと四角いテーブル席。ホテルのレストランにしてはちょっと雑然とした雰囲気です。


日替わりランチ(1100円)を注文。

すぐにサラダとスープが来ました。スープはオニオンスープ。サラダにマカロニサラダが入っていたのは個人的にはうれしいところ。


しばらく待って料理が来ました。

このお肉、柔らかくて、独特の甘辛のソースとマッチしていてと~~~っても美味しい!

ところが、食事を終え、空になったお皿が下げられてから、デザートと飲み物が中々出てきません。
お皿を下げられてから約15分後にやっと、デザートと飲み物が来ました。
ちょうど次々と新しいお客さんが来て忙しかったのはわかりますが、15分はちょっと待たせすぎと思います。
ホテルのレストランがこれでいいのでしょうか!?
12時過ぎると入り口の前に待ち行列ができるほどの賑わいのお店です。そうであればなおのこと、お客さんが多くても対応できる体制を整えてほしいものです。

デザートは焙じ茶のプリンでした。飲み物はアイスティーのストレートを選んでいました。アイスティーはレモンティー。ミルクティー、ストレートティーのいずれかを選択できます。

美味しく頂きました。


これまで訪れたお店については、カテゴリー「濱の洋食屋」で確認できます。
 
この記事は、Bloggerのブログ「濱の洋食屋」とW投稿です。
各写真をクリックすると拡大写真が表示されます。
 
同じ写真をアルバム「Yokohama 2019」(Google Photos)にも追加しました。今回9枚追加。


美味しい料理に満腹満足、でも接客に問題あり、そんなERCOLANOでした。
しーゆー。

「FIGHTING COCK」でローストチキン

横浜の洋食屋を訪ねてシリーズ147軒目は、横浜西口の「FIGHTING COCK」へ。


店内はテーブル席とカウンター席、奥には個室もあります。天井が高い。HIP HOPな洋楽が流れています。


カウンター席の前には洋酒の瓶がずらり。


ローストチキンのお店と言うことで、ローストチキンランチセット(1300円)と生ビール(セット価格450円)を注文。

水のグラスにはワインの銘柄。


生ビールはハートランド。
料理を待つ間に♪


フライパンに入ったアツアツの料理が来ました!

スパイスの効いたローストチキンはボリュームたっぷり!
中は柔らかくてジューシィー。
美味しく頂きました。

これまで訪れたお店については、カテゴリー「濱の洋食屋」で確認できます。
 
この記事は、Bloggerのブログ「濱の洋食屋」とW投稿です。
各写真をクリックすると拡大写真が表示されます。
 
同じ写真をアルバム「Yokohama 2019」(Google Photos)にも追加しました。今回7枚追加。

ビールの写真はブログ「そんな今宵もビールの用意だ」にも追加しました。


給仕のおねえさんは美人で笑顔がステキ。
接客も丁寧でおいしい料理に満腹満足!
しーゆー。