「CABIN」でカニクリームコロッケと豚ロース生姜焼

横浜の洋食屋を訪ねてシリーズ151軒目は関内の「CABIN」へ。
横浜公園の向かいのこのビルの地下にあります。


地下へ降りる階段の手前にランチメニューの看板があります。


地下の飲食店街の奥にあります。


店内はカウンター席とテーブル席のこじんまりとしたお店。
写真では他のお客さんはいませんが、12時を過ぎると一気にお客さんが入って満席となり、外で待つ人も出てくるほどです。
静かにハワイアンミュージックが流れています。


ランチメニューの「A:カニクリームコロッケと豚ロース生姜焼」(900円)を注文。

すぐにスープが出てきます。

きのこのスープは胡椒多めで味が濃いスープです。

スープを飲み終わらないうちに、料理がきました。

付け合わせのサラダには細麵のスパサラダもついてます。
カニクリームコロッケと生姜焼きは、極々普通のカニクリームコロッケと生姜焼きです。
でもボリュームた~っぷり!
美味しく頂きました。

これまで訪れたお店については、カテゴリー「濱の洋食屋」で確認できます。
 
この記事は、Bloggerのブログ「濱の洋食屋」とW投稿です。
各写真をクリックすると拡大写真が表示されます。
 
同じ写真をアルバム「Yokohama 2019」(Google Photos)にも追加しました。今回7枚追加。

接客も丁寧で、美味しい料理に満腹満足。
しーゆー。

「カンファーツリー」でポークジンジャー

横浜の洋食屋を訪ねてシリーズ記念すべき150軒目は、海岸通りの「カンファーツリー」へ。


ランチメニュー。


こじんまりとした店内はカウンターとテーブル席。軽快なJAZZが流れています。


カウンターの向こうにはいろいろな者が陳列されていて独特な雰囲気。


反対側の壁にはギターがぶら下がっています。


ピアノもありました。写真には撮っていませんがギターアンプも積んでありました。
雑多な感じですが不思議と落ち着けます。


照明はこんな感じ。


ランチのポークジンジャー(1050円)を注文しました。

あまり待つことなく、料理が来ました。


肉は柔らかく、濃いめのソースはごはんが何杯も食べられそうです。
美味しく頂きました。

食後にアイスコーヒーを。
ミルクとシュガーシロップの容器がかわいい。



これまで訪れたお店については、カテゴリー「濱の洋食屋」で確認できます。
 
この記事は、Bloggerのブログ「濱の洋食屋」とW投稿です。
各写真をクリックすると拡大写真が表示されます。
 
同じ写真をアルバム「Yokohama 2019」(Google Photos)にも追加しました。今回10枚追加。


接客も悪くなく、美味しい料理に満腹満足。
しーゆー。

「都筑亭」でびっくりベーコンのナポリタン

横浜の洋食屋を訪ねてシリーズ149軒目は、センター北の「都筑亭」へ。
日本ナポリタン学会の認定1号店だそうです。


店内はテーブル席とカウンター席、こじんまりとしています。
壁にベイスターズのユニフォームが飾ってあります。
壁のテレビでは高校野球が放映中でした。


メニューはこちら。びっくりベーコンのナポリタン(1100円)を注文しました。


ナポリタン、来ました。ベーコン、でっかいです!

ナポリタンは太麵ではありませんがもちもちした麵です。
ベーコンは食べ応えあります。
美味しく頂きました。

これまで訪れたお店については、カテゴリー「濱の洋食屋」で確認できます。
 
この記事は、Bloggerのブログ「濱の洋食屋」とW投稿です。
各写真をクリックすると拡大写真が表示されます。
 
同じ写真をアルバム「Yokohama 2019」(Google Photos)にも追加しました。今回5枚追加。
 

ご主人も奥さんも時折テレビの野球の結果に「おおー」とか声をあげていましたが、
アットホームな接客はよく、おいしい料理に満腹満足。
しーゆー。

「ERCOLANO」で牛フィレ肉とオニオンのボリネシアン風

横浜の洋食屋を訪ねてシリーズ148軒目は、横浜西口の「ERCOLANO」へ。
ホテル横浜キャメロットジャパンの1階です。


ランチメニューはこちら。


今日の日替わりランチはこれ。


ホテルの入り口を入ってすぐ左手にお店の入り口。


店内は2人掛けの丸テーブルと四角いテーブル席。ホテルのレストランにしてはちょっと雑然とした雰囲気です。


日替わりランチ(1100円)を注文。

すぐにサラダとスープが来ました。スープはオニオンスープ。サラダにマカロニサラダが入っていたのは個人的にはうれしいところ。


しばらく待って料理が来ました。

このお肉、柔らかくて、独特の甘辛のソースとマッチしていてと~~~っても美味しい!

ところが、食事を終え、空になったお皿が下げられてから、デザートと飲み物が中々出てきません。
お皿を下げられてから約15分後にやっと、デザートと飲み物が来ました。
ちょうど次々と新しいお客さんが来て忙しかったのはわかりますが、15分はちょっと待たせすぎと思います。
ホテルのレストランがこれでいいのでしょうか!?
12時過ぎると入り口の前に待ち行列ができるほどの賑わいのお店です。そうであればなおのこと、お客さんが多くても対応できる体制を整えてほしいものです。

デザートは焙じ茶のプリンでした。飲み物はアイスティーのストレートを選んでいました。アイスティーはレモンティー。ミルクティー、ストレートティーのいずれかを選択できます。

美味しく頂きました。


これまで訪れたお店については、カテゴリー「濱の洋食屋」で確認できます。
 
この記事は、Bloggerのブログ「濱の洋食屋」とW投稿です。
各写真をクリックすると拡大写真が表示されます。
 
同じ写真をアルバム「Yokohama 2019」(Google Photos)にも追加しました。今回9枚追加。


美味しい料理に満腹満足、でも接客に問題あり、そんなERCOLANOでした。
しーゆー。

「FIGHTING COCK」でローストチキン

横浜の洋食屋を訪ねてシリーズ147軒目は、横浜西口の「FIGHTING COCK」へ。


店内はテーブル席とカウンター席、奥には個室もあります。天井が高い。HIP HOPな洋楽が流れています。


カウンター席の前には洋酒の瓶がずらり。


ローストチキンのお店と言うことで、ローストチキンランチセット(1300円)と生ビール(セット価格450円)を注文。

水のグラスにはワインの銘柄。


生ビールはハートランド。
料理を待つ間に♪


フライパンに入ったアツアツの料理が来ました!

スパイスの効いたローストチキンはボリュームたっぷり!
中は柔らかくてジューシィー。
美味しく頂きました。

これまで訪れたお店については、カテゴリー「濱の洋食屋」で確認できます。
 
この記事は、Bloggerのブログ「濱の洋食屋」とW投稿です。
各写真をクリックすると拡大写真が表示されます。
 
同じ写真をアルバム「Yokohama 2019」(Google Photos)にも追加しました。今回7枚追加。

ビールの写真はブログ「そんな今宵もビールの用意だ」にも追加しました。


給仕のおねえさんは美人で笑顔がステキ。
接客も丁寧でおいしい料理に満腹満足!
しーゆー。

「BIB HOUSE」でステーキ

横浜の洋食屋を訪ねてシリーズ146軒目は、青葉台の「BIB HOUSE」へ。


このオレンジ柄の牛さんが目印です。


本日のランチメニューと本日のプレートランチ。


店内はカウンターと2席のテーブル席が2つのこじんまりしたお店。
と思いきや、あとで支払いのときにわかりましたが、奥にもう一部屋、大きなテーブル席がいくつもならぶ広い部屋がありました。
壁もオレンジ!
洋楽が流れています。


ビブハウスランチ(牧草牛ロースステーキ)1080円を注文。

まずスープが出てきました。ちょっと味が濃い玉ねぎのスープ、とても美味しいスープでした。


料理が来ました。

分厚いステーキの上にオレンジが乗っています。
これが不思議なくらいにお肉と合うんです!
ボリュームたっぷり。
美味しく頂きました。

爪楊枝の先にミントが縫ってあります。この爪楊枝のお店、久しぶり。


食後にアイスコーヒー。




これまで訪れたお店については、カテゴリー「濱の洋食屋」で確認できます。
 
この記事は、Bloggerのブログ「濱の洋食屋」とW投稿です。
各写真をクリックすると拡大写真が表示されます。
 
同じ写真をアルバム「Yokohama 2019」(Google Photos)にも追加しました。今回10枚追加。

給仕のおねえさんは笑顔がステキな美人。
接客も丁寧で美味しい料理に満腹満足。
しーゆー。

「Bistroブルドッグ」で鶏ももくわ焼丼

横浜の洋食屋を訪ねてシリーズ145軒目は星川の「Bistroブルドッグ」へ。


今日のランチメニュー。


店内はカウンター席と6人席のテーブル席が1個、2人席のテーブル席が2個のこじんまりとしたお店。洋楽ロックが流れています。


鶏ももくわ焼丼(750円)を注文。

料理が来ました。

鶏肉がやわらかくてジューシー。
独特のタレがご飯とも合います。
そのまま食べても美味しいけど、料理と共にテーブルにおかれた七味トウガラシを振りかけて食べると、甘辛くなってこれが超美味しい!


これまで訪れたお店については、カテゴリー「濱の洋食屋」で確認できます。
 
この記事は、Bloggerのブログ「濱の洋食屋」とW投稿です。
各写真をクリックすると拡大写真が表示されます。
 
同じ写真をアルバム「Yokohama 2019」(Google Photos)にも追加しました。今回4枚追加。

接客も丁寧で美味しい料理に満腹満足。
しーゆー。

「雷電」でハンバーグ&サイコロステーキ

横浜の洋食屋を訪ねてシリーズ144軒目は、綱島の「雷電」へ。
お店の前に看板がいっぱい・・


本日の日替わりメニュー。
左のエントリーメニューとは横浜の「ガチハンバーグ!」にエントリーしているメニューとのこと。


店内はテーブル席が3つのこじんまりとした店内。


今日のコンビメニューのハンバーグ+サイコロステーキ1/5を注文。
ハンバーグは1/2と3/1のサイズがあるということで1/2を注文しました。(1980円)

ポットとカップが運ばれてきて麦茶はセルフですとのこと。


ジュージュー音を立てて料理が来ました。


ハンバーグを一口、ステーキを一口食べたころ、ライスとみそ汁が来ました。

ハンバーグは柔らかいけれど、肉肉しています。肉にナイショのつなぎをまぜてこねていますと書いてありましたが、とにかく柔らかいのに肉を感じるハンバーグです。
サイコロステーキは、とーーーーっても美味しい赤肉でした。
肉を食べる幸せを感じました。
次はステーキメインのメニューにしたいと思った逸品でした。

JK割なるものがあるようです。しかし、女子高生のみで連れだって入るにはちょっとお値段が高いのでは・・・


怪しいルートで手に入れた少年ジャンプをフライングで買えるそうです。




これまで訪れたお店については、カテゴリー「濱の洋食屋」で確認できます。
 
この記事は、Bloggerのブログ「濱の洋食屋」とW投稿です。
各写真をクリックすると拡大写真が表示されます。
 
同じ写真をアルバム「Yokohama 2019」(Google Photos)にも追加しました。今回9枚追加。

ナイショのつなぎとか怪しいルートとかいろいろ謎もあるお店です。
おじさんが一人で調理も給仕もしているお店ですが、接客も丁寧で、美味しい料理に満腹満足。
しーゆー。

「SCANDIA GARDEN」でハンバーグ

横浜の洋食屋を訪ねてシリーズ143軒目は、海岸通りの「SCANDIA GARDEN」へ。
なお、2階の「SCANDIA」はコース料理の高級レストランです。


店内は落ち着いた雰囲気、テーブル席とカウンター席があります。


カウンター席の照明。


壁際の照明。


ランチメニュー。ハンバーグステーキデンマーク風(1400円)を注文。


ハンバーグ来ました。

ハンバーグは柔らかめの普通のハンバーグ。
デミグラスソースもごくごく普通のソース。
上に独特の食感のなにかよくわからないものが乗っているところがデンマーク風なのかしら?
ライスではなくピラフですが味は薄めでほとんど白ご飯に近いです。
美味しく頂きました。

食後にコーヒー頂きました。
ドリンクはコヒーまたは紅茶、冷たい飲み物はウーロン茶のみで、アイスコーヒーやアイスティーはありません。



これまで訪れたお店については、カテゴリー「濱の洋食屋」で確認できます。
 
この記事は、Bloggerのブログ「濱の洋食屋」とW投稿です。
各写真をクリックすると拡大写真が表示されます。
 
同じ写真をアルバム「Yokohama 2019」(Google Photos)にも追加しました。今回9枚追加。

接客も丁寧で、美味しい料理に満腹満足。
しーゆー。

「FESTA di Carina」で鶏肉の赤ワイン煮

横浜の洋食屋を訪ねてシリーズ142軒目は、万国橋通りの「FESTA di Carina」へ。ビルの2階です。
扉に「ROSSO」と書いてあったので一瞬違う店かと。。。

今日は特別ランチ。

店内は広く、テーブル席のみ。真ん中に広い空間があいています。
洋楽が流れています。

ランチセット-A(1850円税別)のお肉料理を注文しました。

パン、サラダ、スープ、ソフトドリンクはこちらで自由に取り放題です。野菜多めのコンソメスープは身体に浸みる感じです。

メイン料理が来ました。

柔らかな鳥肉。
独特のソースをからめ、美味しく頂きました。


これまで訪れたお店については、カテゴリー「濱の洋食屋」で確認できます。
 
この記事は、Bloggerのブログ「濱の洋食屋」とW投稿です。
各写真をクリックすると拡大写真が表示されます。
 
同じ写真をアルバム「Yokohama 2019」(Google Photos)にも追加しました。今回5枚追加。

接客も丁寧で美味しい料理に満腹満足。
しーゆー。