やべっちFCが放送終了?

東スポの記事なので、まだ真偽のほどはさだかではありませんが、サッカー情報番組「やべっちFC」が8月で放送打ち切りといううわさが流れています。

~ 関連ニュース ~
スクープ! ナイナイ矢部の「やべっちF.C.」終了へ 東京五輪延期が引き金(東スポWeb) – Yahoo!ニュース ( 魚拓 )

テレビ局関係者の話。

「近年は番組がマンネリ化して、打ち切りの〝イエローカード〟が出ていて存続が怪しかった。でも、今夏予定だった東京五輪のU―23を集中的に取り上げ、番組を盛り返そうとしていたんです。その矢先、新型コロナ禍で東京五輪が延期され、〝ここが潮時〟と判断されたようです」



来年から「デジっち」がなくなってしまうというのは、とってもとってもとーーーっても残念なんだが・・・
しーゆー。

女子プロサッカーリーグ「WEリーグ」2021秋開幕

とうふです。
女子プロサッカーリーグ「WEリーグ」が創設され、2021秋に開幕とのことです。

~ 関連ニュース ~
日本初の女子プロサッカーリーグが2021年秋開幕 名称は『WEリーグ』に決定!|JFA|公益財団法人日本サッカー協会

日本サッカー協会(JFA)は本日(6月3日)、オンライン記者発表会を開催し、2021年秋に開幕する日本初の女子プロサッカーリーグの名称とロゴ、リーグの理念、ビジョン、大会方式を発表しました。
新リーグの名称は、「WEリーグ(Women Empowerment League)」。「女子サッカー・スポーツを通じて、夢や生き方の多様性にあふれ、一人ひとりが輝く社会の実現・発展に貢献する」ことを理念としており、この名称にはWEリーグの誕生によってこれまでなかった“女子プロサッカー選手”という職業が確立され、リーグを核に関わるわたしたちみんな(WE)が主人公として活躍する社会を目指す、という思いが込められています。
WEリーグは、これまで30年以上にわたって日本の女子サッカーをけん引してきた日本女子サッカーリーグ(なでしこリーグ)の上位に位置する、日本女子サッカー最高峰のリーグで、参加クラブは6~10チームを予定しており、今年秋に発表する予定です。リーグは2021年秋に開幕し、ホーム&アウェイ方式による総当りリーグ戦で順位を決定します。
WEリーグは、クラブ、選手、ファンサポーター、パートナーらとみんな(WE)で創り上げていくリーグを目指していきます。



ということで、WEリーグ創設を記念して、ミッシャ風になってみたとです。
えっ、その絵はミッシャ風とは言えない?
しーゆー。

フジゼロックススーパーカップ2020

とうふです。
昨年のJ1リーグチャンピオンの横浜Fマリノスと天皇杯優勝のヴィッセル神戸が対戦したフジゼロックススーパーカップ2020は、3-3の引き分けでPK戦へ。
横浜Fマリノス、ヴィッセル神戸、ともに2人づつ成功した後、なんと9人連続でPK失敗という珍現象!
ヴィッセル神戸の7人目が成功したことでヴィッセル神戸が初優勝!
おめでとうございます。

それにしても・・・

~ 関連動画 ~
《PK戦ノーカット》ゼロックススーパーカップPK戦 – YouTube



来年はぜったいぜったいフロンターレが出るのだ!
そして勝つのだ!
しーゆー。

アジア選手権U-23日本グループステージ敗退

とうふです。
サッカーアジア選手権大会のグループステージ第2戦、U-23日本代表はU-23シリア代表と対戦し、2-1で負けてしもうたとです。
第1戦のU-23サウジアラビアとの対戦も負けていた日本はこれで、あと1試合残した段階でグループステージ敗退が決定してしまったとです。
オリンピックの予選も兼ねていた大会なので、本来ならばこれで日本はオリンピックに出場できないところでしたが、開催国枠でかろうじて出場できるとです。
史上最強のU-23とか、オリンピックで金メダルとかほざいていたマスコミですが、一体あの前評判は何をみて騒いでいたのか、、、
アジアの中でも勝てないとなると、オリンピックで勝ち上がるのはかなり厳しかです。
しかし早いうちに問題を出すことができたと考え、なんとかオリンピックまでに立て直してほしかです。
がんばれニッポン!
しーゆー。

U-22日本代表、ジャマイカに9-0で勝利!

とうふです。
日本代表のU-22はジャマイカ代表のU-22と対戦、9-0で勝利したとです。
前半、川崎フロンターレへの加入が決まっている旗手怜央くんの2得点などで計5得点。
後半、川崎フロンターレへの加入が決まっている三笘薫くんの1得点などで計4得点。
\(^O^)/

来季の川崎フロンターレでも、そして東京オリンピックでも、旗手怜央くん、三笘薫くんの活躍に期待です。

Googleフォトのアルバム「Go! Go! Frontale! 2019」にも絵を追加しました。
しーゆー。

E-1選手権女子 日本優勝!

とうふです。
サッカーE-1選手権女子決勝、日本は韓国と対戦し、相手DFのハンドで得たPKを籾木結花選手が決め、1-0で勝利し、優勝です!
\(^O^)/
おめでとうございます。

優勝を記念して久しぶりにミュシャ風になってみました。
えっ、これはミュシャ風とは言えないって?
しーゆー。

E―1選手権 日本、香港に5-0で勝利

とうふです。
サッカーEAFF E-1 サッカー選手権 2019で日本代表は香港と対戦、5-0で勝利したとです。
J2水戸ホーリーホックの小川が日本代表初出場でハットトリック!

しかしそれ以上にうれしいのは川崎フロンターレから出場の大島と田中碧の活躍です。

~ 関連ニュース ~
【日本代表採点表】最高点はハットの小川の7.5点、精度の高いパス出した大島は7.0点 ( 魚拓 )

小川航基7・5
鮮やか右足ミドルなど初出場ハット
大島僚太7・0
精度の高い長短のパスで試合を支配
田中碧6・0
相手速攻を止めるなど中盤を支える



いまや大島と碧のボランチコンビは日本最強のボランチです!
まだまだE-1選手権は続きます。
大島と碧の活躍で優勝だ!
がんばれニッポン!

でも、大島も碧もとにかくケガをしないで戻ってきて欲しい。
そして来年は大島と碧の活躍でフロンターレがJ1リーグもルヴァンカップも天皇杯も優勝だ!
しーゆー。

Jリーグアウォーズは誰のためにある?

今年活躍した選手たちよりも、ゲストや司会者の話が優先されるなんて、Jリーグアウォーズはどうしてこんなことになってしまったんだろう???
会場のファンも映像を見ている人たちも、みんな選手の言葉を聞きたくて、そして今年活躍した選手たちを称えたくてその場にいるのであって、おそらくだれ一人として、芸人の話なんか聞きたいとは思っていなかったと思います。
来年はまた、昨年までのようなJリーグアウォーズに戻ってくれることを期待してます。

J2最終節でレイソル13得点!

とうふです。
昨日行われたJ2リーグの最終節の柏レイソルvs京都サンガで、なんと柏レイソルが13得点で、Jリーグ記録を更新!
そのうち8得点をオルンガ雅「決め、これもJリーグ記録を更新!
すごいです。

京都サンガも他会場の状況によっては勝てばJ1リーグ昇格のためのプレーオフ進出の可能性があったわけで、逆に柏レイソルは前節で優勝を決めていたので、どちらかといえば、勝ちたい気持ちは京都サンガの方が上だったと思うのですが、勝ち負けを気にせず自由に楽しくプレーできた柏レイソルにいいようにやられてしまったという感じでしょうか。
最後まで容赦なかった柏レイソルという感じですが、職場にいる柏レイソルファンの方に聞いたところでは、前半4点とったところでだれてしまったようです。たしかにそこで1失点しています。
しかし、おそらくハーフタイム中にかつが入ったようで、後半は見違えるようにまた怒涛の攻撃するようになったとのことでした。

この強い柏レイソルが来シーズンJ1に戻ってきます。
でも、川崎フロンターレは負けませんよ!
しーゆー。

カズと俊輔がJ1に戻ってくる!

とうふです。
サッカーJ2リーグで横浜FCが2位となり、来シーズンのJ1リーグ昇格が決定しました。
おめでとうございます。
というわけで、カズと俊輔がJ1に戻ってきます。
13年前に横浜FCが1年だけJ1だったときはカズもまだ30代でした。
そんなカズも今52歳、来年は53歳。
試合に出れば、中山が持つJ1最年長出場記録を大幅に更新です。
ゴールを決めれば、ジーコが持つJ1最年長ゴール記録をこれも大幅に更新です。
ワクワクします。
でもゴールは川崎フロンターレ戦以外でお願いしますね。
しーゆー。