アラフォー男子の憂鬱

アラフォー男子の憂鬱 (日経プレミアシリーズ)
常見 陽平 おおたとしまさ
日本経済新聞出版社
売り上げランキング: 64,133

現在アラフォーの男性4人、団塊ウニアなどと呼ばれている彼らが、自分たちの世代が生きてきた時代、環境について、言いたいことを言っています。
教育に関してはかなりいいことを言っています。
なんだかんだいいつつも、彼らには人数が多いという強みがあります。
近い将来、彼らが主流の時代がやってくることでしょう。
団塊世代と彼ら団塊ジュニア世代に挟まれた私たちには、こんな世代論さえ語られることがないさびしさが・・・

だけど、、、40代が自分のことを「男子」と言うなよ!

~ もくじ ~

はじめに
第1章 僕たちはなぜガンダムが好きなのか 早水健朗
第2章 バンドブームと僕たちのキャリア 常見陽平
第3章 アラフォー世代は「後追いブーム」世代である
     -アラフォー男子の憂欝な座談会 Part1
第4章 デジタルネイティブの憂鬱 赤木智弘
第5章 初代「ゆとり世代」としてのアラフォー おおたとしまさ
第6章 社会の実験台であり続けた、端境期の僕たち
     -アラフォー男子の憂欝な座談会 Part2
おわりに

~ なるほどな一文 ~ (リンクはInBookの該当セリフのページ)

しかし、その果実を程よく受け取るのは、ある程度その文化が浸透した後に入ってくる人たちだ。だいたい、ゲームもパソコンも僕たちはある主の「オタク」としてそれを扱うのだけど、その時点ではとても怪訝な顔で見られる。しかし、文化としてそれが浸透して当たり前になると、それが「流行の最先端」に変化してくる。「流行の最先端」というのは、決してその技術や分野自体の最先端ではなく、世間に認知されて受け容れられた時点での最先端なわけだ。(P159)

~ もう一つなるほどな一文 ~ (リンクはInBookの該当セリフのページ)

そもそも「人材育成」と「教育」は似て非なるものである。食材にしても木材にしても、「材」と呼ばれた時点で死んでいる。生きていた魚をさばいて切り身にしたものは食材と呼ばれる。「食べるため」という目的に合致する形に整えられたものが食材だ。期を伐採して、余計な枝葉を切り落とし、ちょうど柱として使えるような長さ太さに削ったものを木材と呼ぶ。たとえば「建物の柱にするため」という目的に合致する形に整えられたものが木材だ。同様に「人材」というとき、何らかの組織の歯車として昨日するという目的のために整えられた人のことを指すことになる。(P175)

 
 
これで、、、2007年07月13日以降(2416日)、、、
読んだ本   506冊 (1日平均0.21冊)
読んだページ 117217ページ(1日平均48ページ)

book20140220
atasintiさんの読書メーター

母という病

(017)母という病 (ポプラ新書)
岡田 尊司
ポプラ社
売り上げランキング: 154

「母という病」というタイトルを見たとき、母親でいることに疲れ、育児うつになったおかあさんの話かと思いましたが、まったく反対の話でした。
母親に愛されなかったことで普通に生きられなくなってしまった人、あるいは逆に母親が過剰に支配することで母親の存在そのものが病の原因になってしまった人、そんな人たちのお話。
発症は大人になってからのケースもある、むしろその場合は重症、、、
うーん、共働きで1歳から保育園通いだったうちの子らは大丈夫だろうか・・・

~ もくじ ~

序章 母親という十字架に苦しんでいる人へ
第1章 「母という病」に苦しむ人たち
第2章 生きづらさの根っこには
第3章 残された傷痕
第4章 不安定な母親に振り回されて
第5章 自分しか愛せない母親とその人形たち
第6章 生真面目な母親の落とし穴
第7章 「母という病」を克服する
おわりに

~ なるほどな一文 ~ (リンクはInBookの該当セリフのページ)

大事なのは、百点を求めないこと。百点を求めていたら、九十九点でも不幸になってしまう。それは、人を不幸にする考え方だ。
では、どうしたらいいのだろう。答えは、百点ではなく五十点で満足するということだ。百点が一番いいのではない。五十点くらいが、人間らしくて一番いいと、発想を切り替えることだ。五十点で満足できると、人生はずっと楽になる。六十点だったら、上出来だと思おう。百点なんて、不自然だ。(P281)

 
 
これで、、、2007年07月13日以降(2402日)、、、
読んだ本   502冊 (1日平均0.21冊)
読んだページ 116171ページ(1日平均48ページ)

book20140207
atasintiさんの読書メーター

女子校という選択

女子校という選択 (日経プレミアシリーズ)
おおた としまさ
日本経済新聞出版社
売り上げランキング: 129,067

「女子校」という言葉からイメージされる学校と実際の女子校はかなり違う、ということは、娘を女子校に通わせていることでわかっておりました。
「女子校」のメリットとデメリット。この本を読んで、女子校には考えていた以上のメリットがあることがわかり、なんとなくほっとしたおとうさんです。
もっともメリットが大きいのは、共学だけど男女別学の東光学園のような学校?

私の場合は男女比が3:1くらいの高校で、10クラス中4クラスが男子クラス。私自身は高1のときは男女クラスでしたが、高2・高3は男子クラスでした。ということは、共学だけど別学の経験者ってこと?確かに男子クラスは女子の目を気にしないでバカをやれる楽しさがあったよな。。。

ちなみに息子が通っていた中学・高校も男女比が3:1くらいでしたが、男子クラスなどはなく、40人のクラスの中で約30人が男子、約10人が女子という構成でした。でも、学校にいくと、とてもそんな男女比とは思えないほど、女子が元気でした。もしかしたら、中高生くらいの年齢の場合、あれくらいの男女比がちょうど釣り合うのかもしれないなぁ。。。

なお、娘は現在、楽しくてたまらないというくらい高校生活を満喫しております。

~ もくじ ~

はじめに
第一章 減っていく女子校
第二章 女子校だからこそできる教育
第三章 女子校育ちという特性
第四章 人気女子進学校の素顔
第五章 大学系・公立・通信制の個性派女子校
第六章 才能も美しさも女子校で磨いた
第七章 女子校で21世紀をつくる女性になる
おわりに
参考文献

~ なるほどな一文 ~ (リンクはInBookの該当セリフのページ)

学校は社会に出るための準備をする場所ではある。しかし本来、学校がそのまま社会の縮図になってしまってはいけないのだ。学校には常に、現状の社会に対する批判的視点がなければならない。そうでなければ社会は変わらない。(P27)

~ もう一つなるほどな一文 ~ (リンクはInBookの該当セリフのページ)

伝統とは外に向かって誇るものではないと思うのです。自己満足でいいのかもしれない。受け継ぎたいと思っている人が、静かに受け継いでいけばいい。受け継ぎたいという「願い」が継承されることが伝統なのじゃないかと思います。(P220)

 
 
これで、、、2007年07月13日以降(23504日)、、、
読んだ本   493冊 (1日平均0.21冊)
読んだページ 113941ページ(1日平均48ページ)

book20131219
atasintiさんの読書メーター

大学のウソ

大学のウソ  偏差値60以上の大学はいらない (角川oneテーマ21)
山内 太地
角川書店
売り上げランキング: 3,409

東大や早慶に行くぐらいならアメリカのエリート大学へ留学した方がよいというお話。
またフィリピンなどアジアの大学も力をつけており、日本の大学が抜かれるのも時間の問題、いやすでに負けているかもしれない。
日本の大学は、知識をつけるだけで、自分で考え実行する力を身につけることを学べない。
ただし中堅どころの大学は、就職に必要な技を身につける役割の学校という意味では完成体に近い。

なかなか手厳しいが、それが真実なのであり、そのことを認識して、今すぐにでも変えていかないと、日本は貧しくなっていく一方・・・
政府がやろうとしている大学改革なんかに任せていたら間に合わない・・・

そもそも、大学3年生から就職活動を行なわないといけないという状況をなんとかしないと、大学が大学でなくなっている・・・

~ もくじ ~

まえがき
序 章 なぜ偏差値60以上の大学がいらないのか?
第1章 日本のエリート大学と米国のエリート大学
第2章 アジアに負ける日本の大学
第3章 世界で学ぶ日本人学生たち
第4章 勝ち残る日本の大学生
第5章 日本の大学のウソに我々はどう立ち向かうのか
第6章 日本の大学はどう変わるべきか
あとがき
参考文献

~ なるほどな一文 ~ (リンクはInBookの該当セリフのページ)

日本の名門大学は、豊かな国内市場と、ガラパゴス敵に国内だけで高い評価に安住し、本当に厳しい世界間競争に、今、この瞬間も接することなく、滅亡への道を歩んでいるように思えます。それに対し企業は、大学教育のあり方に苦言を呈していますが、その企業ですら、世界のスピード感覚についていけない老醜をさらしているところが少なくありません。(P98)

~ もう一つなるほどな一文 ~ (リンクはInBookの該当セリフのページ)

それぞれの大学に応じた教育や研究、地域貢献の姿があるはずで、そろそろお上、文部科学省や経済産業省や経済団体や企業に言われて、彼らからの要望を聴いて、資金をあてにして、言われたことをやる改革をするのではなく、大学こそが、「自分の頭で考える」必要があるのではないでしょうか。
学生たちにそれを要求するのならば。(P209)

 
 
これで、、、2007年07月13日以降(2316日)、、、
読んだ本   482冊 (1日平均0.21冊)
読んだページ 111560ページ(1日平均48ページ)

book20131114
atasintiさんの読書メーター

日本人には二種類いる

日本人には二種類いる: 1960年の断層 (新潮新書)
岩村 暢子
新潮社
売り上げランキング: 3,079

日本人は1960年生まれ以降の「60年型」と1959年以前生まれの「旧型」の二種類に分かれるという説。
1958年が境でも1963年が境でもみんな1960年生まれからかわったことになってます。
かなり強引、というかこじつけに近いです。

この本を読めば読むほど、どちらかというと、1960年以降に生まれたかどうかというよりも、1932年生まれ以降に生まれた親に育てられたかどうかによって分かれるのではないかという気がします。

おなじように、「70年型」とか「80年型」とか「2000年型」とか「2001年型」とか、こじつけようと思えばいくらでも本が書けそうです。

もくじは省略

~ なるほどな一文 ~ (リンクはInBookの該当セリフのページ)

そしてテレビは、少し前まで歴然としてあった地域格差や家庭の違いを飛び越えるように子供たちが共有するものを拡大したが、一方では同質化に拍軍をかけ、教室では「昨日のテレビを見ていないと友達の話にも入れない」新たな現象も生み出し始める。(P91)

~ なるほどな一文 ~ (リンクはInBookの該当セリフのページ)

女の子の憧れが、いつか「お母さん」になって「お家で赤ちゃんのお世話をすること」ではなく、早く「お姉さん」になって「いろいろな服や小物でおしゃれをして外にお出掛けすること」に変わってきたのだ。(P102)

 
 
これで、、、2007年07月13日以降(2299日)、、、
読んだ本   477冊 (1日平均0.21冊)
読んだページ 110211ページ(1日平均47ページ)

book20131027
atasintiさんの読書メーター

先生!

先生! (岩波新書)
先生! (岩波新書)

posted with amazlet at 13.10.16
岩波書店
売り上げランキング: 63,281

素晴らしい先生が何人も登場。
日本の教育もまだまだいける?
教育の問題は先生が問題ではないということがよくわかる。

もくじは省略

~ なるほどな一文 ~ (リンクはInBookの該当セリフのページ)

俺は、ものを作るときは図面は引かない。図面を引くと図面にしばられる。図面が正しいわけではなくて、俺が作っているものが正しいんだ。だからいまの子どもたちも、解答の付いている問題集ばかりやってないで、解答のないものに自由に想像をふくらませたらどうだろう。(P16)

~ もう一つなるほどな一文 ~ (リンクはInBookの該当セリフのページ)

先生は、教員である。教師ではない。
「師」という語がつくと、明らかに目上で、無条件で尊敬し、崇め、従わなくてはならないイメージがある。そうではなく、横から、ある意味対等にかかわり、お互いに成長していく方向を決め、努力し合いたい。フェアな関係でありたいと思うのだ。「員」という語は、地味だけどなかなかよい。同じ場を作っていく一員という感じがする。(P44)

 
 
これで、、、2007年07月13日以降(228u8日)、、、
読んだ本   472冊 (1日平均0.21冊)
読んだページ 109131ページ(1日平均47ページ)

book20131016
atasintiさんの読書メーター

国公立大、2次の学力試験廃止?

nyugakusiken2

政府の教育再生実行会議にて、国公立大の入学試験において、2次試験の学力試験を廃止する方向で検討されているとのこと。
「学力一辺倒の一発勝負、1点差勝負の試験を変える時だ」ということです。

たしかにそれはそうかもしれませんが、国立大学などの2次試験には、大学毎に傾向があって、それぞれの大学がどういう人に入学して欲しいかがそこに盛り込まれていると聞いたことがあります。センター試験などの共通試験だけでは、そういう大学毎の個性は出せず、ただ点数による選抜だけになってしまう。
また2次試験の論文や面接で人を選別する能力が今の大学にあるのでしょうか。

受験生にしても、1点差でダメだったとなると、それはそれで悔しいけれど一方であきらめもつくけど、判定基準がはっきりしない、採点者の主観が大いに入り込んだ面接や論文で落とされたとなると、気持ちの整理がつかないのではなかろうか。。。
もっとも私立であれば、「うちの校風に合わない」というような学校側の主観で合否が決まっても、それはそれでいいと思いますが、国公立大学でそれをやっていいのか?
ん?
とすると、すべて私立にしちゃえばいいのか?

もし、これが決まれば、またあやしげな塾がやまほどできて、塾関係者はウハウハかも?

関連ニュース
Listening:国公立大、2次の学力試験廃止 人物重視、面接や論文に−−教育再生会議検討- 毎日jp(毎日新聞) at 2013.10.11 ( 魚拓 )

いじめと探偵

いじめと探偵 (幻冬舎新書)
阿部 泰尚
幻冬舎
売り上げランキング: 81,492

いじめの解決のために探偵が必要な時代に?
学校が、先生が、いじめに対して全く機能していないことが理由だが、その原因は、モンスターペアレントの存在、つまり結局は親にあるのだろう。
それにしても、この探偵さんは良心的で、子どものことを第一に考えてくれると~ってもすばらしい人。
いじめ対応を行なっている探偵も増えているそうだが、みんながみんな、この探偵さんのように立派な人ではなく、最終的な解決に至らないのにバカ高い報酬を要求する探偵もいそうなので注意が必要。

~ もくじ ~

はじめに
第1章 探偵にいじめ相談が来るのはなぜか?
第2章 なぜ、いじめられている事実を親に隠すのか?
第3章 子供のいじめもカメとセックスがらみに
第4章 低年齢化する集団レイプ、猥褻行為の強要
第5章 教育現場の機能不全で、いじめの質も変化している
第6章 子供をいじめまら守るために、大人ができること
あとがき

~ なるほどな一文 ~ (リンクはInBookの該当セリフのページ)

大人の側が子供の世界に分け入って、そこで起きていることから目を逸らさない姿勢を持たない限り、いじめはなくならないし減少しない。子供は大人の世界を真似ていじめを行なっているのだから、大人の世界が変わらない限りいじめは減らないのだ。(P214)

~ もう一つなるほどな一文 ~ (リンクはInBookの該当セリフのページ)

日本語は便利なもので、「窃盗」という犯罪を「万引き」という言葉で言い換えて、罪悪感を薄れさせるように、「いじめ」という言葉は「恐喝」「強要」「暴行」「障害」「売春」「損壊」「強盗」の言い換えにすぎません。(P219)

 
 
これで、、、2007年07月13日以降(2241日)、、、
読んだ本   465冊 (1日平均0.21冊)
読んだページ 106933ページ(1日平均47ページ)

book20130830
atasintiさんの読書メーター

慶應幼稚舎

慶應幼稚舎 (幻冬舎新書)
石井 至
幻冬舎
売り上げランキング: 27,811

慶應幼稚舎という学校がどんな小学校なのか、多少イメージと異なることがわかりました。
勉強しない学校だったんですね。
まぁ、勉強しなくてもそのまま慶應大学へ進学できますからね。
もっとも今の慶應ボーイたちは開学の頃の精神を忘れているというお話も。

なお、作者は慶應出身者ではないので、第三者による客観的な立場で慶應幼稚舎について語った本かと思いきや、読み進むうちに、慶應讃歌、福沢諭吉讃美の色が濃くなり、まるで慶應教の信者による布教のような趣に・・・・
いくら「先ず獣心を成して後人心を養え」と言ったって、小学生にもなって、電車の中でふざけて他の人に迷惑をかけることを子供らしくてよい行動というのもなんだかなぁ・・・

すでに子供たちは高校生・大学生の我が家には関係のないお話ですけどね。

~ もくじ ~

はじめに
第一章 校風-空気を読まない「独立自尊」という理念
第二章 受験準備-お受験をめぐるうわさと真相
第三章 入学試験-わが子を合格させるための「傾向と対策」
第四章 学費と交際-学内格差はある?
第五章 源流-福沢諭吉の教育思想
第六章 学校生活-小学校時代が人生最高の時
第七章 進路-弱点は出世競争
おわりに

~ なるほどな一文 ~ (リンクはInBookの該当セリフのページ)

子どもに必要なのは、知識ではなく経験なのだ。(P88)

~ もう一つなるほどな一文 ~ (リンクはInBookの該当セリフのページ)

学校に限らず、家庭でも親が子どもをがみがみとしかりつけることは意味がない。怒れば怒るほど、子どもは親の言うことを聞かなくなるものだ。そうするとつい、さらに大きい声でしかるようになり、いたちごっこになってしまう。(P182)

 
 
これで、、、2007年07月13日以降(2208日)、、、
読んだ本   453冊 (1日平均0.21冊)
読んだページ 103961ページ(1日平均47ページ)

book20130728
atasintiさんの読書メーター

下流志向

下流志向〈学ばない子どもたち 働かない若者たち〉 (講談社文庫)
内田 樹
講談社
売り上げランキング: 3,196

なぜ、学ぼうとしない若者が増えたのか、なぜ、働こうとしない若者が増えたのか、その根本原因に迫る。
政府の政策も、マスコミも、そして我々親たちも、すべてやっていることは逆効果。
しかし誰もその傾向を増長させているということに気が付いていない。
中々鋭い考え!
根は深い。

では、どうすればいいのか?
さすがの内田先生も、すでにニートになってしまった人を戻す手立てはないとのこと。
ただ、今後ニートになりそうな人を踏み留ませることはできると書かれているが、そこに書かれている対策も具体性に欠けているように思え、そんなことでニートを志向する人を働かせることはできないのではないかと思える。
(´・ω・`)

~ もくじ ~

まえがき
第一章 学びからの逃走
第二章 リスク社会の弱者たち
第三章 労働からの逃走
第四章 質疑応答
文庫版のためのあとがき

~ なるほどな一文 ~ (リンクはInBookの該当セリフのページ)

つまり、リスク社会のリスクはすべての社会成員に均等に分配されているわけではなく、階層ごとにリスクの濃淡があるのです。そして、自分たちが生きているのは努力と成果が相関しないリスク社会であるということを認め、それゆえ「努力してもしかたがない」という結論を出しているのは、いちばん多くのリスクをかぶっている階層なのです。(P98)

~ もう一つなるほどな一文 ~ (リンクはInBookの該当セリフのページ)

現在の教育の問題は、単に子どもたちの学力が低下しているということではありません。それが子どもたちの怠惰の帰結であるのではなく、努力の成果であるということです。(P137)

 
 
これで、、、2007年07月13日以降(2190日)、、、
読んだ本   449冊 (1日平均0.21冊)
読んだページ 103011ページ(1日平均47ページ)

book20130710
atasintiさんの読書メーター