サッポロビール千葉工場見学

昨日(10月14日)、旧南極観測船しらせ5002とサッポロビール千葉工場見学ツワーに参加してきました。
後半のサッポロビール千葉工場見学について。
 
続いてサッポロビール千葉工場を見学。
原材料の説明~櫓~タンク~缶詰め箱詰めと他のビール工場と同じです。
清掃風景などのパネルがあったのは他と違うところでしょうか。
なお、工場内は基本的には写真撮影はOK,ただしフラッシュ撮影はNG、動画撮影はNGでしたが、なぜか缶詰め箱詰めの工場だけは撮影禁止でした。
売りは最後のサウンドギャラリーのようです。工場内の音と映像のみを使った映像作品。
ただ、へたに音を音楽のように編集しないで、櫓の中の音などをもっとじっくり聞かせてくれればよかったのに、そんな感じでした。
これまで行ったサントリー、キリン、アサヒのビール工場見学は無料でしたが、サッポロは500円です。今回はしらせ5002の見学とセットなので1000円でした。なお、帰りに500円相当のタンブラーのお土産があります。
 
そしてお楽しみの試飲。20分で3杯までと言うのは他と同じ。
ただ、ビールが黒ラベル1種類だけっていうのがちょっと残念かも。
千葉工場では黒ラベルしか作っていないからしかたないのかなって思ったけど帰りに覗いた隣のビール円の入り口には、エビスや琥珀エビスも千葉工場で作っていると書いてありました。他のビール工場のように飲み比べさせてほしかったな。。。
 
そんなサッポロビール千葉工場の写真をアルバム「サッポロビール千葉工場見学 – Google フォト」にアップロードしました。(全26枚)
 
ここにも何枚か貼っておきます。



 

個人的にはこれでサントリー、キリン、アサヒ、サッポロのビール工場を見学しました。

~ マイ関連エントリー ~
中央フリーウェイな1日 at 2011.06.12
キリンビール工場見学クルーズ at 2017.02.04
アサヒビール茨城工場見学 at 2017.10.30
 
 
同じ写真をアルバム「街 5」にも追加しました。今回26枚を追加。
 
ビールの写真はブログ「そんな今宵もビールの用意だ」にも追加しました。
しーゆー。
 

しらせ5002見学

昨日(10月14日)、旧南極観測船しらせ5002とサッポロビール千葉工場見学ツワーに参加してきました。
まずは前半のしらせ5002見学について。
 
船内のあちらこちらを見学して回りながら、南極観測の厳しさなどの話を聞くことができました。
丁寧な説明でわかりやすく、とてもよかったです。
ちょっと急ぎ足の見学でしたが、楽しい見学でした。
 
そんなしらせ5002の写真をアルバム「しらせ5002見学 – Google フォト」にアップロードしました。(69枚)
 
ここにも何枚か貼っておきます。
 
食堂

 
椅子の下のワッカは大きく揺れた時に転がっていかないように各イスをつないでおくためのものとのこと。

 
船室

 
手術台

 
艦上から

 
撮影スポットから

 
同じ写真をアルバム「街 5」にも追加しました。今回69枚を追加。
しーゆー。
 

アップルのリンゴはなぜかじりかけなのか?

 
アップルの話ではなく、ニューロマーケティングのお話です。
脳科学の研究結果を駆使することで、いかにして「買いたい」と思ってもらうようにもっていくか。
 
~ もくじ ~

はじめに
第1章 なぜ「脳を知る」と良いのか?
第2章 ニューロマーケティングの方法
第3章 無意識が嗜好をつくる
第4章 法則その1~「珍しさ」と「懐かしさ」のバランスを取る
第5章 法則その2~”期待”を裏切る
第6章 法則その3~「自分は正しかった」と思わせる
第7章 法則その4~巧みに不満を演出する
第8章 法則その5~とにかく露出を増やす
第9章 法則その6~良い気分にさせる
第10章 法則その7~「他者の力」で売る
第11章 結論=ニューロマーケティングと未来
おわりに
参考文献

 
 
~ なるほどな一文 ~

これからの時代は顧客の求めるモノを作るだけでなく、作った者を求めるように顧客を変えていく時代になるだろう。(P214)

((((;゚Д゚))
 
 
これで、、、2007年07月13日以降(4113日)、、、
読んだ本   931冊 (1日平均0.23冊)
読んだページ 224039ページ(1日平均54ページ)

atasinti – 読書メーター
 
 
あなたが「あっこれいいな!」って思ったのは、実は巧みに脳内を操られている結果かもしれません。
こわい世の中になりそうだ・・・
 
ところで、この本の著者はアップル信者のようです。
各章の終りにアップルの素晴らしさを書いていて、私に「さぁ、あなたもアップル信者にな~れアップル信者にな~れ」とあれやこれや訴えてるのです。
でも、個人的には、スティーブ・ジョブスなきあとのアップル製品には魅力を感じないんだよなぁ・・・
しーゆー。
 

MeWeの「共有する」が消せない

MeWeで共有すると・・・」で書いたように、SNS「MeWe」の共有機能はとってもよろしくない作りなんですが、よく見るとこの「共有する」が表示されている投稿と表示されていない投稿があります。

(画像の一部にぼかしを入れています。)
 
設定でこのよろしくない「共有する」を消せるのかな?
と思って設定を見ると下図のような設定があったので、下図のように許可しない設定に変更しました。(デフォルトは許可)

しかし、設定変更後に投稿して見ましたが「共有する」が消えていません。

 
(ノ`_´)ノ ┻━┻
 
どうしたらこの困った「共有する」を消せるのだろう???
 
もっとも、「共有する」を消す消さないの前に、こんな困った「共有する」である時点で、Google+の乗り換え先としては不合格と言えそうです。
しーゆー。
 
 
~ 追記 ~

他の方が私の投稿を見ると「共有する」が消えて見えるとのことでした。
つまり、上記設定変更を行うと、他の方が私の投稿を共有することはできなくなりますが、自分自身はできると言うことのようです。

いずれにしても、共有機能そのものを改善してもらわないと、、、
しーゆー。
 

月曜日の写真

#ケツ曜日

2018.10.6撮影 横浜赤レンガ倉庫前広場
 
#月と書いてライトと読む

2018.5.28撮影 大阪あべのハルカス
 
#月曜マンホール

2018.5.28撮影
 
 
曜日タグ毎にGoogle+のコレクションを作成しており、上記リンクをクリックすると、これまでにその曜日タグで私がGoogle+に投稿した写真をみることができます。
しーゆー。
 

MeWeで共有すると・・・

SNS「MeWe」で他の方の投稿を共有した場合、元の投稿者が表示されず、まるで共有した人の投稿のように表示されるようです。

(画像の一部にぼかしを入れています)
 
これはよろしくないですね・・・
しーゆー。