女系図でみる驚きの日本史

女系図でみる驚きの日本史 (新潮新書)
大塚 ひかり
新潮社
売り上げランキング: 789

女系図を作成して見ると、日本史の異なる側面を見ることができる。
滅びたはずの平家は、、平清盛の血筋は現在まで続いており、源氏の方は早々に途絶えてしまっている。
女系図を作ることで、男系図を見ていてもわからない意外な人と人との繋がり、歴史の真実が見えてくる。
元々日本は女系の国だった?
江戸幕府がそれを作り変えた?
 
~ もくじ ~

第一講 平家は本当に滅亡したのか
第二講 天皇にはなぜ姓がないのか
第三講 なぜ京都が都になったのか
第四講 紫式部の名前はなぜ分からないのか
第五講 光源氏はなぜ天皇になれなかったのか
第六講 平安貴族はなぜ「兄弟」「姉妹」だらけなのか
第七講 「高貴な処女」伊勢斎宮の密通は、なぜ事件化したのか
第八講 貴族はなぜ近親姦だらけなのか
第九講 頼朝はなぜ、義経を殺さなければならなかったのか
第十講 徳川将軍はなぜ女系図が作れないのか
あとがき
参考原典・主な参考文献

 
 
これで、、、2007年07月13日以降(3755日)、、、
読んだ本   844冊 (1日平均0.22冊)
読んだページ 203260ページ(1日平均54ページ)

atasinti – 読書メーター
 
 
それにしても、平安時代の乱れっぷりは・・・
これが日本という国、日本人の性なのだ。。。
いろいろ面白い。
しーゆー。
 

こうして歴史問題は捏造される

こうして歴史問題は捏造される (新潮新書)
有馬 哲夫
新潮社
売り上げランキング: 8,405

日本がどれだけ謝ろうが、どれだけお金を出そうが、中国と韓国の日本批判はやむことはありません。歴史的な事実がどうであるかは関係ないのです。「反日」こそが彼らの建国のイデオロギーなのだから。
そんな中国・韓国との付き合い方を日本も考えなければなりません。
さすがに20万人はいないし、日本軍による強制連行もなかったかもしれないけど、そうは言っても、朝鮮人従軍慰安婦が存在したのは事実だし、南京で30万人もの虐殺なんかはあり得ないけど、一部の日本軍人による暴走があったのは事実だし、頑なにそれは事実と違うと言い張るのも大人げないよなぁ、などと言っている場合じゃないのです。
国際社会に向けて、真実をきちんと主張しないと、中国・韓国の「ウソ」が歴史になってしまいかねません。

~ もくじ ~

序 章 歴史問題がなぜ終わらないのか
第一章 歴史論議とは反証可能でなければならない
第二章 「南京事件」「慰安婦問題」の論議を冷静に検討する
第三章 反証を無視すれば捏造になる
第四章 中国と韓国が反証不可能な論議をするのには理由がある
第五章 歴史修正主義とはなにか
第六章 歴史研究に右も左も国境もない
あとがき
謝辞

 
~ なるほどな一文 ~

多くの日本人は、戦争あるいは植民地支配で被害を与えたのは事実だからと中韓の人々に謝罪します。しかし、それでもまだ非難し、謝罪をモトメテキマス。シカモダンダンエスカレートしてくるので、このへんで、大抵は変だなと思います。しかし、ここまで来てもまだ、悪いことしたんだから謝ろうというお人よしの日本人がかなりいます。(P157)

 
~ もう一つなるほどな一文 ~

そもそも間違いを認めるというのは、グローバル・ルールではありません。間違っていても言い張る、それができなくなったら触れることを避ける、というのが国際的には普通の態度です。間違いを認めるということは、国際社会では弱さなのです。(P167)

 
 
これで、、、2007年07月13日以降(3752日)、、、
読んだ本   843冊 (1日平均0.22冊)
読んだページ 203038ページ(1日平均54ページ)

atasinti – 読書メーター
 
 
この本一冊を読んだだけで、「なるほど真実はそうだったのか」と思ってはいけないということがこの本に書いてあります。
真実は一つ!
しーゆー。
 

職業としての地下アイドル

職業としての地下アイドル (朝日新書)
姫乃たま
朝日新聞出版 (2017-09-13)
売り上げランキング: 24,441

「地下アイドル」と聞くと、暴力団関係者(今は反社会勢力って言うんでしたっけ)がからんでいたり、アダルトビデオ関係だったり、なにやら怪しげなアイドルのような気がしてしまいますが、そうではなく、バンドで言えば、インディーズバンドのようなもので、テレビや雑誌のグラビアなどには出ておらず、ライブを中心に活動しているアイドルのこと。
そういう意味では、たとえばAKBグループでも、一握りのテレビや雑誌で活躍している人たちのほかに、秋葉原のAKB劇場でしか会えない女の子たちも多々いるわけで、そんな彼女らも広い意味では「地下アイドル」に属するようです。
「地下アイドル」っていう呼び名がよくないですね、、、
その呼び名の云われも諸説あるようです。

そんな「地下アイドル」の女の子たちって、どんな女の子たちなのか、そしてそんな「地下アイドル」を応援している所謂アイドルオタクの人たちってどんな人たちなのかを、現役地下アイドルの著者がレポートしてくれます。
そしてそこでは、地下アイドルとアイドルオタクの「素敵な関係」を垣間見ることができます。

~ もくじ ~

まえがき
プロローグ
第一章 地下アイドルとは何か
第二章 地下アイドルの生態
第三章 なぜ彼女たちはアイドルのようなものになりたがるのか
第四章 地下アイドルたちの精神と生活
エピローグのようなもの

 
~ なるほどな一文 ~

視聴者の気を引くために「オタク=犯罪」の報道をすることは、地下アイドルファンの印象を操作するだけでなく、恐怖を感じている視聴者が、地下アイドルの世界のことだから自分には関係ないと考えるのを止めてしまうことが最も危険であると私は考えています。(P206)

 
 
これで、、、2007年07月13日以降(3745日)、、、
読んだ本   842冊 (1日平均0.22冊)
読んだページ 202782ページ(1日平均54ページ)

atasinti – 読書メーター
 
~ 関連ブログ ~
姫乃たまオフィシャルブログ「姫乃たまのあしたまにゃーな」Powered by Ameba
地下アイドル姫乃たまの恥ずかしいブログ
 
 
そう言えば、地下アイドルとアイドルオタクの素敵な関係を垣間見たことがあります。
昨年、東京都内で開催されていたビールフェスに参加したとき、途中でアイドルらしき格好の女の子が4人入ってきて、しばらくしたら、前のステージで歌い始めました。そのとき、いつの間にどこから出てきたのか、そのステージの最前列は同じ色のTシャツを着た人たち20人くらいで占められ、歌に合わせて掛け声をあげていました。
彼女たちのステージが終わってしばらくすると、今度はタイプが異なる別の3人組の女の子が入ってきて、またステージが始まりましたが、今度は先ほどとは異なる色のそろいのTシャツを着た人たちがこれまた20人ほど、ステージ最前列で応援していました。
そんなステージが終わった後、トイレに行こうとビールフェスの会場から通路に出たら、そこで先ほどの女の子たちが物販をしていました。2人がテーブルに並べられたCDやらTシャツやらを売っていて1人が通路を歩く人たちに「○○○です、よろしくお願いしまーす」と声をかけたり握手をしたりしていました。
その時、アイドルが自分で売っているんだということと、さっきまでステージの上にいた彼女が自分のすぐ横にいると言うその距離の「近さ」に驚いたのを思い出しました。
たまたま通りがかっただけですが、その時ステッカーをもらったんだけど、あれはどこへいっちゃったんだろ・・・

ところで、姫乃たまさんは自分のことを現役地下アイドルといってますが、すでにテレビにも出ているし、映画にも出ているので、もう立派な(?)地上アイドルですね。

女性の地下アイドルは数多くいるけれど、男性の地下アイドルはほとんど棲息していないようです。それは男性の地下アイドルを応援しようというアイドルオタクに相当する女性たちがいないからなんでしょうかね。
このあたりはまだまだ研究の余地がありそうです。
って、何の研究だか・・・
しーゆー。
 

こうやって、考える。

こうやって、考える。
こうやって、考える。

posted with amazlet at 17.10.07
外山 滋比古
PHP研究所
売り上げランキング: 19,731

著者がこれまで書いてきた何冊かの本の文章を細切れにして、テーマ毎に集め直したもの。
同じ内容が言葉を変え品を変え何度も何度も出てきます。
著者がこれまで書いてきた何冊かの本というのが、同じ内容を言葉を変え品を変えたものであったのだなぁと思われます。
あっちでさっき言っていたことと、ここで言ってることが矛盾しているぞ、というものも一部あります。
なるほどと思う内容はたくさん詰まっていますが、目新しい内容、驚く内容、新しい発見はこの中にはありません。
言葉遊びを楽しむ本?

~ もくじ ~

はじめに
第一章 発想力を鍛えるヒント
第二章 思考のプロセス
第三章 思考力を高める方法
第四章 知性を磨く生活
第五章 思考につながる読書
第六章 発想が豊かになる”おしゃべり”
第七章 未来を創るヒント
出展一覧

 
~ なるほどな一文 ~

発想のおもしろさは、化合物のおもしろさである。元素をつくり出すことではない。(P22)

 
~ もう一つなるほどな一文 ~

しかし、いったんできてしまったスタイルは、なるべく早くこわさなくては危険である。スタイルによる自家中毒は、精神にとって、もっともおそろしい老化の原因になるからである。(P73)

 
 
これで、、、2007年07月13日以降(3740日)、、、
読んだ本   841冊 (1日平均0.22冊)
読んだページ 202510ページ(1日平均54ページ)

atasinti – 読書メーター
 
 
つまらない本だなぁと思ったら、この本がつまらない理由がこの本の中に書かれていました。

隅から隅まで、わかり切ったことの書かれているような本では、こういう読者の参入はあり得ないから、つまらない。(P141)

 
そうそう、一言で言うとまさにそんな本!
しーゆー。
 

誰が「働き方改革」を邪魔するのか

誰が「働き方改革」を邪魔するのか (光文社新書)
中村 東吾
光文社 (2017-09-15)
売り上げランキング: 108,543

制度を変えただけでは「働き方改革」は進まない。
和を以て貴しとなす日本人の心の持ちようが大きな壁となっている。

~ もくじ ~

まえがき
序 章 虚像と実像
第1章 頑張りたいのに頑張れない人たち
第2章 見えない壁
第3章 「意識改革」推進企業
第4章 よく働き、意識的に遊べ
第5章 新しい社会の姿
あとがき
参考文献

 
~ なるほどな一文 ~

政府が「こうしなさい」と言ったからといって目先の課題に惑わされることなく、それこそ主体性を持って我が道を定め、歩を繰り出していくことが肝要なのだと思う。(P165)

 
 
これで、、、2007年07月13日以降(3739日)、、、
読んだ本   840冊 (1日平均0.22冊)
読んだページ 202327ページ(1日平均54ページ)

atasinti – 読書メーター
 
 
働き方改革という点では、今、私が所属している職場は進んでいる方かもしれません。
時短勤務の方も仲良く働いているし、男性で育休を撮ってる人もいるし、テレワークも導入されほとんどの人が経験しています。
しかし、では時短勤務の人も、職場ローテーションや転勤も受け入れるフルタイムで働いている人も、同じように昇格の道が開けているかというと、そこまでは行っていないようです。そういう意味ではまだまだ高い山登りでいえば麓にいると言えます。
ただ働き方の選択肢は少しづつですが増えて行ってます。
今後、どのような職場になっていくのか、なんだかワクワクします。
そう思うと私は幸せな環境にいるのかもしれません。
遠い昔就職が決まったとき、友人から「えっあの会社に行くの?おまえ、死ぬよ」などと言われたのは、懐かしい思い出です。
しーゆー。
 

いとも優雅な意地悪の教本

いとも優雅な意地悪の教本 (集英社新書)
橋本 治
集英社 (2017-09-15)
売り上げランキング: 3,264

これは意地悪について書かれた意地悪な本です。
何が意地悪かと言うと、読めば読むほど何が言いたいのかわからないところがこの本の意地悪なところです。
特に後半は善悪の話になっていて、「おいおい意地悪はどこへいってもうたんや」という感じなのですが、それも私が意地悪だからの一言で片づけられてしまってます。

~ もくじ ~

第一講 意地悪とは何か
第二講 メリル・ストリープに学ぶ意地悪の意味
第三講 樋口一葉は頭がいい
第四講 紳士は意地悪がお好き
第五講 紫式部に陰険さを学ぶ
第六講 男と女はどっちが意地悪か
第七講 悪を考える
第八講 それで、この話はどうまとめればいいのだろう
あとがき 天才は意地が悪い

 
 
これで、、、2007年07月13日以降(3736日)、、、
読んだ本   839冊 (1日平均0.22冊)
読んだページ 202087ページ(1日平均54ページ)

atasinti – 読書メーター
 
 
現在は意地悪な人はほとんどいなくなり、暴力を振るう人(言葉の暴力やネットでの暴力的な書きこみを含む)ばかりになってしまった。
それは、意地悪は頭がよくないとできないから。
今はバカばっかり。
というのが作者が言いたいことだったのかな、とかってに理解。

バカばっかりというよりも、経済的に余裕がないことで、ゆっくり考える余裕のない人が増えたためなんでしょうね。
しーゆー。
 

壇蜜日記

壇蜜日記 (文春文庫)
壇蜜日記 (文春文庫)

posted with amazlet at 17.09.28
文藝春秋 (2014-10-10)
売り上げランキング: 18,369

壇蜜さんの2013年10月7日から2014年8月16日までの日記。
日記というよりはエッセイ?
ブログのように他人に読まれることを前提に書かれた日記でしょうか。
毎日、これだけの文章を書くと言うのはすごいです。
もっとも1文だけの日もありますが、その1文がまた秀悦だったりします。
壇蜜さんというよりは本名の斎藤支静加さんの内容の方が多い気がします。
いずれにしても壇蜜さんの魅力の源がここにあります。
洒落た文章ではありませんし、またHな文章でもありません。(Hはちょっとだけあったかな)
壇蜜さんの息遣いが感じられます。
こんな文章が書けるってやっぱりすごい人・・・

~ もくじ ~

2013 秋 ますます人肌が恋しくなるではないかどうしてくれる。
2013-2014 冬 夕方は暇さえあれば猫を抱き相撲を眺めている。
2014 春 行けることのない温泉旅チラシを眺めて今日が終わる。
2014 夏 するのもされるのも同じくらい好きなことが多すぎる。
あとがき―壇蜜による直筆メッセージ

 
~ なるほどな一文 ~

決定事項もコンプライアンスとかいう謎の言葉ひとつでなかったことになるご時世だ。(P83)

 
 
これで、、、2007年07月13日以降(3731日)、、、
読んだ本   838冊 (1日平均0.22冊)
読んだページ 201855ページ(1日平均54ページ)

atasinti – 読書メーター

 
壇蜜さんがますます好きになっちゃったおとうさんです。
壇蜜日記2も出てるんですね。読もうかな。
しーゆー。
 

天皇家99の謎

天皇家99の謎
天皇家99の謎

posted with amazlet at 17.09.26
彩図社 (2017-09-19)
売り上げランキング: 604,012

「天皇」について、広く浅く書かれた本。

~ もくじ ~

第1章 日本最大の聖域 天皇家
第2章 天皇家の仕事と家計
第3章 天皇家の歴史~日本ができるまで~
第4章 天皇家の歴史~近代日本と敗戦~
第5章 天皇家の日常と未来

 
 
これで、、、2007年07月13日以降(3729日)、、、
読んだ本   837冊 (1日平均0.22冊)
読んだページ 201654ページ(1日平均54ページ)

atasinti – 読書メーター
 
 
ホントに広く浅~~~い本でした。
どこかで読んだり見たりした内容の集大成であり、目新しい内容はありませんでした。
しーゆー。
 

東急電鉄 スゴすぎ謎学

東急電鉄 スゴすぎ謎学(仮) (KAWADE夢文庫)
小佐野 カゲトシ
河出書房新社
売り上げランキング: 188,922

東急の車両、路線、歴史、その他もろもろ。
全編これ東急大絶賛の本ですが、毎日東横線を利用しているので、いろいろ楽しめる本でした。
我が家のおかあさんが、東横線が地下鉄副都心線と乗り入れ、さらにその先の西武線や東武線と相互乗り入れするようになって、西武や東武の車両も東横線内を走るようになったときに、「西武や東武の車両はなんかちがう、なんかいやなの」と言っていたのを思い出しました。
技術の差が私には感じないくらいの微妙な差を生んでいて、それをおかあさんは感じ取っていたのかもしれません。
 
~ もくじ ~

1 東急のここが超絶だ
2 路線の謎学
3 車両の謎学
4 運行の謎学
5 設備の謎学
6 歴史の謎学
7 駅の謎学
8 サービスの謎学

 
 
これで、、、2007年07月13日以降(3726日)、、、
読んだ本   836冊 (1日平均0.22冊)
読んだページ 201430ページ(1日平均54ページ)
1日平均ページが1ページ増えた \(^O^)/

atasinti – 読書メーター
 
 
Amazonの本のタイトルに(仮)ってついてるのはなぜだ?
ちなみに今日歩いた東横フラワー緑道の存在もこの本で知りました。
しーゆー。
 

メディアの驕り

メディアの驕り (新潮新書)
廣淵 升彦
新潮社
売り上げランキング: 13,338

今の日本のメディアがいかに偏っているのか、そしてどんな風に驕っているのか、実例をもとに示してくれます。
 
~ もくじ ~

はじめに
Ⅰ プラスとマイナスが逆転している
Ⅱ 驕りを生む構造
Ⅲ 放送のロマンを築いた人々
Ⅳ 中東を知らない日本人
Ⅴ 平和に欠かせないのは「知力」
あとがき

 
~ なるほどな一文 ~

メディアのふりまく思想や価値観に簡単に従わない人がふえることが、日本の安全に繋がるのである。皆がこぞって讃えるものや、こぞってけなすものを疑ってかかる人がたくさんいるのが、民主的で自由な社会というものだろう。(P20)

 
~ もう一つなるほどな一文 ~

主観的要素をできるだけ少なくし、事実を正確に伝える作業というのは、地道で心をたかぶらせる要素は少ないかもしれない。しかし変に使命感に駆られ、存在しもしない物事を興奮気味に伝える報道が、どれほど危険なものかをそろそろ理解してもよいころではないだろうか?(P214)

 
 
これで、、、2007年07月13日以降(3724日)、、、
読んだ本   835冊 (1日平均0.22冊)
読んだページ 201208ページ(1日平均53ページ)

atasinti – 読書メーター
 
 
そうだそうだ、その通りだという内容が多い一方で、この本の内容についても、特に欧米のキャスターに関する内容などは多少のバイアスがかかっているように思います。
何事もそう疑って読むことが大切ですね。
しーゆー。