データサイエンスが解く邪馬台国


データサイエンスが解く邪馬台国 北部九州説はゆるがない (朝日新書) | 安本 美典 | Amazon

古代史最大のナゾである邪馬台国所在地はデータサイエンスの手法を使えば、北部九州で決着する。
畿内ではありえない、その理由を古代鏡や鉄の矢じりなどの発掘地の統計学的分析を駆使しながら、誰にも分かりやすく解説。

~ もくじ ~
はじめに
第1章 データサイエンスとの出合い 探求60年の旅
  1 私の研究歴
  2 「邪馬台国問題」は、なぜ解けないか
第2章 邪馬台国論争をデータサイエンスで解く そんなに難しい問題なのか
  1 確率を計算する方法
  2 法則を発見するという方法
  3 「三角縁神獣鏡」問題
補 章 「年号鏡」と「仏像鏡」の問題 素朴な判断が正しいとは限らない
おわりに


~ なるほどな一文 ~
優勢をとることをめざすと、「証明よりも、まずマスコミ発表、マスコミ宣伝を優先する」ということになりかねない。大本営発表主義的な誤りを、おかしやすくなる。(P12)


~ もう一つなるほどな一文 ~
成功からも、失敗からも、学ばねばならない。ドグマの特徴は、その方法による失敗例を、いくら示されても、その方法を改めないことである。そして同じような失敗を重ねることである。(P143)




これで、、、2007年07月13日以降(5248日)、、、
読んだ本   1139冊 (1日平均0.22冊)
読んだページ 278418ページ(1日平均53ページ)
atasinti – 読書メーター



出土した物品を統計的にみても、あるいは成分などを調べても、邪馬台国は北部九州にあったということでほぼ確定のはずが、なぜ、いまだに畿内説優勢などというニュース記事が流れるのか?
それはいまだに、偉い人は言うことは正しいという京都大学を中心とした考古学会の困った考え方と、これまた偉い人が言っているんだからととびつくマスコミによるものだということ。

なんだ、邪馬台国論争はもう終わってたのか・・・
福岡県朝倉市はもっと宣伝すればいいのに。
と思ったら、すでに「卑弥呼ちゃん」とかいうキャラクターを作って宣伝してましたね。
しーゆー。

事件でなければ動けません


Amazon.co.jp: 事件でなければ動けません 困った警察官のトリセツ (幻冬舎新書) : 古野 まほろ: 本

困って相談しても、警察は人が死ぬような大きな被害が出るまで対応してくれない――市民のそのような警察不信は根強いが、警察は本当に「事件にならないと動いてくれない」のか? 警察の表も裏も知り尽くした元警察官が、被害者の訴えを無視し続けて悲劇を招いた桶川事件や最近の太宰府事件を検証しながら、その実情を分析する。

~ もくじ ~
第1章 「事件でなければ動けません」?
第2章 動かない理由、動けない理由
第3章 警察を動かすツールとその実際
第4章 警察アクセスFAQ
あとがき


~ なるほどな一文 ~
これを言い換えればーーこうした事案であることが疑われてしまいそうな場合において、真摯な市民が真剣に警察にアクセスするときは、『民事において自分でできることは自分でやる』『民事における金銭的負担は覚悟する』『そうした民事の部分ではなく、刑事事件としての側面に注目してほしいし、私でなく警察にしかできないことをやってほしい』というスタンスを、キチンと伝えることがポイントになると思います。(P108)




これで、、、2007年07月13日以降(5237日)、、、
読んだ本   1138冊 (1日平均0.22冊)
読んだページ 278122ページ(1日平均53ページ)
atasinti – 読書メーター



どうすれば、警察に動いてもらえるかがとてもよくわかる本。
ケンカごしになったり感情的になったりせず、バカとハサミは使いようの精神で向き合うことが大事。
でもね、、、何を言っても動こうとしない、常識も通用しない、ダメダメ嘘つき警官にぶち当たる可能性も0ではないわけで、、、
もっとも、警官に動いてもらわねばいけない事態に陥らないことが一番なのですが。
しーゆー。

米中戦争


米中戦争 「台湾危機」驚愕のシナリオ (朝日新書) | 宮家 邦彦 |Amazon

平時と有事の隙間をつく「グレーゾーン事態」と、情報、サイバー、宇宙などの「ハイブリッド戦争」の最前線に迫り、起こりうるべき現実的なシナリオを精緻に描き、中国の脅威をどう抑止するかについて分析。

~ もくじ ~
はじめに
第一章 国交正常化後の米中関係
第二章 中国の発展に関するモデル分析
第三章「脅威」とはなにか
第四章「能力」以上に重要な「意図」
第五章 中国の「目的」「動機」を左右する内外情勢
第六章 「グレーゾーン事態」「ハイブリッド戦争」
第七章 「グレーゾーン事態」「ハイブリッド戦争」を如何に抑止するか
第八章 米中の軍事対立に関するマトリックス分析
第九章 中台双方の「目的」に関するマトリックス分析
第十章 中台双方の「動機」に関するマトリックス分析
最終章 米中戦争を如何に「抑止」するか
あとがき




これで、、、2007年07月13日以降(5231日)、、、
読んだ本   1137冊 (1日平均0.22冊)
読んだページ 277882ページ(1日平均53ページ)
atasinti – 読書メーター


ケース分けした3つのマトリックスが出てきます。それぞれについて、抑止する方法を検討。
しかし、実際はそのいずれかになるのではなく、3つのマトリックスのそれぞれの組み合わせになるのでさらに複雑。
なお、具体的な対応策は記載されていませんが、その理由は中国に手の内をみせるわけにはいかないからとのこと。
しーゆー。

デジタル・ファシズム


デジタル・ファシズム: 日本の資産と主権が消える (NHK出版新書 655) | 堤 未果 |Amazon

コロナ禍の裏で、デジタル改革という名のもとに恐るべき「売国ビジネス」が進んでいる。
アマゾン、グーグル、ファーウェイをはじめ米中巨大テック資本が、行政、金融、教育という、日本の“心臓部”を狙っている。

~ もくじ ~
プロローグ
第Ⅰ部 政府が狙われる
 第1章 最高権力と利権の館「デジタル庁」
 第2章 「スーパーシティ」の主権は誰に?
 第3章 デジタル政府に必要なたった一つのこと
第Ⅱ部 マネーが狙われる
 第4章 本当は怖いスマホ決済
 第5章 熾烈なデジタルマネー戦争
 第6章 お金の主権を手放すな
第Ⅲ部 教育が狙われる
 第7章 グーグルが教室に来る!?
 第8章 オンライン教育というドル箱
 第9章 教科書のない学校
エピローグ
参考文献


~ なるほどな一文 ~
社会全体が待てなくなってきている。
スピードこそが価値を持つ世界の中で、私たちは「早くしないと置いていかれる」と急かされる。(P262)


~ もう一つなるほどな一文 ~
もし今、他に選択肢がないのなら、少なくともそれらを民主化する方向に進める必要がある。なぜなら今やGAFAが奪うのは単なる個人情報やプライバシーではない。
私たちが自分で自分の行動を決める「未来を選択する権利」だからだ。(P273)




これで、、、2007年07月13日以降(5221日)、、、
読んだ本   1136冊 (1日平均0.22冊)
読んだページ 277618ページ(1日平均53ページ)
atasinti – 読書メーター



新自由主義の行きつく先は格差が広がる悲惨な社会だ。
アメリカの失敗例があるのに、周回遅れの日本はなぜそこをめざそうとしているのか・・・
特に教育はやばい!
学校が自ら考えることを行えず、搾取されるだけの人をどんどん生み出していく場所になってしまう。
しーゆー。

それでも映画は「格差」を描く


「最前線の映画」を読む Vol.3 それでも映画は「格差」を描く (インターナショナル新書) | 町山 智浩 | Amazon

グローバル化とコロナ禍でますます加速する「格差」と「貧困」!
マスメディアが伝えない「真実」を世界の名監督はどのように描いたか?

~ もくじ ~
はじめに
#1 『パラサイト半地下の家族』―したたり落ちるのは雨だけ
#2 『ジョーカー』―最も恐ろしきハッピーエンド
#3 『ノマドランド』―映画が与えた「永遠の命」とは
#4 『アス』―私たちこそモンスターだ
#5 『ザ・スクエア思いやりの聖域』―「善きサマリア人」は、どこだ?
#6 『バーニング劇場版』―格差が生んだ「大いなる飢え」
#7 『ザ・ホワイトタイガー』―インドのラスコーリニコフ
#8 『ロゼッタ』―格差と貧困を描く「ダルデンヌ・スタイル」とは
#9 『キャッシー・カム・ホーム』―世論を動かした、ケン・ローチの「原点」
#10 『わたしは、ダニエル・ブレイク』―貧しさは罪なのか?
#11 『家族を想うとき』―「個人事業主」という罠
#12 『万引き家族』―ビルの谷間の「スイミー」たち
#13 『天気の子』ー愛にできるものはまああるよ
あとがき




これで、、、2007年07月13日以降(5213日)、、、
読んだ本   1135冊 (1日平均0.22冊)
読んだページ 27733ページ(1日平均53ページ)
atasinti – 読書メーター



『天気の子』は格差とか貧困を描いた映画かというとちょっと強引すぎる気が・・・
しーゆー。

お姫様は「幕末・明治」をどう生きたのか


お姫様は「幕末・明治」をどう生きたのか (扶桑社文庫) | 河合 敦 | Amazon

大名や公家のお姫様たちは、幕末・明治をどう生きたのだろうか。
知られざるお姫様たちの生き様を、人気歴史研究家の河合敦先生が紹介する。

~ もくじ ~
はじめに
第一章 将軍家・御三家 激動の世界を生きたお姫様
第二章 大名家 時代に翻弄されたお姫様




これで、、、2007年07月13日以降(5206日)、、、
読んだ本   1134冊 (1日平均0.22冊)
読んだページ 277058ページ(1日平均53ページ)
atasinti – 読書メーター



先日読んだお殿様の本のお姫様編。
あの時代、大変だったのはお殿様、お姫様だけじゃないでしょう。
いや一部の方を除いては、むしろ恵まれた人たちのお話。
しーゆー。

鎌倉殿と執権北条氏


鎌倉殿と執権北条氏: 義時はいかに朝廷を乗り越えたか (NHK出版新書 661) | 坂井 孝一 |Amazon

伊豆の地方豪族だった北条氏は、いかに流人時代の頼朝と出会い、源平合戦、幕府草創期を経て、熾烈な権力闘争の末に承久の乱を制したのか。源氏、朝廷側からだけでは見えてこない幕府内の駆け引きや争いの一部始終、複雑極まりない人間関係を、常にその中心にいた時政・政子・義時を軸に生き生きと描きだす。

~ もくじ ~
はじめに
第一章 伊豆国における北条氏
第二章 流人時代の頼朝
第三章 頼朝の幕府樹立と北条氏  第四章 頼朝・実朝政権下の北条氏
第五章 承久の乱と北条氏
おわりに
関係略年表
主要参考文献




これで、、、2007年07月13日以降(5204日)、、、
読んだ本   1133冊 (1日平均0.22冊)
読んだページ 276842ページ(1日平均53ページ)
atasinti – 読書メーター



来年の大河ドラマ「鎌倉殿の13人」の予習を兼ねて、北条氏側から見た鎌倉幕府の本を読んでみました。
しかし、北条時政、義時親子以上に面白いエピソードは頼朝さん。
伊豆に流され、伊東祐親の元で暮らしていた頼朝は、祐親が3ヶ月の京に役務に行っている留守中に、祐親の娘八重と関係を持ち息子が生まれる。
京から戻った祐親は激怒し、頼朝の息子は殺害、八重は別の家へ嫁に出し、さらに頼朝も殺しかねない勢い。
祐親の次男の祐親が頼朝にこっそり北条時政の所に逃げるように伝えたため何を逃れた。
ところが北条時政の元で暮らしていて、時政が3ヶ月の京に役務に行っている留守中に、凝りもせず時政の娘政子と関係を持ち娘が生まれる。
時政は祐親のように怒らなかったので後の鎌倉幕府が生まれたんですね。
義時の活躍については、なんとなく姉の政子にうまく使われていたのではないかと思えなくもない・・・
大河ドラマでどんな感じで描かれるのか楽しみ。
しーゆー。

自壊するメディア


自壊するメディア (講談社+α新書) | 望月 衣塑子, 五百旗頭 幸男 | Amazon

東京中日新聞社の望月衣塑子さんと富山のチューリップテレビから隣県の石川テレビに移籍した五百旗頭幸男さんが、今の日本のメディアが抱える問題について語ります。

~ もくじ ~
第一章 安倍・菅政権の罪とメディアの使命 望月衣塑子
第二章 私的ドキュメンタリー論 五百旗頭幸男
第三章 権力を監視するメディア再生のために
第四章 自壊メディアの現実を超えて、新たな地平へ
あとがきにかえて 「緊急事態」の国内メディア 五百旗頭幸男
あとがき 権力維持が目的、手法は恫喝の政治 望月衣塑子


~ なるほどな一文 ~
現状に慣らされないこと。
些細な違和感を受け流さないこと。
多様な視点を提示すること。
記者として、キャスターとして、表現者として、ずっと三つのことを基本に捉えていました。しかし、いまや日本の組織ジャーナリズムにおいては、そうした基本を貫くことすら難しくなっているのかもしれません。その元凶は報道や制作の現場よりもむしろ、権力者の顔色ばかりをうかがい現場介入をも厭わない経営者にあるのではないでしょうか。(P82)


~ もう一つなるほどな一文 ~
いびつな相関関係の帰結が、不正を認めても辞めない議員であり、不正議員を簡単に許してしまう市民です。議員が辞めないのは、不正をしても地域住民が支持してくれるから。市民が許すのは、不正をしても地域に貢献してくれる議員だから。(P87)




これで、、、2007年07月13日以降(5199日)、、、
読んだ本   1132冊 (1日平均0.22冊)
読んだページ 276570ページ(1日平均53ページ)
atasinti – 読書メーター



もはや政府の広報機関でしかない日本のテレビや新聞に未来はあるのか・・・
もともとは優秀だった人が多くいるはずなのに、なぜこうなったんでしょうねぇ・・・
自民党政権だからダメなのではないことは、かっての民主党政権が証明してくれている。

なんとなくお二人がお互いを褒めて褒めているあたりはちょっと気持ち悪い、、、
しーゆー。

鋼鉄(メタル)っぽいのが好き


鋼鉄(メタル)っぽいのが好き‐人生9割メタルで解決 KOBAMETAL | Amazon

BABYMETALを率いて世界を駆け巡り、これまで培ってきた〝メタル・ハート(鋼鉄の魂)〟と〝メタルの視点〟で、混沌と激動の世の中のあらゆる事象をズバズバと斬りまくる!

~ もくじ ~
偉大なるマンネリズム
すべての道はメタルに通ず
メタルって破天荒に見えて実は真面目なんです
メタルハートで人生を生きていこう!


~ なるほどな一文 ~
うまくいかないことや面白くないことがあったとき、あまり深刻に考えすぎず、どうしたら楽しくなるかを考えたほうがよっぽど建設的だ。(P214)




これで、、、2007年07月13日以降(5198日)、、、
読んだ本   1131冊 (1日平均0.22冊)
読んだページ 276378ページ(1日平均53ページ)
atasinti – 読書メーター



~ マイ関連エントリー ~
続・ヨンジャ、ダメ、ゼッタイ? (2021.9.30)
ヨンジャ、ダメ、ゼッタイ? (2021.8.19)


BABYMETALがヨンジャ、ダメ、ゼッタイと言っていた(?)本を読んじゃいました。
メタル音楽の話だけではなく、どちらかというとメタルな考え方、メタルな生き方の話。
多少強引すぎるところもありますが、、、
「実は真面目なんです」と言うのはその通りで、メタルやハードロックをやっている男って、スポーツやってる男より、女性に対してずっとずっとまじめだったりするのです!
えっ、怖くて女性が寄ってこないだけじゃないかって?
いえいえ・・・
しーゆー。

ちょっとそこまで旅してみよう


ちょっとそこまで旅してみよう (幻冬舎文庫) | 益田 ミリ | Amazon

旅好きなイラストレーター益田ミリさんの旅のエッセイ。
昨日まで知らなかった世界を、今日のわたしは知っている――

~ もくじ ~
1 石川 金沢
2 秋田 五能線
3 青森 弘前
4 東京 深大寺
5 東京 八丈島
6 宮城 白石
7 宮城 鳴子温泉
8 京都
9 フィンランド
10 スウェーデン
11 福井
12 京都
13 兵庫 宝塚
14 鹿児島
15 東京スカイツリー
16 神奈川 茅ヶ崎・江の島
17 ヘルシンキ
18 奈良
19 山口 萩
文庫おまけ旅




これで、、、2007年07月13日以降(5193日)、、、
読んだ本   1130冊 (1日平均0.22冊)
読んだページ 276163ページ(1日平均53ページ)
atasinti – 読書メーター



力みのない文章がとてもいいです。
でも、やっぱり「旅」は読むものじゃなくてするもの・・・
しーゆー。