昭和という過ち


昭和という過ち この国を滅ぼした二つの維新 (SB新書) | 原田伊織 | Amazon


日本を軍国ファシズムへと導いた昭和維新は、歴史を歪めた長州人によるテロリズム至上主義から始まっている。
幕末の志士と昭和の青年将校の共通点とは。なぜ無謀な戦争を始め、一貫性のない戦略を策定し、愚かな戦術を繰り返したのか。
それは天皇原理主義者による天皇の政治利用と、政官財の癒着の構図にある。その事実を明らかにするとともに、現代までつながる日本の問題点を浮き彫りにする。

~ もくじ ~

序章 三島由紀夫自決と「昭和元禄」
第一章「昭和維新」とは何か
第二章 暴走する関東軍
第三章 神性天皇の時代
第四章 象徴天皇の時代
終章 外交と戦争~隷属国家の未来~


~ なるほどな一文 ~

私は「戦犯(戦争犯罪人)}という言葉は嫌いですが、敢えて私たち自身の手でそれを見極め、裁くとすれば、軍部の前にまず、新聞メディアと文部省でしょう。軍部の強引な政治介入が始まるのは、この後からです。(P63)


~ もう一つなるほどな一文 ~

朝日の場合は、単に強かったというより、傲慢であったといった方があたっているかも知れません。「傲慢」は、朝日の伝統的な社風といっていいでしょう。(P116)




これで、、、2007年07月13日以降(4985日)、、、
読んだ本   1089冊 (1日平均0.22冊)
読んだページ 265007ページ(1日平均53ページ)

atasinti – 読書メーター


明治維新を美化し、昭和の前半のみが違う世界の日本だったという司馬遼太郎さんの理論を真っ向から否定、大東亜戦争への道筋は明治維新前の長州の活動から連綿と続いたものであると説く内容は共感できます。
また、軍部の暴走だけでなく文部省や新聞メディアの罪を明白にしています。
新聞社は当時の自分たちの活動を反省することもなく過ごしてこれるような存在なので、いまなお、平気で偽記事を捏造したりできてしまうんだろうなぁ・・・
しーゆー。

歴史と人生


歴史と人生 (幻冬舎新書) | 半藤 一利 | Amazon


敬愛してやまない海舟さん、漱石さん、荷風さん、安吾さんの生き方。昭和史、太平洋戦争史を調べる中で突きつけられた人間の愚かさ、弱さ。天下国家には関係ないが、ハハハと笑えて人生捨てたもんじゃないと思わせてくれるこぼれ話等々。80冊以上の著作から厳選した歴史探偵流・人生の味わい方。

~ もくじ ~

第一章 歴史とリーダー、そして組織なるもの
第二章 歴史のこぼれ話を拾い集めて
第三章 歌と言葉で大いに遊ぶ
第四章 大好きな漱石先生のこと
第五章 近ごろ思うこと、憂うこと
あとがき
出典著作一覧


~ なるほどな一文 ~

実は、「後の人が歴史からは何も学ばない」ということが歴史の最高の教訓なんです。(P21)


~ もう一つなるほどな一文 ~

情報化時代とは、思考停止の時代であり、奮闘努力したくなくなる時代であり、真に「知る」ことの本質から限りなく遠ざかる時代であるようである。(P195)




これで、、、2007年07月13日以降(4979日)、、、
読んだ本   1088冊 (1日平均0.22冊)
読んだページ 264751ページ(1日平均53ページ)

atasinti – 読書メーター



歴史探偵を名乗り、歴史の話をしているふりしてますが、実は現在の日本の状況がもっとも見えている方なのかもしれない。
しーゆー。

退屈とポスト・トゥルース


退屈とポスト・トゥルース SNSに搾取されないための哲学 (集英社新書) | マーク・キングウェル, 小島 和男, 上岡 伸雄 | Amazon


外出のチャンスも、人に会う機会も減ると、スマホやパソコンを手放すことの出来ない時間が爆発的に増えてしまう。
だが、持て余した時間をSNSに費やしネットサーフィンを繰り返すことで、貴重な資源が次々と権力者や大企業に奪われているのだ。
トロント大学哲学科教授であり名エッセイストの著者が、「退屈の哲学的評価」「SNS依存と退屈の関係」などの今日的なテーマについて、鋭い洞察と規制の必要性を綴る。

~ もくじ ~


第1部 条件
第2部 コンテクスト
第3部 危機
第4部 前に進むには
謝辞
解説 小島和男
訳者あとがき




これで、、、2007年07月13日以降(4976日)、、、
読んだ本   1087冊 (1日平均0.22冊)
読んだページ 264542ページ(1日平均53ページ)

atasinti – 読書メーター



「退屈」について論じた本ですが、私がいまだかって読んだ本の中でこれほど退屈な本があったでしょうか!?
あまりの退屈さに思わず本を閉じてしまったことが何度あったことでしょう。
いや、そういうのは退屈とは言わないかな。
もっとも、この本の「退屈」が日本語の退屈と同じ意味なのかもちょっと疑問。
とにもかくにも、本を読むという行為がこれほどまでに空虚で意味がない行為に感じられたのは初めてです。

インターネットやスマホ、SNSなどのサービスが抱えている問題について、手を変え品を変え言葉を変えてこれでもかこれでもかとつづられていますが、まるで、延々と続く言葉遊びにつきあわされているかのよう・・・
もしかしたら、これは著者ではなく訳者のせい?
はぁ~疲れた。
しーゆー。

Z世代


Z世代 若者はなぜインスタ・TikTokにハマるのか? (光文社新書) | 原田 曜平 | Amazon


世代人口が少ないにもかかわらず、なぜ発信力・拡散力が巨大なのか
なぜコロナ禍でも予想外に消費金額が大きく、人材として「ダイヤモンドの卵」と呼ばれるのか
若者研究の第一人者が徹底分析。

~ もくじ ~

はじめにーーこれからの消費の主役
1章 なぜ今、日本でZ世代なのか?
2章 「ゆとり世代」との違いから見る「Z世代}
3章 Z世代と消費トレンド
4章 Z世代の「メディア生活」
5章 Z世代への新型コロナの影響
6章 Z世代をつかむツボ
おわりに




これで、、、2007年07月13日以降(4964日)、、、
読んだ本   1086冊 (1日平均0.22冊)
読んだページ 264254ページ(1日平均53ページ)

atasinti – 読書メーター



今の若者のことがよくわかります。
でも、、、若者のことを理解してるのはオレくらいじゃないかって態度がにじみ出ていてちょっといや~な感じ。

しかし、それにしても、なにがチル&ミーだよ!
若者をそんな風にしちゃったのはどこの誰だ!
えっ、それはおまえたちじゃないかって?
しーゆー。

世界のニュースを日本人は何も知らない2


世界のニュースを日本人は何も知らない2 – 未曽有の危機の大狂乱 – (ワニブックスPLUS新書) | 谷本 真由美 | Amazon


元国連専門機関職員の著者が、日本のマスコミが報道しない「世界のニュース」を紹介する第2弾。
各国のヤバすぎるコロナ対応、広がる東アジア人差別、世界は「自己中」だらけ、誘拐多発の先進国etc.今回も日本で報道されない世界の真実を網羅!

~ もくじ ~

はじめに
第1章 世界の「マスク騒動」を日本人は何も知らない
第2章 世界の「称賛」を日本人は何も知らない
第3章 世界の「自己チュー」を日本人は何も知らない
第4章 世界の「教育」を日本人は何も知らない
第5章 世界の「イギリス王室」を日本人は何も知らない
第6章 世界の「格差」を日本人は何も知らない
第7章 世界の「残念な国民性」を日本人は何も知らない
第8章 世界の「技術」を日本人は何も知らない
第9章 世界の「重要なニュース」を知る方法
おわりに


~ なるほどな一文 ~

重要なのはシステムを取り入れることではなく、「システムを使って何をやるか」「どんな効果を生むか」です。(P101)




これで、、、2007年07月13日以降(4962日)、、、
読んだ本   1085冊 (1日平均0.22冊)
読んだページ 263971ページ(1日平均53ページ)

atasinti – 読書メーター



最近似た本を読んだので、てっきりそれが第1弾かと思ったら、別の人の本でした(笑

~ マイ関連エントリー ~
テレビが伝えない国際ニュースの真相 (2020.12.6)


この本を読んだだけで、アメリカやヨーロッパのことがすべてわかったつもりになるのも危険。
日本のマスコミは、あらかじめ自分たちが想定した結論に合ったことしか報道しませんが、この本もまた、それとは異なるある一面を教えてくれるものと考えるべきでしょう。
しかし、真実を伝えない日本のマスコミに存在価値はない。
日本のテレビは、アニメとドラマとスポーツ中継以外は見る価値がない娯楽メディアと考えれば、腹もたたないか。
しーゆー。

コロナとバカ


コロナとバカ (小学館新書 ひ 1-7) | ビート たけし | Amazon


たけしが吼える「ウイルスより、よっぽどヤバいぞニッポン人」

~ もくじ ~

はじめに
第1章 コロナが炙り出した「ニッポンのバカ」
第2章 さよなら、愛すべき人たちよ
第3章 ニュース・テレビの「お騒がせ事件簿」
番外編 これぞ”不要不急”の爆笑企画 2020年「ホンシュク大賞」を決定する!
おわりに


~ なるほどな一文 ~

結局、スター不在は取り巻く社会のほうの問題なんだね。二度と出ないというより、「二度と出せない」ってのが本当のところなんだ。(P89)


~ もう一つなるほどな一文 ~

それなのに、四六時中世間とつながっていられるはずのツールができたのに、社会を見渡せば孤独死や自殺者であふれている。 スマホやケータイじゃ孤独は解消できない。




これで、、、2007年07月13日以降(4961日)、、、
読んだ本   1084冊 (1日平均0.22冊)
読んだページ 263727ページ(1日平均53ページ)

atasinti – 読書メーター



ニッポン人はいつからこんなにバカになってしまったんだろうか?
個人的には、テレビを始めとしたマスコミのせいだと思います。
いや、もしかしたら、ニッポン人は太古の昔からかわっていないのかも、むかーしむかしからばかだったのかも・・・
しーゆー。

ペルソナ 脳に潜む闇


ペルソナ 脳に潜む闇 (講談社現代新書) | 中野 信子 | Amazon


親との葛藤、少女時代の孤独、男社会の壁…人間の本質を優しく見つめ続ける脳科学者が、激しく綴った思考の遍歴。

~ もくじ ~

はじめに わたしは存在しない
1章 サイコマジック ー2020
2章 脳と人間について思うこと ―災害と日本 2010~2019
3章 さなぎの日々 ー塔の住人はみな旅人である 2000~2009
4章 終末思想の誘惑 ―近代の終わり 1990~1999
5章 砂時計 ―1975~1989
おわりに わたしはモザイク状の多面体である


~ なるほどな一文 ~

時間は、ただの時の流れではなくて、寿命の一部である。(P59)


~ もう一つなるほどな一文 ~

だが日本社会は日増しに、手足を動かせ、頭を止めろ、感じろ、という色彩を濃くしていくようだった。(P120)




これで、、、2007年07月13日以降(4959日)、、、
読んだ本   1083冊 (1日平均0.22冊)
読んだページ 263535ページ(1日平均53ページ)

atasinti – 読書メーター



非常に重たい内容ですが、科学的な解説もあり面白い内容でした。
しーゆー。

英米文学者と読む『約束のネバーランド』


英米文学者と読む『約束のネバーランド』 (集英社新書) | 戸田 慧(著), 出水 ぽすか(イラスト), 白井 カイウ(原著) |Amazon


週刊少年ジャンプで連載されているマンガ『約束のネバーランド』が描く登場人物、世界、物語について、英文学者の立場で独自に考察。
あくまで「週刊少年ジャンプ」編集部から許可をいただいた上で、『約束のネバーランド』を作中の手がかりをもとに、英米文学者の視点から読んだ、いわば第三者目線での考察本で、原作者の白井カイウ先生や出水ぽすか先生の真意を紹介した「公式解説本」ではない。

~ もくじ ~

まえがき ~『約束のネバーランド』という氷山~
主要キャラクター一覧
『約束のネバーランド』あらすじ
第1章 イギリス文学・文化とのつながり
第2章 原初信仰とユダヤ・キリスト教
第3章 ジェンダー(男らしさ/女らしさ)
あとがき

参考文献
『約束のネバーランド』をより楽しむためのブックガイド




これで、、、2007年07月13日以降(4951日)、、、
読んだ本   1082冊 (1日平均0.22冊)
読んだページ 263295ページ(1日平均53ページ)

atasinti – 読書メーター



なるほど、そういう見方もあるのか、と中々面白い内容。
ちょっとそれは強引すぎるこじ付けではないかという箇所も少しありますが。
しーゆー。

学校制服とは何か


学校制服とは何か その歴史と思想 (朝日新書) | 小林 哲夫 | Amazon


学校制服に関するあれこれ。

~ もくじ ~

はじめに 第1章 制服モデルチェンジの論理 第2章 制服誕生の舞台裏 第3章 制服自由、伝統校の矜持 第4章 制服復活で学校リニューアル 第5章 制服を作る側の戦略 第6章 制服の思想 おわりに 主な参考文献




これで、、、2007年07月13日以降(4945日)、、、
読んだ本   1081冊 (1日平均0.22冊)
読んだページ 263039ページ(1日平均53ページ)

atasinti – 読書メーター



制服を変えることで生徒の質が変わり進学率が上がった学校もある。
一時のように制服を着崩す生徒が少なくなったのはAO入試や推薦入学が増えたため?
服装自由な制服がない学校はそれなりの良識を持った生徒が集まる学校?
著者自身の制服に関するいやな思い出のせいか、制服に否定的な態度が表に出ていることがちょっと気になります。
昔のように制服が生徒を管理する道具ではなくなっていると思われます。
私自身はとくに制服に関して思い入れも思い出もありませんが、いろいろ面白い。
しーゆー。

たちどまって考える


たちどまって考える (中公新書ラクレ (699)) | ヤマザキマリ |Amazon


パンデミックを前にあらゆるものが停滞し、動きをとめた世界。
この先世界は、日本はどう変わる? 黒死病からルネサンスが開花したように、また新しい何かが生まれるのか? 混とんとする毎日のなか、それでも力強く生きていくために必要なものとは?
世界を飛び歩いていたけど、コロナ禍でできなくなった漫画家・ヤマザキマリさんがたちどまって考えたこと。

~ もくじ ~

はじめに
第1章 たちどまった私と見えてきた世界
第2章 パンデミックとイタリアの事情
第3章 たちどまって考えたこと
第4章 パンデミックと日本の事情
第5章 また歩く、その日のために
おわりに


~ なるほどな一文 ~

パンデミックの先がどんな世界につながるかは、私たちの意識次第です。しかし今のこの時期は成虫になる前の準備段階であり、14世紀イタリアのルネサンスや戦後の日本のように文化が開花するための熟成期間にだってなり得るのです。(P139)


~ もう一つなるほどな一文 ~

誰かが考えた通りのもの、想定したイメージのもの、最初からゴールが決まっているようなものを世の中に発信していても、化学変化は起きません。「思いもかけないことが起きてしまいましたね」という展開があってこそ、文化的ルネサンスが起きるのです。(P164)




これで、、、2007年07月13日以降(4938日)、、、
読んだ本   1080冊 (1日平均0.22冊)
読んだページ 262751ページ(1日平均53ページ)

atasinti – 読書メーター



文化的民族的違いを無視して西欧に比べて日本はダメだと批判することも、ただひたすら西欧化を目指すことも意味はない。
本能的に反射的に行動するのではなく、今一度、その行動は自分にとって、周囲にとってどうなんだと考えてから行動すること、そうできる心の余裕を持つことが大事なことなんだなぁと感じました。
パンデミックのときはそういう心の余裕を持てない人が増えてしまう、それが今の現状・・・
しーゆー。