人はなぜ逃げおくれるのか


人はなぜ逃げおくれるのか ―災害の心理学 (集英社新書) – 広瀬 弘忠 (著)


災害にあった人々への聞き取り調査やアンケートの結果より、災害時にどうすれば生き延びることができるのかを考えます。
人々がぱにっくに陥り我先に逃げようとすることで被害が拡大するというような事象は実は少ないのです。パニックはいくつかの条件が重ならないと起きないからです。
それよりも、人々がパニックに陥ることを恐れるあまり、実際よりも甘い情報を伝えて安心させようとしたことで、本来ならば逃げることができた人が逃げ遅れて多くの被害を生んだというようなケースの方が多いことがわかっています。
なお、2004年に書かれた本なので、東日本大震災は事例として出てきません。

~ もくじ ~

プロローグ・・・古い「災害観」からの脱却を目指して
第1章・・・災害と人間
第2章・・・災害被害を左右するもの
第3章・・・危険の予知と災害被害の相関
第4章・・・「パニック」という神話
第5章・・・生きのびるための条件
第6章・・・災害現場で働く善意の力
第7章・・・復活への道筋
エピローグ・・・「天」と「人為」の狭間に生きる人間として
参考文献


~ なるほどな一文 ~

防災担当者が心すべき鉄則は、まず、防災について素人である一般市民に正直であれ、ということだ。この原則が確実に実行される場合には、正常性バイアスにおちいる心配はない。(P115)


~ もう一つなるほどな一文 ~

ともあれ、パニックというセンセーショナルな言葉を濫用するのは間違いである。そして、パニックという言葉を用いて被害を説明しようとするときには、災害や事故の原因の究明を放棄して、防災上の失敗をごまかそうとする不純な動機があるのではないかと、まず疑ってみることが必要である。(P148)



これで、、、2007年07月13日以降(4605日)、、、
読んだ本   1016冊 (1日平均0.22冊)
読んだページ 246516ページ(1日平均53ページ)

atasinti – 読書メーター


生きのびた人の話しか聞けていないので、亡くなった方がなぜ逃げ遅れたのかは実は想像でしかないという点は置いておいて、、、
災害にあったときにいかに冷静に事態を見極めることができるかが生死を分けるということは、わかっちゃいるけど、いざというときにそれを思い出せるかどうか・・・
しーゆー。

悩めるローマ法王 フランシスコの改革


悩めるローマ法王 フランシスコの改革 (中公新書ラクレ) – 秦野 るり子 (著)


バチカンとはどういう国なのか、ローマ法王とはどういう立場の人なのか、バチカンが、カトリック教会が抱えている問題は何か、そして質素で庶民に寄り添うやさしい側面と自らが進めようとしている改革に邪魔な人は容赦なく切り捨てる厳しい側面を合わせ持つ現在のローマ法王フランシスコはどういう人なのか、どんな改革をしようとしているのか、
というようなことがよ~くわかります。

~ もくじ ~

はじめに
第1章 フランシスコ法王の誕生
第2章 法王とは、バチカンとは
第3章 ホルヘ・ベルゴリオからカトリック教会の頂点へ
第4章 なぜ、フランス栖個なのか
第5章 挑んだ改革
第6章 バチカン銀行の闇
第7章 外交
第8章 中国市場を求めて
第9章 性的虐待
第10章 離婚問題
第11章 改革の行方
おわりに
参考文献



これで、、、2007年07月13日以降(4599日)、、、
読んだ本   1015冊 (1日平均0.22冊)
読んだページ 246276ページ(1日平均53ページ)

atasinti – 読書メーター


個人的には、なぜ自分がカトリック教とは相いれないと感じているのかということが頭の中で整理できたような気がします。
もっとも、だからといってカトリック教信者の方々を否定するつもりはありません。
何を信じて生きていくかは、何を心のよりどころとして生きていくかは、それを他人に強要しない限りは、個人個人の自由ですから。
しーゆー。

第二の地球が見つかる日


第二の地球が見つかる日 (朝日新書) – 渡部 潤一 (著)


古代から人は宇宙を観測し、その世界を描いてきた。
最初は地球が世界の中心だった。しかし、その後の観測で太陽が世界の中心になった。さらにその後の観測で太陽系は銀河系の端っこに位置しており、銀河系の中心が宇宙の中心となった。さらにさらにその後の観測で、銀河はいくつもあり、離れて行っている、そんな宇宙となった。
そんな宇宙の中で、地球のように生命が生きている惑星を探し続けている人たちがいる。
宇宙観測がどのように行われているのか、一部フィクションを交えながら解説。
第二の地球の発見はもうすぐ?

~ もくじ ~

はじめに
第一章 観測風景
第二章 遥かな宇宙
第三章 満点の星の思い出
第四章 太陽系の中に第二の地球はあるか?
第五章 苦難の日々での出会い
第六章 太陽系外惑星研究の現状
第七章 希望への挑戦
第八章 異形の系外惑星たち
第九章 発見、その夜
第十章 第二の地球発見がもたらすもの
おわりに
参考文献




これで、、、2007年07月13日以降(4593日)、、、
読んだ本   1014冊 (1日平均0.22冊)
読んだページ 246061ページ(1日平均53ページ)

atasinti – 読書メーター


近い将来、第二の地球が見つかりそう?
ワクワクです。
広い宇宙の中、地球以外に生命が生きている星がないとは考えられません。
しかし、生命が生きているかもしれない星が見つかったからと言って、その星に行けるわけでも交流できるわけでもありません。果てしなく遠いから。
それに地球に似た環境でなければ生命は生きていけないという考え方も、私たちの勝手な思い込みに過ぎないのかもしれません。

また、未来の人から我々はこんな風に言われるかもしれません。
「昔の人は宇宙が膨張していると考えてたんだって。面白いね。」
そう、宇宙はまだまだ未知の世界なのです。
我々は未来の人から見ると、我々から見た天動説を信じていた人たちと同じなのです、きっと。
しーゆー。

捏造の日本史


捏造の日本史: 偽史をつくったのは誰か?なぜ信じられたのか? (KAWADE夢文庫) – 原田 実 (著)


教科書に書かれていたり、マスコミが広めていたりする日本の歴史には多くの嘘が混じっています。
そのいくつかの嘘を暴いていきます。

~ もくじ ~

【偽史1】日本に前・中期旧石器時代は存在した
【偽史2】与那国島沖に海底遺跡が発見された
【偽史3】縄文人は南米に渡っていた
【偽史4】日本人は、古代イスラエルの子孫
【偽史5】天皇家は朝鮮半島からやってきた
【偽史6】倭の五王は大和ではなく九州にいた
【偽史7】羊太夫は朝廷に滅ぼされた
【偽史8】『聖徳太子』は架空の人物である
【偽史9】安倍晴明は超能力者だった
【偽史10】義経は大陸に渡り、チンギス・ハンになった
【偽史11】観阿弥は楠木正成だった
【偽史12】兼好法師は『吉田兼好』である
【偽史13】足利義満は皇位簒奪を図って暗殺された
【偽史14】応仁の乱の元凶は悪女・日野富子にある
【偽史15】信長には生駒吉乃という本妻がいた
【偽史16】本能寺の変の黒幕は足利義昭だった
【偽史17】山田長政はシャムで太守となった
【偽史18】「人の一生は重荷を背負いて」は家康の名言
【偽史19】江戸時代は「士農工商」の身分制だった
【偽史20】江戸幕府は「鎖国」政策をとった
【偽史21】幕府は「慶安御触書」で農民に倹約を強いた
【偽史22】吉良上野介は瑤泉院に言い寄った
【偽史23】「船中八策」は坂本龍馬が起草した
【偽史24】坂本龍馬はフリーメイソンだった
【偽史25】鉄道反対運動のために宿場町がさびれた
【偽史26】戦時中、軍の命令でゾウが殺された
【偽史27】下山事件の黒幕はGHQである


~ なるほどな一文 ~

戦後日本の教育現場では、戦争は軍隊が行うものだから、軍隊さえなくせば戦争はなくなる、という主張が横行してきた。その結果、日本軍の残虐行為を真偽にかかわらず教え込む、それが「平和教育」だという風潮が生じたのである。(P203)



これで、、、2007年07月13日以降(4589日)、、、
読んだ本   1013冊 (1日平均0.22冊)
読んだページ 245821ページ(1日平均53ページ)

atasinti – 読書メーター


いつの世も歴史書というものはその時々の権力者が自分に都合がいいように書き換えたものであるということを認識すべきです。
我々が知っている幕末の歴史は、明治政府を作った薩長が自分たちに都合のいいように書いた歴史なのです。
しかし、今の日本は、戦後日本を支配していたGHQの支配からはもう逃れているはずなのに、なぜその歴史観をいつまでもいつまでも引きずっているのだろう・・・
しーゆー。

おそロシアに行ってきた


おそロシアに行ってきた – 嵐 よういち (著)


夏のウラジオストック、樺太、カーニングラード、モスクワ、冬のサンクトペテルブルク、イルクーツクの訪問記。

~ もくじ ~

まえがき
第1章 日本から一番近いヨーロッパ『ウラジオストック』
第2章 ロシアが実効支配を続ける『樺太(サハリン)』
第3章 ロシアの飛び地『カーニングラード』
第4章 ヨーロッパ最大の都市『モスクワ』
第5章 世界遺産都市『サンクトペテルブルク』
第6章 極寒のシベリア『イルクーツク』
あとがきとしての対談
文庫化のためのあとがき



これで、、、2007年07月13日以降(4583日)、、、
読んだ本   1012冊 (1日平均0.22冊)
読んだページ 245599ページ(1日平均53ページ)

atasinti – 読書メーター


どんな本を読むよりも自分が行って体験するのが一番であることは確かですが、私はおそらく一生ロシアにいくことはないかもしれない。
そんな私にとってこのような本は重宝します。
もちろん、旅行者の側からみたロシアのほんの一側面にすぎず、この本を読むことでロシアのことがすべてわかるわけではありませんが、臨場感あふれる表現は、どんなガイドブックにも代えがたいものがあります。
読むだけで寒くなってくる・・・
冬に読む本ではなかったかも。
しーゆー。

新聞という病


新聞という病 (産経セレクト)- 門田 隆将 (著)


ジャーナリズムの王として長く君臨した日本の新聞は、なぜ今、「国民の敵」となってしまったのか、事例をもとに考察。

~ もくじ ~

はじめに
「新聞記者」とはなにか
第一章 朝鮮半島危機に何を報じたか
第二章 報道は歴史を直視しているか
第三章 「謝罪」の後の主義主張
第四章 命より憲法という観念論
第五章 なぜ「現実」を報道できないか
第六章 ”ビラ”になった新聞
第七章 自ら放棄する言論の自由
おわりに



これで、、、2007年07月13日以降(4579日)、、、
読んだ本   1011冊 (1日平均0.22冊)
読んだページ 245359ページ(1日平均53ページ)

atasinti – 読書メーター


産経新聞はマトモ、そのほかの新聞、とくに朝日新聞と毎日新聞はヒドイという話ですが、一部は産経新聞に連載されていた内容だからそうなるのかなぁ。
でも、10ある事実のうち自分たちの主義主張に合う内容のみ7とか8とか、ひどいときには3とか5しか伝えず、それによって読者を自分たちの主義主張に誘導するという点においては、産経新聞も朝日新聞もたいして変わらないと思います。主義主張が真逆なので、何を報道し、何を報道しないか、その選択が違うだけ。
ただし、記事を捏造してまで読者を誘導しようとし、それによって日本の国益や安全を脅かしている朝日新聞の罪が重いという点はその通りだと思います。海外なら、そんなことが判明したらとっくに廃刊だと思いますが、そんな新聞をいまだに読んでいる人が大勢いるというのがとっても不思議です。

ところで、このような話のときに、いつも出てくる話として、新聞はもういらない、ニュースはネットで確認すればよいという話があります。しかし、ネットのニュースのほとんどはその元をたどっていくと出元は新聞社のサイトの記事だということを忘れています。新聞はもういらないではなく、正確には、新聞紙はもういらないというべきですね。でも、先述したように日本の新聞社の記事は事実をすべて報道しておらず、読者を自社の主義主張に合うようにミスリードしようとしています。したがって複数の新聞社が出元の記事を読んで、自分で考えるということが必要です。
しーゆー。

卑弥呼は金髪で青い目の女王だった


卑弥呼は金髪で青い目の女王だった (ロング新書) – 加治木 義博 (著)


古事記や日本書紀に書かれているものは、あっちこっちの伝承(言い伝え)を当て字の漢字で書かれたものです。それを後の時代の奈良や京都の言葉で読むから真実がわからなくなっているのです。沖縄や鹿児島の言葉で読み、そして現在も残る沖縄や鹿児島の地名に当てはめてみると、あ~ら不思議、そこに真実が見えてきます。これまで一人の人物の話と思われていたものが実は別々の人物の話だったり、逆に別々の人の話と思われていたものが一人の話だったりします。地名についても同様です。そして、これまで神話として片付けられていた話も実はそこに真実の歴史が書かれていたのです。
これで邪馬台国論争も終止符?

~ もくじ ~

まえがき―もうヒミコに謎はない!
第1章 卑弥呼と神功皇后をつなぐ謎のことば
第2章 卑弥呼の両親はイザナギ・イザナミだった
第3章 イチヨ(壹與)女王による卑弥呼政権打倒の真相
第4章 「帯方郡から女王国まで一万二千余里」の正しい計算法
第5章 ヒミコが仕えた「鬼道」はインドからきた?
第6章 アーリア系ヒミコとアショカ仏教布教団
第7章 ヒミコはなぜ女王に選ばれたか
第8章 黄金の女王ヒミコの黄金の国建国物語



これで、、、2007年07月13日以降(4575日)、、、
読んだ本   1010冊 (1日平均0.22冊)
読んだページ 245071ページ(1日平均53ページ)

atasinti – 読書メーター


強引にこじつけたような箇所もなきにしもあらずですが、そして奇想天外な説ではありますが、でも、数ある卑弥呼と邪馬台国の説の中ではもっとも説得力があるように思えました。
真実は一つ!
でも説は幾千・・・
だから古代史は面白い。
しーゆー。

炎上上等


炎上上等 (扶桑社新書) – 高須 克弥 (著)


高須クリニックの院長、高須克弥さんが自身のこと、自身が考えていることを書いた本。

~ もくじ ~

まえがき―誰も言わないなら僕が言う
第1章 ツイッターは今日も大漁
第2章 フリーメイソンの会員だけど聞きたいことがある?
第3章 誰もやらないなら僕がやる
第4章 いじめられても闘争心は失わなかった
第5章 自分の国ぐらい自分で守らなきゃ
第6章 中国、韓国、北朝鮮にも忖度せずに物申す
第7章 男も女も若さと美貌を欲しがる時代
第8章 日本ももう一度戦争をやってみたら?
あとがき―君たちはどう生きるか


~ なるほどな一文 ~

僕は、サイバラのことを”クマ”と呼んでいるんだ。彼女のことを対等の人間だと思えばすごく腹が立つけど、クマが何やってたって別に腹は立たないでしょ。要はそういうこと。(P100)



これで、、、2007年07月13日以降(4567日)、、、
読んだ本   1009冊 (1日平均0.22冊)
読んだページ 244793ページ(1日平均53ページ)

atasinti – 読書メーター


思想的にはかなり偏った方なので、合意できかねない箇所もありますが、しかしこの方の行動力はすばらしいです。
震災後の対応などは、相手を罵倒するだけで自分は何もしないそこらの右翼や左翼や政治家とはまったく異なります。

ところであのヘリコプターでドバイ上空を飛んでいたりアラブの方と談笑しているCMのことも書かれていましたが、結局あのCMで何を表現したかったのかはわかりませんでした。どうみても「ふふふ、私って金持ちでしょ!」って言ってるだけのCM。もともとアラブのお金持ち向けに作ったCMだということなので、私もあなたたちの仲間ですよって言いたかったのでしょうか。

そして、思想的に相いれないながらもこの方とお付き合いしているサイバラさんこと漫画家の西原 理恵子さんがいかにすごい人かがわかります。
しーゆー。

証言 昭和史のミステリー


証言 昭和史のミステリー (宝島SUGOI文庫) – 別冊宝島編集部 (編集)

昭和の迷宮入りの事件などについて、ワイドショー的にさらっと復習。

~ もくじ ~

世紀の捕物帳「三億円事件」痛恨の「誤認逮捕劇」と犯人と疑われた男の悲劇
新資料から読み解く連合赤軍事件「狂気の原点」印旛沼事件の全真相
「日航機墜落事故」いまだくすぶり続ける「米軍誤射説」の真贋
昭和の謎事件「帝銀事件」平沢貞通の実子と呼ばれた名プロデューサーの告白
「力道山を刺した男」実娘が語った「父・村田勝志」の知られざる晩年
長嶋監督「電撃解任劇」いまなお囁かれる「電話盗聴疑惑」の真相
私が封印した「車椅子の田中角栄」スクープ写真
「よど号事件」発生から10年―リーダー・田宮高麿の単独会見はこうして実現した
伝説の「猪木vsアリ」アリが猪木側に送っていた「エキシビション」を望む肉声メッセージ
「荒木虎美」から「三浦和義」まで昭和「保険金殺人」史
謎と狂気に満ちた「戦前」の未解決事件
元『中央公論』編集長の回想「風流夢譚」事件が私に教えた「言論の自由」より大切なもの
昭和10大未解決事件知られざるサイド・ストーリー



これで、、、2007年07月13日以降(4563日)、、、
読んだ本   1008冊 (1日平均0.22冊)
読んだページ 244554ページ(1日平均53ページ)

atasinti – 読書メーター


えぇ、そんなことがあったのか!
というような新事実などはほとんど書かれておらず、これまで週刊誌などに書かれた内容を簡略化してまとめたものです。
あぁ、そんな事件があったなぁ、という感じ・・・
昭和を知らない平成生まれの人たち向けの本だったかも。
しーゆー。

テンプル騎士団


テンプル騎士団 (集英社新書)- 佐藤 賢一 (著)


テンプル騎士団のはじまりから終わりまで。

~ もくじ ~

はじめに
第一部 テンプル騎士団事件―前編
第二部 テンプル騎士団とは何か
 第一章 テンプル騎士団は始まる
 第二章 テンプル騎士団は戦う
 第三章 テンプル騎士団は持つ
 第四章 テンプル騎士団は貸す
 第五章 テンプル騎士団は嫌われる
第三部 テンプル騎士団事件―後編
おわりに
参考文献




これで、、、2007年07月13日以降(4556日)、、、
読んだ本   1007冊 (1日平均0.22冊)
読んだページ 244267ページ(1日平均53ページ)

atasinti – 読書メーター


いつのまにやら各国に支部を持ち、国や諸侯のお金を取り扱う金融機関の役割までを持つようになったテンプル騎士団。
しかし組織というものは大きくなり過ぎると疎んじられるもので、その最後はあまりに悲惨・・・
しーゆー。