ジェンダーで見るヒットドラマ


ジェンダーで見るヒットドラマ 韓国、アメリカ、欧州、日本 (光文社新書) | 治部 れんげ, Jody Asano | Amazon

愛の不時着はなぜヒットした?
半沢直樹がウケる日本はヤバい?
欧米ドラマで夫がすぐに捨てられる理由は?
韓国ドラマの姑はなぜしつこい?
ジェンダー視点でドラマを見れば、世界のいまが見えてくる。

~ もくじ ~
序 章 ジェンダーでドラマを見ると社会がクリアに見えてくる
第一章 ジェンダー意識の高い韓国ドラマは厳しい格差社会の反動?
第二章 経済と性暴力の問題を統合するアメリカドラマ
第三章 稼ぐ女は見ていて辛い!?日本ドラマのジェンダー・ステレオタイプ
第四章 欧州とカナダのドラマに見る自己決定と幸せの相関
あとがき
参考文献


~ なるほどな一文 ~
問題は、すでに気づいている現場スタッフと、守られた市場に安住する経営陣の認識ギャップにあるのかもしれません。なぜ、今、日本の視聴者の時間とお金がアメリカのコンテンツ配信会社による海外番組に吸い取られているのか、日本の放送会社の経営陣は、本気で考える時に来ていると思います。(P204)




これで、、、2007年07月13日以降(5152日)、、、
読んだ本   1119冊 (1日平均0.22冊)
読んだページ 273257ページ(1日平均53ページ)
atasinti – 読書メーター




日本のドラマがダメダメなのは、いまだに昭和のオヤジがテレビ局を牛耳っているからに違いありません。
しーゆー。

宗教は嘘だらけ


宗教は嘘だらけ 生きるしんどさを忘れるヒント (朝日新書) | 島田 裕巳 | Amazon

人はなぜ、嘘をつくの? 人間は嘘の王様? 釈迦、孔子、親鸞の味な言葉から見えてくる、
『嘘からわかる人間のホント』
嘘を戒める宗教の教えから見えてくるのは、究極的な嘘の本質かもしれない――。

~ もくじ ~
はじめにーー宗教と嘘とはどう関係するのか?
第1章 戒律で禁じられた嘘
第2章 嘘も方便
第3章 異端は平気で嘘をつく
第4章 親孝行とは嘘をつくことなり
第5章 嘘を許さないキリスト教の仕組み
第6章 アッラーはすべてを許し給う
第7章 カントは嘘を革命した
第8章 なぜ人は嘘をつくのか
第9章 よろずのこと、みなもって、そらごとたわごと
おわりに--力のあることばは真偽を超えていく




これで、、、2007年07月13日以降(5148日)、、、
読んだ本   1118冊 (1日平均0.22冊)
読んだページ 272921ページ(1日平均53ページ)
\(^O^)/ 1日に辺りの平均読書ページが1ページ増えました!
atasinti – 読書メーター



それぞれの宗教が嘘に対してどういう考え方を持っているのかがなんとなくわかります。
しーゆー。

ディズニーとチャップリン


ディズニーとチャップリン エンタメビジネスを生んだ巨人 (光文社新書 1139) | 大野 裕之 | Amazon

ディズニーとチャップリン、固い友情と時代に翻弄された離別。知られざる二人の師弟関係。

~ もくじ ~
プロローグ
第1章 チャーリーとウォルト
第2章 キャラクターの権利の発明者チャップリン
第3章 ミッキーマウスの誕生 モデルはチャップリン
第4章 放浪紳士チャーリーとミッキーマウス
第5章 戦争 二人の別れ
第6章 二人の巨人のレガシー
エピローグ 二人が最後に見た夢
謝辞
主要参考文献




これで、、、2007年07月13日以降(5146日)、、、
読んだ本   1117冊 (1日平均0.22冊)
読んだページ 272681ページ(1日平均52ページ)
atasinti – 読書メーター



ディズニーとチャップリンにそんな関係があったのは知りませんでした。
しかし、なぜこの本のタイトルは「チャップリンとディズニー」じゃなくて「ディズニーとチャップリン」なんだ???
しーゆー。

理不尽な進化


理不尽な進化 増補新版 ――遺伝子と運のあいだ (ちくま文庫) | 吉川 浩満 |Amazon

生物種の99.9パーセントが絶滅する。生物の歴史はずいぶんと「理不尽」な遍歴をたどってきた。 本書は、絶滅という観点から生物の歴史を眺め、俗説が人びとを魅了する構造を理解することで、進化論の本当のおもしろさを読者に差し出す。

~ もくじ ~
まえがき
序章 進化論の時代
第一章 絶滅のシナリオ
第二章 適者生存とはなにか
第三章 ダーウィニズムはなぜそう呼ばれるか
終章 理不尽にたいする態度
文庫版付録 パンとゲシュタポ
あとがき
文庫版あとがき
解説(養老孟司)
参考文献
人名索引
事項索引


~ なるほどな一文 ~
では、自然淘汰説を正しく理解するとはどのようなことか。それは適者生存という言葉にあるとおり、生き延びて子孫を残す者を、まさしく適者として理解するということだ。生存するのは、強者(強い者)でも優者(優れた者)でもなく、あくまで適者(適用した者)であると理解するのである。(P95)




これで、、、2007年07月13日以降(5143日)、、、
読んだ本   1116冊 (1日平均0.22冊)
読んだページ 272385ページ(1日平均52ページ)
atasinti – 読書メーター



進化論のことがよくわかります。
ビジネスの世界などでよく「進化しなければ生き残れない」などと言いますが、それはまったく進化論的ではないことがわかります。
恐竜は優れていなかったから絶滅し、哺乳類は優れていたから生き残ったわけでもないし、進化したから生き残ったわけでもない。
たまたま起こった天変地異とその後の環境変化に、適応できたかできなかったかの違いで一方は生き残り他方は絶滅し、またある種が絶滅してくれたことで空いたスペースに別の種が入ることができたことで進化できただけのこと。
しかし、ちょっとくどすぎる、、、
400ページ以上もかけてくどくどと説明してくれなくてもよかったのに・・・
しーゆー。

新・人間関係のルール


新・人間関係のルール (光文社新書) | 辛酸 なめ子 |Amazon

SNSの悩みから
コロナで起きた変化まで
時代を乗り切るために……

~ もくじ ~
まえがき
【その1】人間関係のテクニック
【その2】試練への対処法
【その3】同調圧力のかわしかた
【その4】コロナで変わった人間関係
【番外編】人間不信になる前に
あとがき




これで、、、2007年07月13日以降(5136日)、、、
読んだ本   1115冊 (1日平均0.22冊)
読んだページ 271889ページ(1日平均52ページ)
atasinti – 読書メーター



自分はコミュ力不足と言う辛酸なめ子さんのエッセイ。
おそらく、というよりはぜったいに、巷に溢れるコミュ力アップのための数多くのハウツー本よりもずっとずっと役に立つに違いない本。
しーゆー。

さよならテレビ


さよならテレビ: ドキュメンタリーを撮るということ (976) (平凡社新書 976) | 阿武野 勝彦 | Amazon

『さよならテレビ』をはじめ、『人生フルーツ』『ヤクザと憲法』『ホームレス理事長』『神宮希林』など話題作を世に送り出してきたテレビ界の異才が「未来の表現者」へおくる体験的ドキュメンタリー論。

~ もくじ ~
プロローグ
第1章 テレビマンとは何者か
第2章 大事なのは、誰と仕事をするか
第3章 表現とタブー
第4章 放送は常に未完である
第5章 世の中には理解不能な現実がある
第6章 ドキュメンタリーを、誰が求めているのか
第7章 「ダメモト」が表現世界を開く──〈司法シリーズ〉のこと
第8章 「ドキュメンタリー・ドラマ」とは何か
第9章 あの時から、ドキュメンタリーは閉塞した世界だった
第10章 題材は探すのではなく、出会うもの
第11章 組織の中の職人は茨の道
第12章 「わかりやすさ」という病
第13章 樹木希林ふたたび
エピローグ


~ なるほどな一文 ~
異物を取り除き、均質化を求め続けてきた私たちの社会。戦後、ひたすら清潔さを追い求め、無臭化、無菌化に突き進んできた。誰もが違和感を持っていると思うのだが、キレイは否定できないし、脅威は取り除きたい。だから、この流れは簡単に止まらない。
一方、不祥事を起こしたり、批判されることを恐れ、「安心・安全」を仕事の上位概念に位置付けてしまったテレビ。自由に表現を繰り出す困難さが、日に日に進行している。(P93)


~ もう一つなるほどな一文 ~
理想より現実。過程より結果。内容より視聴率。これではもはや詐欺師に近いような情報商人に落ちていく。(P347)




これで、、、2007年07月13日以降(5127日)、、、
読んだ本   1114冊 (1日平均0.22冊)
読んだページ 271657ページ(1日平均52ページ)
atasinti – 読書メーター



テレビの現場にいる人によるテレビ内部の問題を取り上げた本かと思ったら、『さよならテレビ』というドキュメンタリー番組を始めとした筆者がこれまで携わってきた数々のドキュメンタリー番組の振り返り。自慢話のようにも聞こえる内容で、ちょっとがっかり。
エピローグに誰もが思っていることと同じことが書いてあるだけ・・・
でも、これはこれで面白い内容ではありました。
テレビ局の人がまるで自分たちが特権階級のような考え方をしてしまうのがなぜなのかも少しわかった気がします。
しかしテレビ黎明期の頃とはもう社会のありようもかわっているのです。
そのことに気が付かないテレビマンが多いのが一番の問題なのかなぁ・・・
しーゆー。

紙の月


紙の月 (ハルキ文庫) | 角田 光代 | Amazon

銀行で契約社員として働く41歳の主婦が約1億円を横領・・・

~ もくじ ~
プロローグ
第一章
第二章
第三章
第四章
第五章
第六章
解説 吉田大八




これで、、、2007年07月13日以降(5119日)、、、
読んだ本   1113冊 (1日平均0.22冊)
読んだページ 271305ページ(1日平均52ページ)
atasinti – 読書メーター



テレビドラマ化も映画化もされている小説だったのですね。
どちらも見ていません。
テレビドラマは原田知世さん、映画は宮沢りえさんが主人公を演じているとのことですが、どちらかといえば、原田知世さんの方がイメージに合う気がします。
この小説に出てくる女性たちの感覚は、私には一生わからないかもしれない・・・
しーゆー。

シン・エヴァンゲリオン論


シン・エヴァンゲリオン論 (河出新書) | 藤田直哉 | Amazon

テレビ版の放送開始から26年、ついに完結を迎えた大ヒット作品『エヴァンゲリオン』を詳細に読み解く。それは戦後日本の精神史・文化史であり、オタクの成熟の物語ともなるだろう。

~ もくじ ~
まえがきー『エヴァンゲリオン』という巨大な「インパクト」
Ⅰ 往相
  1『新世紀エヴァンゲリオン』
  2『新世紀エヴァンゲリオン劇場版 Air/まごころを、君に』
Ⅱ 儀式
  1『ラブ&ポップ』
  2『GAMERA1999』
  3『式日』
  4『キューティハニー』
Ⅲ 還相
  1『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序』
  2『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』
  3『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』
  4『シン・ゴジラ』
  5『シン・エヴァンゲリオン劇場版』
主要参考文献
あとがき


~ なるほどな一文 ~
結婚生活とは、異質な他者との共同生活である。筆者も共感する部分があるのだが、自分自身ではない存在と共同生活をするとは、その異質性を如何に許容し合うのかが肝である。自分自身の思い通りにすることは叶わないのである。理想の相手など、この世には存在しないのだ。(P163)




これで、、、2007年07月13日以降(5116日)、、、
読んだ本   1112冊 (1日平均0.22冊)
読んだページ 270946ページ(1日平均52ページ)
atasinti – 読書メーター



テレビシリーズなど旧作を見ていなかった私は、新劇場版だけ見てエヴァンゲリオンがわかった気になっていましたが、それは大きな間違いだったことがわかりました。
旧作と新劇場版はそれぞれの年代の出来事やそれに対する庵野秀明さんの思いが反映されていて、大きく異なったものだったんですね。
またオタクのみなさんとともにあった旧作は最後の最後にオタクのみなさんに対して、お前らそんなんじゃだめだと突きつけるような作品だったんですね。
でも、今からテレビシリーズから全部見直そうとは思わないかな・・・
しーゆー。

挑発する少女小説


挑発する少女小説 (河出新書) | 斎藤美奈子 | Amazon

大人になって読む翻訳少女小説は、子どもの頃には気づかなかった発見に満ちている。懐かしいあの名作はいま、何を教えてくれるのか?

~ もくじ ~
はじめに――少女小説って何ですか?
1 魔法使いと決別すること――バーネット『小公女』
2 男の子になりたいと思うこと――オルコット『若草物語』
3 資本主義社会で生きること――シュピーリ『ハイジ』
4 女の子らしさを肯定すること――モンゴメリ『赤毛のアン』
5 自分の部屋を持つこと――ウェブスター『あしながおじさん』
6 健康を取り戻すこと――バーネット『秘密の花園』
7 制約を乗りこえること――ワイルダー『大草原の小さな家』シリーズ
8 冒険に踏み出すこと――ケストナー『ふたりのロッテ』
9 常識を逸脱すること――リンドグレーン『長くつ下のピッピ』
おわりに――挑発する少女小説
主な参考文献




これで、、、2007年07月13日以降(5113日)、、、
読んだ本   1111冊 (1日平均0.22冊)
読んだページ 270722ページ(1日平均52ページ)

atasinti – 読書メーター



わたしは1冊も読んだことはありませんでした。
なので、ふーん、そんなお話だったんだ、という感じです。
だからと言って今から読んでみようとも思いません。
しーゆー。

古代史に隠された天皇と鬼の正体


古代史に隠された天皇と鬼の正体 (PHP文庫) | 関 裕二 | Amazon

日本人は、鬼が大好きだ。お伽話は鬼で溢れている。
鬼とはいったい何者なのか。
古代日本人にとって「鬼」とは「祟る神」であり、大自然そのものだった。
恵みももたらせば、災害も起こす。強力なパワーを持つ、目に見えない、恐ろしい存在は、すべて鬼だったのだ。
また、天つ神の末裔である天皇も同様に恐ろしい存在と見なされた。

~ もくじ ~
はじめに
第一章 弱い王と祟る神
第二章 「神と巫女」と天皇
第三章 藤原氏に「鬼」にされた人々
第四章 「鬼」の物語に潜む真相
おわりに
主要参考文献




これで、、、2007年07月13日以降(5106日)、、、
読んだ本   1110冊 (1日平均0.22冊)
読んだページ 270434ページ(1日平均52ページ)

atasinti – 読書メーター



面白い内容でした。
これも一説に過ぎないわけですが、だから古代史は面白い。
そして、前にも別の本を読んだときに書いたけど、この本の著者は本当に藤原氏がきらいらしい。
しーゆー。