Twiccaを使ってみた

Facebookの「Android userグループ」での投票やコメントで一番人気だった、Android用Twitterクライアント「Twicca」をインストールして使ってみました。

タイムラインはこんな感じ。

私の投稿にのみ左端が青くなっていますが、これは初めからそうなっていたわけではなく、「カラーラベル」を設定した結果です。

タイムラインで投稿をタップすると以下のように表示されます。RTは公式RTとコメント付きの非公式RTが選択できます。

この中のカラーラベルを設定するをタップすると以下のように色を選択でき、これを行うことで、その人の投稿の左端にその色が表示されるようになります。

引用してリツート(非公式RT)の場合、以下のように投稿画面が表示されますが、カーソルがRTの前にあるところが、引用したツイートの最後にカーソルがあるほかのアプリにはないきめ細かさだと思います。

プロフィールページはこんな感じ。

一番下のリストアイコンをクリックするとリスト一覧へ。

リストへはまたタイムラインでメニュー表示して、そこからアクセスすることもできます。このあたりは「Seesmic」と同じです。

ということで、タイムラインから個別Tweetページを経由せずにReplyやRTができる点(と言ってもポップアップを表示しているので手数は同じ)と個人別のカラーラベルが特徴のようです。
ただ、このカラーラベル、個別に設定しなければならないので、たとえばあるリストに登録している人にはまとめて色を設定するとかできるともっといいのになぁ。
そんな「Twicca」なのでした。

p.s.
今回、とくに投稿にぼかしなど入れておりませんが、不都合があればご連絡ください。

FlickroidでFlickrに投稿

スマートフォンで撮った写真を写真共有サービス「Flickr」に投稿するアプリ「Flickroid」をインストールして使ってみました。

写真を撮ったら共有ボタンをタップ

Flickroidを選択

タイトルなどを記載してアップロード

あれっ???
下記の紹介ブログでは、「Share with the following Blogs:」のところにTwitterがあるのに、
私の場合は、BloggerとLiveJournalのBlogしかでてこない。。。

とりあえずアップロードしてみたら・・・
ちゃんとFlickrには投稿されました。

(画像をクリックするとFlickrの該当写真ページを表示します)

しかし、「おとうさんの独り言@Blogger」にも、「おとうさんの独り言@LiveJounal」にも投稿されていませんでした。
なんでかなぁ。。。

ということで、、、
「なんで、ボクのFlickroidはTwitterが嫌いなの?」
そんなFlickroidなのでした。

関連ブログ
【Tips】AndroidでFlickr+Twitterを使う。 -Flickrroid- 【Android】
by TAKA@P.P.R.S TECH!!!! at 2011.01.24

Android版HootSuiteを使ってみた

Twitterクライアント「HootSuite」のAndroid版アプリをインストールしてみました。

さぁ、ログインしようとしたら・・・

orz…

もういいよ、使ってやんない!
と思ったけど、気を取り直して再度、ログインにチャレンジ。
無事、ログインできました。

(一部ぼかしをいれています)

タイムラインはこんな感じ。TweetDeckと同様、自分の投稿はアイコンが右に表示されます。

(一部ぼかしをいれています)

個別Tweetを表示するとこんな感じ。

ここからReplyやRTができます。
Android用Twitterクライアントって、どれもタイムラインから直接ReplyやRTができないんですね。

「リツィート」をタップすると以下のようなポップアップが表示され、公式RTかコメント付きのRT(非公式RT)かを選択できます。

「コメント」を選択すると以下のような投稿画面に。

TweetDeckと同じように、横にフリックするとびゅんびゅんとMentionsやDirectMessageやWEB版HootSuiteで登録していたListを表示することができます。
下記はfrontaleのListを表示したところ。

(一部ぼかしをいれています)

この「横びゅんびゅん」のTweetDeckとの違いは、TweetDeckの場合は端っこまでいったら逆に戻らないといけませんでしたが、HootSuiteは1回転してくれるところです。コレは便利。

プロフィール画面はこんな感じ。リストへは右上のアイコンから。

リスト一覧

(一部ぼかしをいれています)

ところで横にフリックして表示するStreamを追加したり削除したりをどこでやるのかがよくわかりません。
メニューを表示させると設定があります。

(一部ぼかしをいれています)

設定画面。

上記設定画面に「タブ・ストリーム管理」というのがありますが、ここを表示しても結局、Streamの追加・削除をどうやるのか、さっぱりわかりませんでした。

ということで、フリックが回転してくれる点はいいんだけど、簡単にフリックで表示するリストやハッシュタグを追加できるTweetDeckの方が個人的には使いやすいと感じました。

Android用QRコードスキャナー

ケータイの時はQRコードの読み取りを結構活用していましたが、スマートフォンの場合はQRコードを読み込むアプリのインストールが必要。
ということで、「QRコードスキャナー」をインストールしてみました。

起動するとこんな感じ。

QRコードを読みとるとこんな感じ。

コレは便利なツール、というよりは、必須のツール!

続・Android版Seesmicを使ってみた

先ほど、Android版Seesmicはリストにたどりつくのが面倒と書きましたが、タイムラインを表示している状態でスマートフォンのメニューボタンを押すと「リスト」が出てきてココからリスト一覧へ行くことができました。

(一部ぼかしをいれています)

でも、「TweetDeck」の横フリックでびゅーんの魅力には勝てない。

My関連エントリー
Android版Seesmicを使ってみた at 2011.06.17

Android版Tweetdeckを使ってみた

先ほどのSeesmicと似たようなTwitterクライアント「TweetDeck」のAndriod版アプリをスマートフォンにインストールして使ってみました。

タイムラインはこんな感じ。

(一部ぼかしをいれています。)

自分のTweetはアイコンが右に。
やはりSeesmic同様、タイムラインから直接ReplyやRTはできないようです。

個別Tweetページ。

ありゃ、カメラが写りこんでしまってるのは、ご愛嬌と言うことで(^^;

RTは非公式RTのようです。

ここでも、カメラが写りこんでしまってるのは、ご愛嬌と言うことで(^^; 以下、同様

このTweetDeckのすごいところは、びゅんびゅんと横にフリックすると、MentionやDirectMessageを表示してくれます。
下記はMention。

(一部ぼかしをいれています。)

またこの横フリックで表示するColumnは追加することができます。

たとえば「frontale」で検索すると以下のように、ハッシュタグ「#frontale」が表示されましたが、下の「Add Column」をタップすると、このハッシュタグ「#frontale」が横フリックでびゅんびゅんとすると表示されるようになります。

(一部ぼかしをいれています。)

プロフィールページはこんな感じ。

ここでも下の方にリストが表示されています。Seesmicよりは1タップ少ないところはいいかも。

リストを選択すると、そのリストのTweetが表示されますが、ここでも下の「Add Column」をタップすると、このリストが横フリックでびゅんびゅんとすると表示されるようになります。

(一部ぼかしをいれています。)

ということで、横フリックがとっても魅力なAndroid版「TweetDeck」なのでした。

Android版Seesmicを使ってみた

どこで見たのか忘れてしまいましたが、、、
Android用Twitterクライアントソフトの人気投票のようなもので、一番人気だった「Seesmic」のAndroidアプリをスマートフォンにインストールして使ってみました。

タイムライン表示はこんな感じ。自分の投稿は背景色が変わります。

(一部、ぼかしを入れています。)

個別Tweetを選択するとこんな感じ。

RTボタンをタップすると、公式RTとコメントをかける非公式RTを選択できます。

非公式RTを選択すると、こんな感じの投稿画面に。

プロフィール画面はこんな感じ。

プロフィールの一番下にリストが。

ここをタップするとリストの一覧。

ここでリストを選択することでやっとリストを表示。

(一部ぼかしをいれています)

ということで、中々見やすく使いやすいんですが、
リストにたどりつくのがちょっと面倒、
タイムラインから直接ReplyやRTができず、一度個別Tweetページを表示しないといけない、
というところがちょっと不便かな、
そんな「Android版Seesmic」なのでした。

My関連エントリー (WEB版のレビュー)
Seesmicを使ってみた
by あたしンちのおとうさんの独り言~2010.12.23 at 2010.04.07

スマホでもiチャネル?

NTTドコモは6/22にスマートフォンでも「iチャネル」を使えるサービスを開始するとのこと。
ところが・・・

NTT ドコモが現時点で i チャネル対応としているスマートフォンは以下の通り。

・Optimus bright L-07C
・MEDIAS WP N-06C、Xperia acro SO-02C
・GALAXY S II SC-02C
・AQUOS PHONE SH-12C
・F-12C、P-07C、AQUOS PHONE f SH-13C

あのぉ、、、「REGZA Phone T-01C」が見当たらないんですけど(笑
まぁ、個人的にはお金払ってまで使おうというサービスじゃないからいいんですけどね。。。

関連ニュース
NTT ドコモ、情報配信サービス「i チャネル」をスマホにも提供へ
by japan.internet.com at 2011.06.17
ドコモ、「iチャネル」をスマートフォン向けに提供
by CNET at 2011.06.17

ドコモはiPhoneの提供は考えていない

NTTドコモはiPhoneの提供は考えていないと正式に回答したということです。その理由は・・・

ドコモはiモードをご利用いただいているお客様がスマートフォンへ移行された際にもiモードで実現しているサービスを提供していきたいと考えているところ、iPhoneではそれが不可能であるため、iPhoneの提供は考えていない。

ドコモのAndroidのスマートフォンを使いはじめたおとうさんですが、「スマートフォンへ移行された際にもiモードで実現しているサービスを提供していきたい」ということですので、iモードメールだけでなく、今ドコサーチもよろしくおねがいしますよ、ドコモさん。

関連ニュース
【速報】NTTドコモが「iPhoneの提供は考えていない」と正式に回答
by GIGAZINE at 2011.06.17
ドコモ、株主総会で「iPhoneを発売する予定はない」
by CNET at 2011.06.17
NTTドコモ、株主総会で「iPhoneの発売はない」と断言
by ケータイWatch at 2011.06.17

WPtouch

WordPressのブログをiPhoneやAndroidのスマートフォンで閲覧しやすくするプラグイン「WPtouch」を導入していたのですが、ケータイをスマートフォンにしたので、確認して見ました。

このブログにスマートフォンでアクセスするとこんな感じ。

ブログの個別エントリーページはこんな感じ。

下にはコメント欄。

ということで、なかなかいい感じです。
でも、ココからログインできるといいのになぁ。。。