Softbank」タグアーカイブ

ソフトバンクの携帯を契約したまま死ぬと・・・

sb20160823

ソフトバンクの携帯所持者がお亡くなりになった後で、契約を解除するためには、死亡診断書の原本が必要だとのこと。
つまり、役所に届けるよりも先に、ソフトバンクのショップに死亡診断書の原本を持っていく必要があるとのこと。
ちなみに、ドコモやauはコピーでOKだそうです。
一応、ソフトバンクでも、死亡診断書の原本がない場合も、戸籍謄本や住民票、埋葬申請書などでもよいそうですが、なんとも面倒です。
ソフトバンクの携帯ご利用者、というよりも家族が利用されている方はご注意を。
 
仕方ないよね、だってソフトバンクだもん。
 
 
関連ニュース
ソフトバンクの携帯を契約したまま死ぬとこうなる:ハムスター速報
ソフトバンクモバイルは、死んだら解約出来ません。今に限った事ではなく。 – No!SoftBank
 
 

カテゴリー: Mobile Phone and Smart device | タグ: | コメントする

「アメリカ放題」無料キャンペーンがひっそりと終了?

以前はネタの宝庫だったソフトバンク。でもこのところおとなしかったんですが、このたび、いかにもソフトバンクというようなネタを提供してくれました。

大々的な広告とともに2年ほど前に始まったソフトバンクの「アメリカ放題」の無料キャンペーンが、ホームページの片隅に告知されてはいたものの、利用者に通知することもなく、ひっそりと終了していたそうで、それに気がつかなかった利用者の中には、先月まで無料だったサービス料金がいきなり1万円以上の請求となってびっくりという方もいたようです。

アメリカでソフトバンクの携帯をご利用予定の方は「前に行ったときはタダだったのに!」とならないように、ご注意を。

でも、、、
仕方ないよね、だってソフトバンクだもん。
 
 
などと書いていたら、無料再開のニュースが。
よかったですね。
 
 
関連ニュース
~終了のニュース~
アメリカ放題「無料」がひっそり終了 「ひっそり過ぎるわ!」と大混乱 : J-CASTニュース at 2016.07.14
対象者は申込を:ソフトバンクの「アメリカ放題」、キャンペーン終了で高額請求の場合も – ITmedia Mobile at 2016.07.15
 
~再開のニュース~
ソフトバンクの「アメリカ放題」無料キャンペーン、“再開” – ケータイ Watch at 2016.07.15
ソフトバンクが「アメリカ放題」の騒動で謝罪–無料期間を延長 – CNET Japan at 2016.07.15
 

カテゴリー: Mobile Phone and Smart device | タグ: | コメントする

NTTを騙ったソフトバンク光の入れ替え工事?

ソフトバンクが駅前でADSLを売り始めるよりも前に、いきなりADSLルータが送りつけられてきたことがありましたが、
今でもまだ、こんな詐欺行為をやっているとは驚きです。
十分ご注意ください。

仕方ないよね、だってソフトバンクだもん

もちろん、ソフトバンクはこう言うでしょう。
「代理店が勝手にやったことです。」
代議士が「秘書が勝手にやった」というのと同じですね。
 
 
関連ブログ
【詐欺】NTTを騙ったソフトバンク光の入れ替え工事【証拠は残さない】 – Windows 2000 Blog at 2015.09.25
【ご注意ください】株式会社JMT、エヌティーサポート、ベイシスイノベーション、株式会社RGイノベーションといった悪質な代理店がNTTを名乗って So-Net NURO光の詐欺まがいの勧誘をしている件 at 2015.09.23
 

カテゴリー: PC and Internet | タグ: | コメントする

Softbankはゲームの画像も圧縮?

しかたないよね、だって、ソフトバンクだもん。
 
 
関連ニュース
スマホゲームの不具合、原因はソフトバンクの画像圧縮 – すまほん!! at 2015.06.13

SoftBankが行っていた「通信の最適化」が原因でした。SoftBankは画像を圧縮することでトラフィックの負荷を軽減しています。しかしこれは自分が撮った写真や、保存した画像も劣化していることに他なりません。これがゲームアプリにまで影響を及ぼしていたということになります。

 

カテゴリー: Mobile Phone and Smart device | タグ: | コメントする

エリアマップのウソホント

エリアマップ上でもドコモを超えたというソフトバンクですが、ソフトバンクのエリアマップでは赤く塗られている(つまりエリア内)なのに圏外のところが多々あるらしい。
どうやら、ドコモのエリアマップは検証結果なのに対して、ソフトバンクのエリアマップは設計上電波が届いているであろうところは検証できなくても全部赤く塗っているからということらしい。

しかたないよね、だって、ソフトバンクだもん。

もっとも、下記ニュースの著者の憶測が混じっているので、確かな情報ではありません。
しかし、さもありなんと思わせてしまうところがソフトバンクのすごいところかも(笑

関連ニュース
帰ってきたマイドきっさ ソフトバンクがマップのエリアでドコモを超えたワケ at 2014.11.30

これは両社のエリアマップの作成ポリシーに明確な差があるものと考えられます。
 具体的に言いますと、ドコモは通常人の立ち入れない場所での圏内表示を最小限に留めてあるのに対し、ソフトバンクは設計上エリアになりうる場所は全部圏内に塗ってあるということです。
 そして、それがマップ上の圏内面積の拡大に大きく寄与することに繋がっています。

 まともな道路がない場所や山林地帯など、人の立ち入りが難しい場所は、実際にその場所が圏内なのかどうか、検証が非常に難しいか、ほぼ不可能です。
 逆に、人が集まる場所ではしっかりと表示しないと、マップの信頼性が崩れますから、恐らく正確に示しているでしょう。
 先ほどの鹿児島県のソフトバンクのマップでは、マップ全体の圏内面積が広そうなのに、大規模な公園が圏外になっているケースがありました。

 
 

カテゴリー: Mobile Phone and Smart device | タグ: , | コメントする

現金つかみ取り?

Google+で紹介されていた写真ですが、、、
これは醜い下品なサービス!

しかたないよね、だってソフトバンクだもん。

代理店が勝手にやっていることなんでしょうけれど。

お祭りとはいえ、これはセンスがないというか、お金の扱い酷いんじゃないかな…。SoftBank…。

sb20140725

 

カテゴリー: Mobile Phone and Smart device | タグ: | コメントする

ソフトバンク「通信速度No1」のカラクリ

なるほど、ユーザが好むか好まないかに関係なく、有無を言わさず画質を落として通信することで、高速化を図っていたってことですね。
しかたないよね、だってソフトバンクだもん。。。

関連ニュース
ソフトバンクの「通信速度1位」のカラクリが明らかに | BUZZAP!(バザップ!) at 2014.06.04
ソフトバンクモバイルを中心に、業界界隈における「通信の最適化」問題が再燃したようです at 2014.06.06

カテゴリー: Mobile Phone and Smart device | タグ: | コメントする

ソフトバンクがLINEを買収?

胡散臭い会社が胡散臭い会社を買収する話など、どうでもいいではないかって?
心情的には、親会社が韓国の会社よりはまだソフトバンクの方が信頼できそうな気が、、、、
いや、どっちもどっち???

ただ、ソフトバンクのユーザを優遇するようなサービスになっちゃったら、それはそれで終わりかも。。。

関連ニュース&ブログ
ソフトバンクがLINE株式取得を検討? – ITmedia ニュース at 2014.02.25
緊急投稿!LINEをソフトバンクが買収したいと思う3つの理由! | ホリエモンドットコム at 2014.02.25
ソフトバンクがLINEの買収に動いているとの飛ばし記事に株式市場が全員参加で飛びつく : 市況かぶ全力2階建 at 2014.02.25

カテゴリー: Mobile Phone and Smart device | タグ: , | コメントする

繋がりやすさNo1?

グループ企業による調査結果を元に「繋がりやすさNo1」と今なお叫んでいるソフトバンクですが、実態はこんな感じ?

47都道府県別に"つながりやすさ満足度"を調査、つながりやすさはドコモ、KDDIの2強、ソフトバンクを引き離す – ネオマーケティング調査 | マイナビニュース

tunagariyasusa

ん?
あのCM、もしかしたら見えないところに小さく「大阪と長野のみ」って書いてあったりする?

しかたないよね、だってソフトバンクだもん。

カテゴリー: Mobile Phone and Smart device | タグ: | コメントする

ソフトバンクのCMとドコモのCM

「繋がってる」「繋がってる」と連呼するソフトバンクのCMと、
「Strong.」と叫ぶドコモのCM

ソフトバンクのCMは、ソフトバンクが見ている人に何が言いたいのか、一目瞭然だし、
おそらく見ている人のうち、その意図が分からない人はほとんどいないと思われます。
このあたりは、さすがソフトバンクです。

一方、ドコモの「Strong.」の意味が分かる人って、どれくらいいるんでしょうか?
「Strong.」って落としても壊れないスマホなのか?って思ってる人もいるかもしれません。
もちろん「LTEエリア化率1位」とか「ダウンロード速度1位」という説明はありますが、そもそも「LTEエリア化1位だとどうなるの?」っていう人の方が多いのではないでしょうか?
グループ企業の調査結果をもとに1位って言っているソフトバンクと違って、こちらは第三者の日経の調査結果をもとにしているというのに、まったくもったいない話です。
このあたり、もっとちゃんと利用者に直接、わかりやすく訴えかける方法を身につけなければ、今の状況は打破できないんではないでしょうか。
一人負け状態はけっしてiPhoneを持っていないからというような単純な理由ではないと思う今日この頃です。

SoftBank 白戸家「シンジ来る」樋口可南子 香川真司 上戸彩 ボブ・サップ – YouTube

▶ LTE「Strong. 本田さんと謙さん」篇 – YouTube

 

カテゴリー: Commercial Message, Mobile Phone and Smart device | タグ: , | コメントする