光る君へ『旅立ち』


とうふです。
今週のNHK大河ドラマ「光る君へ『旅立ち』」、面白かったです。
清酒納言が枕草子を書き始めたのはまひろの提案?
実際はそんなことはなかったのでしょうけれど、面白いです。
そして父・為時とともに越前へ。
次回から越前編。
次回も楽しみ。

Googleフォトのアルバム「『光る君へ』落書きノート」にも絵を追加しました。
しーゆー。

光る君へ『望みの先に』


とうふです。
今週のNHK大河ドラマ「光る君へ『望みの先に』」、面白かったです。
父・為時が淡路守に任命され、惟規、いとも大喜び。しかしまひろは、宋の言葉を解する父は越前守の方が適任だと考え、こっそり策を練る。
それに道長が答えてくれて、父は越前守に。
ちょっと出来すぎ・・・
一方、伊周と隆家の処分は、遠流という甘い処分だけど、都以外で過ごしたことがない伊周には耐えがたい処分なのかなぁ、、、
次回も楽しみ。

Googleフォトのアルバム「『光る君へ』落書きノート」にも絵を追加しました。
しーゆー。

光る君へ『放たれた矢』


とうふです。
今週のNHK大河ドラマ「光る君へ『放たれた矢』」、面白かったです。
まひろは、清少納言のはからいで内裏の登華殿を訪れて中宮の定子と初対面。そこへ一条天皇が現れ、そそくさと奥へ…
まぁ、子を産むのが一番の仕事の人たちだからなぁ、、、
“事”が終わった後、一条天皇・中宮と面会したまひろは自分が願う政りごとの話をする。
一方、伊周、隆家の兄弟は、伊周の女の妹を訪問していた男を、伊周の女を訪問したと勘違いして脅しの矢を放つ。
なんとその男は花山院。
あぁ、伊周、隆家兄弟、やっちまったなぁ・・・
あの立派なお籠を見たら、そんなことしたらたいへんなことになるとわかりそうなものだけど、亡き父道隆が甘やかして育てたから、そうなっちゃたのね・・・
次回も楽しみ。

Googleフォトのアルバム「『光る君へ』落書きノート」にも絵を追加しました。
しーゆー。

光る君へ『岐路』


とうふです。
今週のNHK大河ドラマ「光る君へ『岐路』」、面白かったです。
藤原道兼は関白になって7日で去った。
母に対してもかたくなに次の関白は伊周に決めたと言っていた一条天皇でしたが、
一条天皇は伊周ではなく道長を、関白ではなく右大臣に任命した。
関白ではなく右大臣にというのは道長の希望だったそう。
官僚のトップにたった道長は何をする?
自分はやらないと言っていた幼い娘を入内?
それはまだもう少し先の話か?
次回も楽しみ。

Googleフォトのアルバム「『光る君へ』落書きノート」にも絵を追加しました。
しーゆー。

光る君へ『うつろい』


とうふです。
今週のNHK大河ドラマ「光る君へ『うつろい』」、面白かったです。
藤原道隆はやっと逝ったか、という感じでした。
伊周を関白にと一条天皇にまで迫るなんとも見苦しい最期でした。
次の関白を伊周にするほど一条天皇はバカではない。
次回も楽しみ。

Googleフォトのアルバム「『光る君へ』落書きノート」にも絵を追加しました。
しーゆー。

光る君へ『華の影』


とうふです。
今週のNHK大河ドラマ「光る君へ『華の影』」、面白かったです。
下々のことなど知ったことではない、自分たちさえよければよい、そんな藤原道隆・伊周親子らと反目する道長。
実際の道長がどうであったかは別として、ここでの道長は正義のヒーローなのです!
なによりも一条天皇がすばらしい人であるのがせめてもの救い。
そんな一条天皇を将来支える大きくなった彰子を誰が演じるのか気になります。
次回も楽しみ。

Googleフォトのアルバム「『光る君へ』落書きノート」にも絵を追加しました。
しーゆー。

光る君へ『おごれる者たち』


とうふです。
今週のNHK大河ドラマ「光る君へ『おごれる者たち』」、面白かったです。
定子に仕えることになり清少納言と名付けられたききょう。
石山寺で『蜻蛉日記』の作者、藤原道綱の母と会い、ものを書くことでさびしさを紛らわしたという話を聞いたまひろ。
2人の人生が動き出しました。
それにつけても、道綱は面白すぎる・・・
次回も楽しみ。

Googleフォトのアルバム「『光る君へ』落書きノート」にも絵を追加しました。
しーゆー。

光る君へ『星落ちてなお』


とうふです。
今週のNHK大河ドラマ「光る君へ『星落ちてなお』」、面白かったです。
まひろ(紫式部)とききょう(清少納言)は仲良しだったの?
そして兼家がなくなり、長男道隆のやりたい放題が始まった。
でも、安倍晴明も言ってたように長くは続かないのよね・・・
次回も楽しみ。

Googleフォトのアルバム「『光る君へ』落書きノート」にも絵を追加しました。
しーゆー。

光る君へ『進むべき道』


とうふです。
今週のNHK大河ドラマ「光る君へ『進むべき道』」、面白かったです。
明子は、、、やっぱり、怖ーーーい女・・・
定子はしっかり一条天皇を手なずけています。
そして兼家の体調が思わしくなく、息子たちの骨肉の争いが始まろうとしている?
次回も楽しみ。

Googleフォトのアルバム「『光る君へ』落書きノート」にも絵を追加しました。
しーゆー。

光る君へ『思いの果て』


とうふです。
今週のNHK大河ドラマ「光る君へ『思いの果て』」、面白かったです。
道長が父に願い出たのはやはり倫子との縁談を進めるということでした。
妾でもよいと道長につげようと思ったまひろだったが、相手が倫子と知り、その言葉を胸にしまいこむ。
失意の心で帰宅したまひろに、何も聞かずに酒を勧めるまひろの弟はいいヤツだなぁ・・・
道長への想いをかなえた倫子だけど、道長の心にいるのがまひろだと知ったときどうするのだろう?
そして明子は、、、怖ーーーい女・・・
次回も楽しみ。

Googleフォトのアルバム「『光る君へ』落書きノート」にも絵を追加しました。
しーゆー。